CGデザイナーの給料・年収

CGデザイナーの平均年収・給料の統計データ

CGデザイナーの平均年収・月収・ボーナス

CGデザイナーの平均年収は、統計によって差がありますが、およそ350~450万円ほどがボリュームゾーンとなっています。

月収では25~35万円ほど、ボーナスは年間60万円前後です。

企業の規模と年収には相関が見られる他、年齢、勤続年数なども関係しています。

非正規雇用も多い職種であることから、基本給の違いやボーナスの有無から、同じ職種でも収入には大きく幅が見られます。

求人サービス各社の統計データ

職業・出典 平均年収 年収詳細
グラフィックデザイナー・CGデザイナー
(Indeed)
423万円 時給:1550円
日給:9,292万円
月給:26.5万円
CGデザイナー
(転職ステーション)
379.5万円
CGデザイナー
(転職会議)
359万円 20代前半:268万円
20代前半:330万円
30代:403万円
40代以上:516万円
グラフィックデザイナー・イラストレーター
(マイナビエージェント)
345万円 20代:314万円
30代:395万円
グラフィックデザイナー・イラストレーター
(DODA)
335万円 男性:377万円
女性:314万円
20代:296万円
30代:356万円
40代:389万円
50代~:414万円
グラフィックデザイナー(CG)
(給料バンク)
358万円~469万円 月給:29万円

民間企業が公表しているデータでは、CGデザイナーの年収は330~420万円ほどと幅が見られます。

年齢が高くなるにつれて平均年収が上がっており、スキルの熟練が年収に関係している様子がうかがえます。

各社で得意とする業界や企業規模、雇用形態によって統計上の数字に差が出ますので、額面は参考程度にしてください。

CGデザイナーの手取りの平均月収・年収・ボーナスは

上記の情報を参考に、CGデザイナーの平均年収を420万円とし、夏・冬にボーナスが2カ月分ずつ支給されるケースを考えてみます。

「手取り額=支給額-社会保険料-源泉徴収額(所得税)」となりますので、額面支給額と実際の手取額は以下のようになります。

額面 手取り
平均月収 262,500円 219,412円
ボーナス(2ヶ月分) 525,000円 431,581円
年収 4,200,000円 3,496,106円

手取りは家族構成や前年度の所得状況など、個人のさまざまな状況によって変わりますのであくまで参考程度に考えてください。

CGデザイナーの初任給はどれくらい?

CGデザイナーの初任給については、どのような企業に就職するかで変わってきます。

新卒サイトなどでデザイナー職を募集している場合は20万円前後が多いです。

デザイナーとしての担当業務も企業によって差異が大きく、それに伴って初任給に大きな幅が生じています。

そのため、初任給を考える際には、業務内容や企業規模などを考慮して考えるとよいでしょう。

CGデザイナーの福利厚生の特徴は?

