「科学者」とは

科学者_画像

大学や研究機関などで、おもに自然科学についての新たな知見を見つけて実験や研究を行う。

科学者とは、一般に、科学の研究を専門的に行っている人のことをいいます。

とくに物理学、化学、生物学、天文学といった自然科学の研究をする人が多く、新たな知見に関する研究内容を論文にまとめ、学会で発表することを続けていきます。

科学者の研究内容は基本的に理系分野となるため、大学は理学系の学部へ進学し、さらに大学院の修士課程、博士課程と進んで、博士号を取得するのが一般的なルートです。

その後は職員などとして大学に所属する人もいれば、民間企業に就職する人もいますが、誰もがよい待遇の下に働けるわけではなく、厳しい生活を続けながら研究に没頭する生活を送る人もいます。

この世界で成功するには研究実績を残していくことが最も重要であり、安定した身分を確保するには、かなりの努力が求められるといえるでしょう。

「科学者」の仕事紹介

科学者の仕事内容

科学の研究を専門的に行う

科学者とは、大学や研究機関などで、おもに自然科学についての新たな知見を見つけて実験や研究を行う人のことをいいます。

とくに物理学、化学、生物学、天文学といった自然科学の研究をする人を指し、新たな知見に関する研究内容を論文にまとめ、学会で発表することを続けていきます。

科学者の研究内容は基本的に理系分野となるため、大学は理学系の学部へ進学し、さらに大学院の修士課程、博士課程と進んで、博士号を取得するのが一般的なルートです。

その後は職員などとして大学に所属する人もいれば、民間企業に就職する人もいますが、誰もがよい待遇や希望の専門分野の下に働けるわけではなく、厳しい生活を続けながら研究に没頭する生活を送る人もいます。

この世界で成功するには研究実績を残していくことが最も重要であり、安定した身分を確保するには、かなりの根気と忍耐がめられるといえるでしょう。

科学者の就職先・活躍の場

大きく分けると「大学」か「民間企業」に就職する

大学に残って研究職に就く場合、「ポスドク」と呼ばれる非常勤、任期制の職に就いている研究者が多くおり、さほど専門性の高くない一般のアルバイトと同程度と同じくらいの給与しか保証されないこともあります。

一方民間企業で研究職として採用される場合は、食品メーカー、化学メーカー、化粧品メーカー、製薬会社など、就職先企業は多岐にわたります。

そうした企業内の研究部門では基礎研究も行われていますが、営利目的で事業を営む企業では、「利益を生み出すこと」に焦点が置かれており、完全に自由な研究ができるわけではありません。

ただし、会社員としての給料をもらいながら研究ができ、安定した待遇の下に働けることも多いです。

科学者の1日

大学で勤務する研究者の場合

大学で研究をする科学者の一日を見てみましょう。

8:00
起床、出勤準備。

8:30
朝食を食べる。

9:00
2限目に授業が入っているため早めに出勤。授業の準備。

12:30
授業修了、レポートを課して昼休み。

13:30
研究室へ。実験データを精査しながら論文の続きを執筆。

19:00
教職員ミーティングに出席。研究の進捗報告会も兼ねている。

21:00
キリが良いので論文執筆を切り上げ、帰宅。

科学者になるには

科学者の研究内容は基本的に理系の分野となるため、大学は理学系の学部へ進学し、専門分野についての学びを深めることが第一歩となります。

大学卒業後は大学院の研究室へ進み、論文を書きながら修士課程、博士課程を修了して「博士号」を取得するのが科学者になる一般的なルートです。

博士号取得者の大半は、大学に「ポスドク」といった立場で所属するか、民間企業の研究所に「研究職」として勤務しながら研究活動を続けていきます。

科学者の学校・学費

大学・大学院と学生時代は長い

科学者になるためには、理工学系の学部を卒業する必要があります。

理系文系学費が一律の国公立大学と異なり、私大の理工学系学部に進学する場合は文系学部よりも学費が高額であることが多くあります。

また、大学卒業後はそのまま大学院の研究室へと進むことが科学者になるための一般的なルートで、前期博士課程で修士号を取得後、さらに後期博士課程で「博士号」の取得を目指す必要があります。

