塾講師の正社員になるには? 必要な資格はある?

塾講師になるまでの道のり

塾の採用試験に合格する

塾講師として正社員で働くための方法として最も一般的な方法は、塾の採用試験に合格することです。

一般的な就職活動と同様に、就職を希望している塾の経営理念や指導方針を分析し、自身の志望動機やアピールポイントを適切な言葉づかいではきはきと語れるように準備をしておきましょう。

職業の特性上、一定レベル以上の学力が要求されるため、試験が課せられることがほとんどです。

塾によってレベルはまちまちですが、少なくともセンター試験レベルの問題は解けるように対策しておきましょう。

また、塾講師はインターネットを始めとする各種媒体で比較的容易に求人情報を得ることができ、全国的に広く募集があるため、希望の勤務地域で求人をみつけることも可能でしょう。

非正規雇用が主戦力

塾業界で活躍する講師のうち、半分以上がアルバイトや非常勤などの非正規雇用者であるという現状があります。

求人が豊富な業界ではありますが、必ずしも正社員として登用されるとは限らないことを覚悟しておく必要があります。

もちろん、非正規雇用であっても働きぶりによっては正社員に推薦されることも珍しいことではないため、自身のスキルの向上を考えた上でも、地道に努力を重ねていくことが大切です。

また社員になると、講師業のみならず管理職としての業務を任されることも増えてくるため、あえて非正規のままでいるという人や、非常勤講師として複数の塾を掛け持ちすることで収入増を目指す人もいます。

塾の方針と授業形態をチェック

希望の勤務先を決める際、必ず見ておきたいのがその塾の方針と授業形態です。

就職の際には収入や勤務地に目がいきがちですが、塾講師の場合、それぞれの教育方針に沿った授業を展開しなくてはなりません。

難関校合格を目指させる、内申点の向上を目指させる、偏差値を10アップさせるなどといった謳い文句がどの塾であっても必ずあるはずです。

これを見て、自身の目指す学習指導と合致しているかどうかを判断しましょう。

また、授業形態の確認も忘れないようにしましょう。

塾には大きく分けて個別と集団といった2つの授業形態があります。

それぞれの授業形態をよく理解し、自身に合った指導方法をとっている塾はどちらなのか、しっかり考えておきましょう。

塾講師になるまでのルート

塾講師の資格・難易度

塾講師は比較的未経験者を歓迎する職種で、それまで人にものを教えたことのない人であっても、やる気と情熱さえあれば積極的に採用する傾向にあります。

大学を卒業していることは必須条件ですが、学校の教師と違い、教員免許の有無は問われません。

もちろん、講師や教師経験のある人、教員免許を持っている人は採用の際の大きなアピールポイントとなり、優遇される可能性が高くなります。

塾講師になるための学校の種類

正社員の塾講師を目指す場合、大学を卒業していることが最低条件であると考えておいてよいでしょう。

どこの大学を出ておくべきだ、ということはありませんが、生徒の受験指導に関わるという面から、有名大学の出身であることが一つのアピールポイントになることは事実です。

教育に携わる者として高等教育機関で学んだ経験を有することはある意味、当たり前のことです。

塾講師に学歴は必要? 出身大学・学部で多いのは?

塾講師に向いている人

塾講師は、何よりも指導力が求められる仕事です。

どんなによい学校を卒業していても、指導力がなければ生徒のやる気を引き出し、成績をアップさせることはできません。

また、保護者や生徒と話し合いを持つ機会が多いため、コミュニケーション能力を備えていることも大切な要素といえるでしょう。

塾講師に向いている人・適性・必要なスキル

塾講師のキャリアプラン・キャリアパス

アルバイトから正社員へ

塾講師は、アルバイトが大きな戦力として数えられているという特徴があります。

塾によっては、講師のほとんどをアルバイトでまかなっているというところもあるほどです。

正社員を目指す足掛かりとしてまずはアルバイト講師として働き、実績を積むというのもよいでしょう。

アルバイト講師は大学生でもできるため、就職活動前に経験しておくとよいアピールポイントになりますし、その働きぶりによっては、正社員登用の推薦を受けられることもあるようです。

塾講師から運営側へ

塾講師として経験を重ねると、教室長などの管理職や塾長などの管理職に就きます。

ただし、管理職になると授業から離れ、塾の運営者や経営者という要素が強くなるため、抵抗を感じる人も多く、必ずしも全員が管理職を目指すわけではありません。

塾長としてさらにキャリアを積んでいくと、地域の塾をまとめるマネージャー職や、本社や本部勤務となる場合もあります。

塾講師を目指せる年齢は?

一般企業や、他の塾、学校の教員などからの転職という形で正社員登用を目指すことも十分に可能です。

とくに他の塾や学校などで過去に何かしらの指導経験がある人は経験者として優遇され、採用の際に有利になる傾向があり、年齢にもさほど制限はありません。

ただし、塾にはそれぞれの経営理念や指導方針があるため、あまりにも前の現場での経験を感じさせてしまった場合、逆に不利となることもあるため注意が必要です。

他業種からの転職は、塾によっては難しいこともありますが、コミュニケーション能力やリーダーシップなど、塾講師として必要な資質を上手くアピールできれば、好印象を持たれるでしょう。

塾講師は高卒から目指せる?

塾講師を目指す場合、大学を卒業していることは最低条件で、ほぼすべての塾が「大学卒以上」という学歴を求めています。

生徒の受験指導に関わる仕事であるため、自分自身が大学受験や大学生活を経験していないことは、塾講師をする上では非常に厳しいといえます。

学習塾に関するデータ(出所:経済産業省)

学習塾の売上高の推移

学習塾の売上高は少子化にかかわらず増加傾向にあります。2016年の売上高は4358億8900万円となっています。
学習塾売上高の推移_2016

学習塾の受講生数の推移

学習塾の受講生も増加の傾向にあります。2016年度の受講生数は、約1294万人となっています。
学習塾受講生数の推移_2016

学習塾の講師数の推移

学習塾の講師数もやや増加しています。2016年度の講師の数は、約8万9000人となっています。
学習塾講師数の推移_2016

学習塾 専任講師・非常勤講師の割合

学習塾の専任講師の割合は16.5%となっています。
学習塾専任講師非常勤講師の割合_2016

塾講師を目指すなら転職エージェントに相談してみよう

未経験や中途で塾講師を目指す場合には、転職エージェントに登録しておくのもおすすめです。

転職アドバイザーから、業界情報を聞くことができたり、塾講師の「非公開求人」の情報を得ることができます。

まだ転職するか迷っている、そもそも塾講師が自分に合っているか不安という段階でも、専門家のアドバイスを聞くことでキャリア選択の幅を広げることができます。

リクルートエージェントは、転職エージェントの中で最も求人数が多く、転職実績もNo.1となっているので、まず登録しておきたいエージェントです。

また、20代の方や第二新卒の方は「マイナビジョブ20s」に登録してみるとよいでしょう。

20代を積極採用している企業の案件が多く、専任キャリアアドバイザーによる個別キャリアカウンセリングを受けることができます。

なお、対応エリアは「一都三県・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀」となります。

どちらも登録・利用はすべて無料なので、ぜひ両方とも登録して気軽に相談してみてください。