研究者の就職、求人、募集の状況

職種別の採用が一般的

研究者の仕事は非常に専門性が高く、採用の段階で学歴や専攻内容に関して条件があることも珍しくありません。

「文系」か「理系」かという大きな区別があるのはもちろんのこと、「大学卒」か「大学院卒」か、さらには「研究室」での専攻内容によって応募できる学生を限定していることもあるので、自分の希望する就職先の採用情報をよくチェックすることが大切です。

採用の際、国立の研究所の場合は「研究職」として採用することが多いようですが、大学の場合は「教授」「准教授」として採用されることになります。

この場合は研究活動だけではなく、学生への指導や講義も担当業務に含まれています。

また、民間の企業の場合は「研究職」「技術職」「開発職」などの名称で採用しています。

採用は狭き門

研究者として働くためのチャンスを掴むことは、決して簡単なことではありません。

もともと一握りの優秀な人材しか採用されない業界ではありますが、大学などは特に採用人数が少なく、欠員が出ない限りは人員募集がかからないという状況も多いのです。

自分が研究している分野の「教授」「准教授」のポジションが空かない場合、「講師」や「助手」という立場で研究者の手伝いをしながらチャンスを待つこともあります。

民間企業の場合、大手企業では毎年新卒学生を募集していますが、これも採用人数が若干名となっていることもあり、狭き門には間違いないでしょう。

新卒採用と中途採用

研究者は、新卒採用だけではなく中途採用も盛んです。

大学や研究所では、特定の専攻分野における人材交換がよく行われており、最初の就職から定年退職までひとつの研究機関に勤め続けるというわけではありません。

研究を深めるために海外の大学や研究所への留学が必要な場合は、一度仕事を辞めて海外で数年間勉強をし、帰国してからまた再就職するというパターンもあります。

民間企業の場合も中途採用は行われていますが、研究者が他社に移動することは企業秘密の持ち出しにつながるため、慎重な採用活動が行われます。

転職希望者はトラブルにならないよう細心の注意が必要でしょう。