高校教師のやりがい・楽しさ・魅力

高校教師のやりがい・楽しさ

日々の成長がみられる

15歳から18歳というのはちょうど子どもと大人の境目の時期です。

この時期はまさに自分を作っていく時期のため、さまざまな苦労や悩みがありますが、教師はそれを理解し、ともに解決していくことが求められます。

自分がサポートしたり、見守ったりすることで、生徒たちが日々成長していく姿を見られるというのは、何物にも代えがたいやりがいです。

また、この時期は自分がどうなりたいか、どのような大人になりたいかを考え始める時期のため、教師とも対等に向き合いたいという生徒が多く、生半可な態度で生徒に向き合っていては生徒から信頼を得ることはできません。

自分が同じ高校生だったころを思い出しながら、教師として、一人の人間として真摯に生徒と向き合っていく姿勢が求められます。

目標達成に向けた努力

高校時代は、自分の進路を決める大切な時期です。

義務教育を卒業し初めて自分で人生を選択するのですから、進路や将来について悩む生徒には教師が背中を押すことが大切です。

それだけでなく、教師にだけ悩みを聞いてほしい、担任の先生ではなく信頼のおける子の先生に相談したい、という特別な相談も増えます。

そうした生徒に対しては教師という立場を超え、一人の人間として思いやりを持った対応が求められます。

そのうえで、生徒がしっかりと自分の目標を決め、一人ひとりが目標達成できるように学力をアップさせることが教師としての大きな役割です。

生徒のやる気や伸びしろを理解し、一緒に向き合って勉強し、努力を見守ることは、教師にとって大きなやりがいにつながりますし、生徒がしっかりと目標を達成し希望の進路に付けたときには自分のことのように大きな喜びを感じます。

高校教師の仕事内容

高校教師の魅力

生徒の人生に大きくかかわる仕事

高校教師の大きな魅力は、生徒の人生に関わる仕事ができるという点でしょう。

高校教師と生徒は、卒業式を終えたら縁が切れるわけではありません。

高校では卒業生がその後どうなったのか、どのような人生を歩んでいるのかを調査しますし、教師はそれを楽しみにしているものです。

たとえば、「受験では失敗したけれど、先生の勧めで受けた第二志望の学校で自分のやりたいことを見つけた」「○○先生に出会って、教師という仕事に興味を持った」「先生の授業がきっかけで、自分の将来やりたいことが決まった」など、在学中のささいなことが卒業後に大きく影響することもあります。

また、自分を慕ってくれた生徒とは卒業後も交流が続いたり、自分が担当した生徒が、教師を目指して教育実習生として母校に訪れたりすることもあります。

生徒の人生に大きくかかわり、先生と生徒という立場だけでなく人と人という立場で付き合い続けることができることは、高校教師の大きな魅力でしょう。

自分も成長することができる

高校教師は、生徒と触れ合う中で自分も成長していける仕事です。

生徒から授業がわかりづらいといわれれば、より教材研究を頑張ろうと思えますし、生徒間にトラブルがあれば、どのように解決しようかと頭を悩ませます。

同じ高校で仕事をしていても、同じ生徒は二度とないため、そのときごとに臨機応変な対応が求められ、苦労することも多い仕事です。

しかし、生徒と真剣に向き合い経験を積むにつれ、人としても教師として成長し、より魅力的な人材へと成長していけるでしょう。