大学院での生活はとても忙しくなり、休みも削って研究に没頭する日々になることが多く、アルバイトと学業を両立することは簡単ではありません。

科学者の資格・試験の難易度

難関大学の方が有利であることは確か

科学者として認められるためには、超難関大学・大学院に進んだほうが有利なのかという疑問を抱く人もいるようですが、実際には所属大学で力量がはかられるわけではなく、学校の難易度よりも「どのような論文を書いたか」「論文がどのような学術誌に掲載されたか」のほうが重要視されます。

学術誌にもランク付けのようなものがあり、著名なものに掲載されると、それだけ注目を集めることになります。

とはいえ、難関大学やその分野で著名である大学で学位を取り、研究をすることは周囲の環境としてプラスになることが多く、周りの研究者のレベルも高かったり研究に必要な機器類がそろっていたりと、有利になることは否定できません。

科学者の給料・年収

必ずしも高待遇とは限らない

科学者の給料は、就職先の研究機関や雇用形態などによって幅がありますが、大学のポスドクの場合、年収300万円〜500万円程度が相場といわれています。

大学の教員になる場合でも、非常勤などの非正規雇用から常勤の講師・助教・教授などといった正規ルートで待遇は大きな差があります。

一般企業のように年齢順に役職が上がっていくわけではないところも重要なポイントでしょう。

民間企業に就職する場合は、大手になると年収500万円以上を得ることもできますが、科学者が活躍する企業は中小規模の会社も多く、若いうちから必ずしも高い給料が得られるとは限りません。

優秀な科学者はヘッドハンティングされ、より良い待遇で働けるチャンスを掴めるようです。

科学者のやりがい、楽しさ

興味のあることを徹底的に突き詰めていける

科学者にとって最大のやりがいは、自分が好きな分野、興味のあることと徹底的に向き合い追及し続けることができる点だといえるでしょう。

知的探求心旺盛な人にとって、「これを解き明かしたい」と思うことに没頭できるのは、何よりも充実した時間となります。

研究にはお金も時間もかかりますが、大学に勤めるにしても企業の研究職に就くにしても、施設の設備やお金を利用して研究を続けられることは、大きなメリットとなります。

そうやって発見し、蓄積した知見が世の中のためになることも科学者にとっての大きな喜びであることは間違いありません。

科学者のつらいこと、大変なこと

評価されるまでに時間がかかる

まず、科学者になるのがとても大変なことです。

大学や大学院時代には遊ぶ時間も削って勉強と研究に打ち込む必要があり、いざ博士号を取得しても、しばらくは教授などの下について雑用中心で働くことになります。

自分の研究室が持てるようになるまでの間、ほぼ無給であることも珍しくありません。

地道に実験を続け、論文を書き、学会に参加しますが、お金がなくて厳しい生活を送る若手科学者は少なくないようです。

また科学者は大学の研究室や民間企業に所属しながら研究活動を進めていくことになりますが、すべての場所において満足いく研究資金や環境があるとは限りません。

厳しい環境の中でなんとか研究を続ける科学者もいます。

科学者に向いている人・適性

論理的に物事を考えられる

科学者にとって、「人とは違うアイデアや突飛な発想」や「成績優秀であること」よりもずっと大切なのは「論理的思考力」といわれます。

まずは仮説を立て、論理体系をきちんと理解し、他者に客観的に説明できる能力やそこから外れたものに気付くことから新たな発見につながっていきます。

また、科学者は研究内容を論文にまとめることを繰り返しますが、そこではわかりやすく、確実な論理で文章を書き上げる必要があります。

自分の研究内容を人に正しく伝えることも重要な仕事の一部であるため、論理的に物を考え、表現できる人に向いているといえます。

科学者志望動機・目指すきっかけ

好奇心や探究心、使命感などが動機になる

科学者になるような人は、小さいころから好奇心が旺盛で、知らないことを知ろうとしたり、自主的に勉強することが苦にならないタイプの人が多いです。

知りたい謎を解明するためには、何時間も図鑑を眺めたり調べものをしたりする知的好奇心そのままに大人になったような科学者も少なくありません。

また、研究の世界には向上心にあふれ、優秀な人が大勢おり、そうした人たちに囲まれる生活のなかでまた多くの刺激を得、自分ももっと頑張ろうという気持ちになることでしょう。

