このサイトは保育士を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「保育士」

仕事内容
保育士は、保育園などで生後6ヵ月の赤ちゃんから6歳児までの子どもを預かり、お世話をする仕事です。年齢や発達に合わせて、食事や着替え、遊び、昼寝の寝かしつけなど、身の回りに関するさまざまなことを行います。親に代わって子どもを危険から守るのはもちろん、一緒に遊んだり会話をしたりすることで、子どもの成長を手助けしていきます。子どもの様子に変わったことがあったときは、欠かさず保護者へ連絡することも大事な仕事のひとつです。
なるには
保育士として働くには、国家資格である保育士の資格取得が必要です。保育士養成課程のある大学や短大、専門学校などで所定の課程を修了するか、保育士試験に合格することで資格を得ることができます。特に保育に関する学校を出ていなくても保育士試験は受験できますが、その合格率は低く、しっかりと勉強しなければ合格は難しいと言えます。資格を取得したら、保育園や保育所、学童保育所などに就職するのが一般的です。
給料
保育士の代表的な職場である保育園は、公立と私立の2種類があります。公立の場合は各地方自治体の給与規定に沿った給料が支払われるほか、手当等も一般的な公務員と同様のものとなります。私立保育園の給料・待遇は勤務先によって異なり、初任給は15万円前後、保育士全体の平均年収は300万円程度が相場です。決して高い給料が得られる仕事ではないため、安定性がある分、公立の保育園のほうが人気は高くなる傾向にあります。
将来性
日本では少子高齢化が進み、子どもの数が減少していますが、国の施策として子育て支援に力を入れる流れがきています。共働き世帯が増えて保育園の需要が高まっているものの、まだまだ保育施設が不足している地域は多いため、今後も保育士のニーズは高まっていくものと考えられます。また、保育園や保育所だけでなく、デパートなどの商業施設でも保育サービスの充実が目立ちます。保育士の活躍の場は今後さらに広がっていくでしょう。

仕事体験談