中学校教師(中学校の先生)の給料・年収

中学校教師の平均年収・給料の統計データ

中学校教師の平均年収・月収・ボーナス

総務省の平成31年地方公務員給与実態調査結果等の概要によると、小・中学校教育職の平均給与月額は、42.3歳で414,820円となっています。

この金額は、平均給料月額355,362円に、諸手当59,458円を加算したものです。

・平均年齢:42.3歳
・平均給料月額:355,362円
・諸手当月額:59,458円
・平均給与月額:414,820円

出典:総務省「平成31年地方公務員給与実態調査結果等」

中学校教師の手取りの平均月収・年収・ボーナスは

上記で挙げた地方公務員給与実態調査結果等の「小・中学校教育職」には、小学校や幼稚園の教員も含んでいます。

中学校教師だけの給料に関する正確な数字ではありませんので、参考程度に確認してください。

公立学校で働く中学校教師は地方公務員となり、各自治体で定める給料表に基づく給料が支給されるため、どの地域で勤務するかによって手取りには違いが出ます。

各種手当も自治体の条例に基づいた形での支給となりますが、「扶養手当」「住居手当」「通勤手当」「期末・勤勉手当(ボーナス)」など、一般的な公務員の手当は受けられる場合がほとんどです。

中学校教師の初任給はどれくらい?

中学校教師の初任給は、採用された自治体や学歴、勤務する学校の区分、年度などによって異なります。

全国的には、22万円~26万円程度がボリュームゾーンとなっているようです。

たとえば東京都では、新卒者が都内(島しょ地域を除く)の中学校に採用された場合の初任給(平成30年4月1日現在)は、以下の通りです。

大学卒:約247,500円
短大卒:約226,100円

ここでいう初任給は、給料月額、教職調整額、地域手当、義務教育等教員特別手当及び給料の調整額(該当者のみ)を合わせた金額です。

各種手当として扶養手当、住居手当、通勤手当、期末・勤勉手当などが、条例に基づき支給されます。

へき地(島しょ等)の学校に勤務する場合などは、条例に基づき別途手当等が支給されます。

出典:東京都教育委員会「教員採用案内」

中学校教師の福利厚生の特徴は?

公立学校で働く中学校教師は、地方公務員としてさまざまな福利厚生が用意されています。

休暇制度についても、有給でとれる年次休暇はもちろん、特別休暇の内容の充実など民間企業の社員と比べると恵まれているケースが多いとされます。

また、基本給とは別で支払われる手当もいろいろな種類があります。

教師特有のものとしては、災害時の緊急業務、引率指導業務、部活動の指導に従事したときに支給される「教員特殊業務手当」や、学年主任などの役職につくと支給される「教育業務連絡指導手当」などがあります。

一方、給与月額の4%が教職調整額として支給されるので、どれだけ残業をしても、残業代となる「時間外勤務手当」は支給されません。

私立学校の場合は、各学校で定める内容の福利厚生が適用されますので、勤務先によって内容は異なります。

中学校教師の給料・年収の特徴

安定した収入が望めるが、業務量は多め

平成28年度の教員勤務実態調査によると、公立の中学校教師は、平均して1日に3時間程度の時間外勤務をしています。

とくに担任を持って多くの子どもと関わっていたり、活発な部活動の顧問をしていたり、主任業務を任されたりする教師は多忙になる傾向にあるようです。

公務員として働く公立中学校教師は安定した収入が望め、定年にむけて長く働き続けることができますが、決して楽な仕事とはいえません。

仕事を持ち帰っている教師も少なからずいるとされ、実質的にサービス残業のようなことをしなくてはならない場合もあります。

教師の給料は高め? 低め?

世間では、教師は給料がいいといわれる一方、教師の給料は低めだという人もいます。

たしかに、公立学校の教師は、同じ地方公務員でも事務などに携わる一般行政職として働く人よりは高水準の給料となっています。

しかし、ひとことで教師といっても、落ち着いた雰囲気で指導ができる学校に勤務している場合と、生活指導に力を入れなければならない学校に勤務している場合とでは、仕事の大変さが大きく異なるのが実情です。

また、教師は教科や生活指導だけではなく、保護者対応、行事運営、部活動の顧問、など、教師は多岐にわたる業務を抱えています。

こうした業務内容や心労まで考慮するとなると、人によっては教師の給料は決して高いものではないと感じるかもしれません。

中学校教師が収入を上げるためには?

公立学校の教師は地方公務員となるため、勤続年数が増えると給料が上がっていきます。

また、指導教諭、主幹教諭、教頭、校長などの管理職になることで、職階による手当を受けることができます。

中学校教師が収入を上げるには、教師として長く勤め続け、経験や実績を積んで管理職を目指すのが一般的な方法だといえます。

また、あまり例は多くありませんが、教育に関する幅広い専門知識や高い指導力を生かして、より待遇のいい私立学校に勤務したり、別の教育職へ転職するような人もいるようです。

中学校教師の「給料・年収」の口コミ投稿

  • 給料・年収
    3.50
    給料・年収
    3.50

    公立の中学校教師 バロさん

    58歳 男性 経験35年 静岡県

    現職(正社員)


    59歳、勤続35年
    基本給:420,000円
    手取り:340,000円
    年収:7,600,000円

    給与の面では稼げる仕事とは言えません。

    公務員ですので安定しているのが何よりです。

    市役所に勤める公務員の方と比べると、教職手当がついた分、高い給与となります。

  • 給料・年収
    3.00
    給料・年収
    3.00

    公立中学校の教員 さつきさん

    25歳 女性 経験3年 北海道

    退職済み(正社員)


    私は25歳で教員を退職していますが、だいたい給料は手取りで23万、ボーナスは40万程度でした。

    給料だけ見ると高く感じるかもしれませんが、残業代はつきませんし、中学校教員の場合には休日に出勤もしていたので、個人的な意見にはなりますが勤務時間にしては安いのではないかと感じました。

  • 給料・年収
    3.00
    給料・年収
    3.00

    中高一貫校学校の教員 うっしーさん

    33歳 男性 経験5年 北海道

    現職(正社員)


    勤続3年〜4年、年収は600万弱です。

    給与は教員になってからの年数で決まっており、私自身は他業種から転職しましたので年齢の割には安い金額になっています。

    月々の手取りは25〜30万程度。私立ですので残業代もつき、その他手当によって月の手取りは変動があります。

    同年齢の他業種と比較して高めですし、公立校と比べて残業代の分高くなるように思います。