学生の頃に熱心に学び研究していた分野が専門になり、結果的に一生その分野に捧げるといった代表的な動機は、科学者ならば誰しも心当たりがあることでしょう。

科学者の雇用形態・働き方

勤務先や雇用形態によって働き方はさまざま

科学者の給料は、どのような場所で勤務し、どのような立場で働くのかによってずいぶんと変わってきます。

大学に勤める場合、教授など大学教員になればしっかりとした収入が得られることが多いですが、博士号を取ったばかりの大半の人は「ポスドク」といわれる立場で働き、平均年収は300万円程度にとどまることもあるといわれています。

一方、「研究開発職」として、民間企業の研究所に勤めた場合も、すべての人がよい給料をもらえるとは限りません。

一部の大手企業の年収は、一般の会社員の平均年収よりもずっと高く、経験を積んで昇進すれば年収1000万円に届くこともあります。

その一方で、年収400万円〜500万円ほどで長く働いている若手の科学者もいます。

科学者の勤務時間・休日・生活

多忙で案外体力勝負

大学で正規職員になれば、ある程度生活サイクルは固定化されますが、それらのポストはなかなか空かないこともあり、非正規雇用のまま長く働くことになる人もいます。

その場合、大学の仕事だけでは生活もままならず、休みの日を使って外でアルバイトを掛け持ちすることもあるようです。

民間企業に就職した場合は、サラリーマンの身分になり、経験や実績に応じて昇進したり、ボーナスの支給もあったりと、待遇は大学のポスドクよりも良い場合が多くあります。

たいていの企業では、朝8時〜9時頃に出勤し、夕方から夜まで働くといった勤務パターンになり、休日も企業のカレンダー通りとなります。

科学者の求人・就職状況・需要

「科学者」としての求人は一般的でない

世間では「科学者」という名称で求人が出されることは一般的ではなく、科学者は、あくまでも自然科学などの専門分野の研究を行う人のことを指し、職種として認識されることはあまり多くありません。

博士号を取得した人の大半は、大学で研究を続けるか、民間企業へ就職する道を選択することになりますが、大学の場合は「博士研究員」や「ポスドク」といった名称で呼ばれる立場となりますが、確実に席が空くわけではない狭き門です。

民間企業でも、製薬会社や化学メーカーなど、さまざまなところで博士課程修了者を募集しており、文系の学生や、学部卒の学生とは別枠で採用され、会社の研究部門に勤務することになります。

ただし、博士号を持っていれば必ず就職が決まるわけではなく、企業は営利目的で事業を営んでいくため、専門分野や研究内容があまりに基礎研究的である場合は採用されにくいこともあるようです。

科学者の転職状況・未経験採用

転職はめずらしくない

大学から一般企業へ、またその逆など、意外に科学者の転職はめずらしくありません。

官公庁やあまたある研究施設など、研究の内容や専門分野によっては向こうから話が来る場合もあり、道は決して一本ではありません。

また、関連する海外の大学などに研究室を構え、教員になるパターンもあります。

しかし、これらは研究実績あってこそです。

学部卒業後、一般企業に勤めて全く関係のない職種で長らく仕事をしていた人が、ある日思いたって研究職に路線変更ができるというわけではありませんので、まったくの未経験から研究職に入るというのは現実的ではありません。

科学者の現状と将来性・今後の見通し

日本の基礎研究の底力に期待

天然資源に乏しい日本では、長らく「科学技術立国」としての地位を築き上げてきましたが、人口減少や研究予算のカットなどの要因により、ここ数年、その勢いが急速に落ちているといわれます。

経済的にも研究環境的にも恵まれた欧米に、力ある研究者が流れて行ってしまっている現状も大きな問題となっており、待遇改善の必要性が叫ばれています。

今後の環境は少しずつ好転していくと考えられますが、研究者個人で見た場合、この世界で成功するには研究実績を残していくことが最も重要であり、安定した身分を確保するには、かなりの努力が求められるといえるでしょう。