このサイトは科学者を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「科学者」

仕事内容
科学者とは、一般に、科学の研究を専門的に行っている人のことをいいます。とくに物理学、化学、生物学、天文学といった自然科学の研究をする人が多く、新たな知見に関する研究内容を論文にまとめ、学会で発表することを続けていきます。社会を発展させ、人々の暮らしをより豊かにしていくために欠かせない存在であり、一定の分野でとくに素晴らしい成果を残した場合には、国際的に有名な賞である「ノーベル賞」が与えられるチャンスも得られます。
なるには
科学者の研究内容は基本的に理系の分野となるため、大学は理学系の学部へ進学し、専門分野についての学びを深めることが第一歩となります。大学卒業後は大学院の研究室へ進み、論文を書きながら修士課程、博士課程を修了して「博士号」を取得するのが科学者になる一般的なルートです。博士号取得者の大半は、大学に「ポスドク」といった立場で所属するか、民間企業の研究所に「研究職」として勤務しながら研究活動を続けていきます。
給料
科学者の給料は、活躍の場や雇用形態などによって幅がありますが、大学のポスドクの場合、年収300万円~500万円程度が相場といわれています。民間企業に就職する場合は、大手になると年収500万円以上を得ることもできますが、科学者が活躍する企業は中小規模の会社も多く、若いうちから必ずしも高い給料が得られるとは限りません。優秀な科学者はヘッドハンティングされ、より良い待遇で働けるチャンスを掴めるようです。
将来性
天然資源に乏しい日本では、長らく「科学技術立国」としての地位を築き上げてきましたが、人口減少や研究予算のカットなどの要因により、ここ数年、その勢いが急速に落ちているといわれます。収入や身分が不安定なまま働く若手科学者も増えており、待遇改善の必要性が叫ばれています。今後は少しずつ状況も変わっていくことが考えられますが、この世界で成功するには研究実績を残していくことが最も重要であり、安定した身分を確保するには、かなりの努力が求められるといえるでしょう。