CGデザイナーの福利厚生では、基本的な社会保険や、交通費の支給、有給休暇や長期休暇などの取得などが一般的です。

業務が比較的少ない時期に長期休みを取ることができる企業が多くなっています。

CGデザイナーに対し、資格取得のための学習やスクールへの通学に補助が出る企業も多く、スキルアップを積極的にサポートする傾向があります。

近年は、フレックスタイムやテレワークを許可する企業が増えており、時間や場所の制約を受けずに働けるようになりつつあります。

CGデザイナーの給料・年収の特徴

スキルが年収に大きく影響する

CGデザイナーは、スキルが年収に大きく影響する職種です。

デザインセンスだけでなく、プロとして納期内に制作を完了させる納期意識や、仕事の段取り、スピードなども求められます。

2DCGだけでなく3DCGの制作ができたり、VRやARなどの先端技術と組み合わせてCG制作ができたりするなら、いっそう年収を高めることも可能です。

職場も年収を大きく左右する

CGデザイナーとして関わる仕事の種類は、所属する会社がどのような仕事を受注してくるかによって違ってきます。

簡単なデザインを短納期でさばく会社もあれば、高品質の作り込みが必要な制作に特化した会社もあります。

また、CGがどのような用途を想定されているかも大切です。

Web用の素材、ゲーム用の素材、印刷物、アトラクション用など、会社によって受けられる仕事が変わってくるからです。

仕事が違えば、売上も難易度も、求められるスキルも違うため、職場選びが大切です。

CGデザイナーの勤務先別の給料・年収

ゲーム制作会社

今やゲーム制作にCGデザイナーは欠かせない存在になっています。

ゲームでは、キャラクターや背景、ロゴ、効果(エフェクト)用の素材にCGが使われ、作品のイメージに合った制作ができることが求められます。

ハードウェアに合わせた品質のCGを制作できる必要があり、高度な知識と技術を要することから給料も職種の平均よりも高くなっています。

不動産会社

不動産業界でも、CGデザイナーの採用が進んでいます。

3DCGによって、建物の完工後のイメージをより正確に伝えることができるため、顧客満足を高めたり、打ち合わせを迅速に進めたりといったメリットを生み出しています。

資料作成やWeb制作といったデザイン業務に加え、3DCGの制作までこなせるCGデザイナーなら、バックオフィスの正社員と同程度の年収も期待できます。

デザイン制作会社

CGデザイナーは主にデザイン制作会社に勤めることになりますが、会社によって受注する案件が変わってくるため、年収にも幅があります。

入ったばかりで現場経験が乏しい場合は、年収で200万円台の職場も多いですが、高度なデザインの制作を行う企業で活躍するデザイナーには年収700万円~800万円ほどになる人もいます。

そのため、実力を発揮できる職場を求めて転職する人もデザイン制作会社には多いです。

CGデザイナーの正社員以外の給料・年収

派遣社員

派遣社員のCGデザイナーとして活躍する人は多いです。

派遣社員の場合、時給1200円~1800円ほどの求人が多く見られます。

この場合、週に40時間、月に160時間の労働を仮定すると、月収で19万円~29万ほど、年収で230万円~346万円ほどになります。

アルバイト

アルバイトの場合、CGデザイナーのアシスタントか、もしくは短時間作業が主です。

アルバイトの時給は、業務によって900円~1500円ほどと幅が大きいです。

週に20時間、月に80時間の労働時間を価値すると、月収で7万円~12万円ほどで、年収で86万円~144万円ほどになります。

フリーランス

フリーランスのCGデザイナーも増えています。

制作業務は必要な道具がそろっていれば、一人で作業を行うことができるため、テレワークスタイルで業務を行うフリーランスも多いです。

フリーランスの場合、能力や得意分野、対応できる作業量で収入が大きく変わります。

フルタイムで働いている場合、月に20~50万円、年収で250~600万円ほどの収入になる人が多いですが、中には1000万円以上を稼ぎ出す人もいます。

CGデザイナーの働き方の種類・雇用形態

CGデザイナーが収入を上げるためには?

デザインのスキルアップに励む

CGデザイナーが収入を高くするには、デザインのスキルアップが最も大切です。

スキルが高くなれば、難しい仕事や、多くの仕事をこなすことができるようになり、会社の売上に貢献できますので、収入もより高くなります。

常にトレンドを意識しつつ、デザインセンスやスキルを磨き、最新のツールや技術への対応も怠らないようにするなど、やるべきことは多いです。

高度な仕事ができる職場に移る

CGデザイナーとして実績を積むためにも、収入を上げるためにも、高度な仕事ができる諸工場を探すことが大切です。

もちろん、スキルがあることが前提となりますが職場が変わることで収入が大きく跳ね上がる人もいます。

技術を活かせる職場や、リーダー経験やマネジメント力が活かせる職場など、自身のスキルを最大に発揮できる環境を探すとよいでしょう。

副業などを検討する

デザイン業は副業にも適しており、個人でさまざまな制作を請け負うことで収入も期待できますしスキルアップにもつながります。

自身のデザインした作品をSNSで公開してデザインの仕事を得る人もいれば、デザインした商品を販売している人もいます。

副業の経験から将来の独立につながったり、大きな企業から評価やスカウトを得られる場合もあります。