ベビーシッターのやりがい・楽しさ・魅力

ベビーシッターのやりがい・楽しさ

子どもと触れ合い、成長の手助けをする

ベビーシッターは、仕事を通じて個性も成長段階も異なる子どもと接することになりますから、「子どもが好き」「子どもと一緒にいると元気になれる」という人にとっては、とても楽しく、いきいきと働けるはずです。

ベビーシッターは幼稚園や保育園などの「集団保育」とは異なり、一般的に1人あるいは2人の子どもの面倒をみることになるため、子どもとより深く関わることができ、その成長をじっくりと見守れることが、この仕事の特徴です。

単発で1日や短期間だけシッターをすることもありますが、お客さまによっては、何年も同じ子どもの世話をすることもあります。

最初は言葉も話せなかったような小さな子でも、いままでできなったことができるようになり、成長していく姿を見ると、まるで我が子の成長を見ているようなうれしい気持ちになります。

人に頼りにされ、感謝される仕事

人と人のコミュニケーションで成り立つベビーシッターの仕事は、自分ががんばって働くことで、たくさんの人を笑顔にし、「ありがとう」と言ってもらうことができます。

産後間もなく体調がすぐれないお母さんや、共働きで仕事をがんばっている保護者など、多く人がさまざまな理由でベビーシッターを必要としています。

きちんと仕事をこなしていれば、依頼者となる保護者から「また次もお願いします」と言われることがあるでしょう。

また、最初は人見知りをしていた子どもが懐いてきたり、甘えてくれたりするようになると、「自分は頼られているんだな」という気持ちになって、ますますやる気がわいてきます。

言われたことをきちんとこなすのはもちろんですが、相手が望むことを敏感に察知してすぐ行動に移せるなど気の利く人であれば、たくさんのお客さまから信頼されるでしょう。

ベビーシッターの魅力

自分の都合に応じて働きやすい

普通、会社に就職して正社員として働くと、「9時から18時まで」といったように勤務時間が会社で決められているものです。

しかし、ベビーシッターの多くはベビーシッター会社に登録して働く派遣社員や、短時間のアルバイト・パートとして働いています。

そのため、「自分の都合の良い時間に勤務できる」という魅力があります。

実際、ベビーシッターは朝早くから遅くまで、毎日仕事をしている人もいますが、家庭を持ちながら、あるいは学校に通いながら、上手に両立して働く人も多くいます。

がんばった分だけ収入につながる

大手や有名なベビーシッター会社に登録していると、他の会社よりも高い給料がもらえるという傾向があります。

また、お客さまによっては「夜間や深夜にベビーシッターを依頼したい」というニーズもあります。

そのような仕事を請けると、手当が加算されるため、高額な給料をもらうことも可能です。

給料は勤務状況・条件・時間などでかなり違ってくるものの、がんばって会社やお客さまからの信頼を集めれば、仕事の依頼が増え、たくさんの収入を得られるようになります。

人に必要とされ、頼られる実感が味わえ

ベビーシッターの仕事は楽しいことも多い反面、決して楽なものではありません。

子どもの安全を第一に考える必要がありますから、仕事中は常に集中している必要がありますが、子どもや保護者と深く関わる中で信頼を築いていく喜び、そして自分が誰かに必要とされる実感を味わうことができます。

お客さまから「次もあなたにお願いしたい」と指名をもらったときは、大きな感動に包まれることでしょう。