高校教師の1日・生活スタイル

高校教師は仕事量が多く、勤務時間が長く激務であるといえます。

7:30ごろに出勤し、生活指導から始まり、職員との打ち合わせ、ホームルーム、授業、部活動顧問などあっという間に一日が過ぎていきます。

ここでは高校教師のタイムスケジュールや生活スタイルなどについて解説していきます。

高校教師の業務スケジュール

勤務時間が長い

高校教師は一般的に激務といわれ、朝早くから夜遅くまで働くイメージをもつ人も多いことでしょう。

その理由はまず勤務時間の長さにあります。

朝は生徒が来る前に出勤する教師がほとんどですので、7:00〜8:00頃までには出勤し身支度を整えておかなくてはなりません。

部活の朝練などを担当していると、出勤はもっと早くなります。

授業時間が終了した後も、生徒からの質問に答えたり、部活動を担当したりしていると、あっという間に19:00〜20:00頃になってしまうことも少なくありません。

仕事が多い

教師は、授業を行うための教材研究や学校運営のための校務分掌、部活動の顧問、学校行事の準備など授業以外にもさまざまな仕事があります。

そのため仕事量が多く、どうしても残業が多くなってしまいがちなのです。

とくにテスト期間や部活の大会前など仕事量が増えるときには深夜まで残業することもあるようです。

一般的な高校で働く高校教師の1日

7:30 出勤

出勤し、生活指導として正門の前に立ち、生徒に挨拶をしながら様子を観察します。

身だしなみが整っていない生徒に対しては注意をします。

8:15 教職員の打ち合わせ

職員室で伝達事項の確認を行います。

その日に欠席する教員の有無や、その場合の授業の代理決め、教室でのホームルームで生徒に言わなければならない事柄、渡すプリントなどを整理します。

その後、学年ごとに分かれて簡単なミーティングをする場合もあります。

8:20 朝のホームルーム

担任をもっている場合は教室に行き、朝のホームルームを行います。

朝の職員会議での伝達事項を生徒に伝えます。

生徒が遅刻して不在の場合も多々あるので、そのときは放課後のホームルームで伝えます。

8:30 午前の授業

一限目・二限目の授業を行います。

10:35 授業準備

職員室で次の授業準備を行います。

時間割に即して教壇に立ち、もし授業がなければ次の授業の準備をします。

プリントやテストなどもこうした空き時間を利用し作成します。

また新人時代であれば、教室に行って先輩の授業風景を見学させてもらい勉強することもあります。

どのように授業を運んでいるのか、プリントの使いどころや時間配分などを勉強して、あとで教師に質問したり、アドバイスをもらったりします。

12:25 給食

職員室で持参した弁当を食べます。

13:10 五限目

午後の授業を行います。

一週間に1〜2回、担当するクラスでのホームルームがあります。

そこで職員会議の内容を伝えたり、文化祭や運動会のイベント内容を決めたり、進路相談を行ったりします。

ホームルームは授業以外で生徒と接する貴重な時間のため、有効に使う必要があります。

14:10 採点・電話対応

授業で回収した小テストの採点を行います。

その合間にかかってきた保護者からの電話に対応します。

16:00 職員会議

授業が終わると、職員会議や研修がはじまります。

こうした会議や研修も、教師を続ける上では欠かせません。

17:30 授業準備・事務

翌日の授業準備やたまっている事務仕事を処理します。

部活動の顧問になっている場合は部活に足を運び、そうでない場合は翌日の教材作りの時間となります。

19:30 退勤

仕事にキリをつけて、退勤します。

あまり定時という概念がないため、自分の仕事が終わったら帰るケースが多いようですが、多くの教師は授業の下準備をするため、帰るのが19:00や20:00になることもざらにあります。

高校教師は授業だけを教えていればいいというわけではありません。授業を行う上での準備や部活、生徒の進路や問題などに対しても日々考え、悩み、努力し続けています。

高校教師の勤務時間・休日・残業時間や夏休みは?

高校教師の1日のまとめ

高校教師は朝から晩までやることに追われています。

勉強はもちろんのこと、それ以外にも部活の指導や進路のことなど考えることは多く、常に生徒のことが頭にあるといってもよいでしょう。