Webデザイナーになるための学校と費用(大学・専門学校・スクール)

Webデザイナーになるための学校の種類

Webデザイナーを目指すにあたり、特定の学歴は必要ありません。

しかし、Webデザインの仕事では専門的な知識と技術が要求されるため、専門学校や社会人向けのスクールで勉強する人が多いです。

専門学校では、Webデザインだけでなく、Webに関係する全般的な知識や、コーディング、デザイン、ツールの使い方などをひととおり学び、実際に作品を制作する機会も与えられます。

スクールは数ヵ月から1年程度と短期間のところが多く、専門学校と比較してカリキュラムが絞り込まれているのが一般的です。

大学ではWebデザイン専門という学部・学科はほとんどなく、情報系の学部でひとつの学習分野として位置づけられることが多いです。

Webデザイナーになるには

Webデザイナーになるための大学

Webデザイナーになるうえで、大学に進学する必要はありません。

しかし、大学に通い、デザインやWebと関係の深いネットワークやプログラム、マーケティングなどさまざまな科目を学ぶことで、Webデザイナーとしての基礎力が高まります。

とくに、最近はWebアプリやWebサービスの需要が高まっているため、知識としてプログラミングやシステム開発などを学んでおくことはWebデザイナーにも重要です。

情報系学部や情報デザインを扱う学科、経営学部などが最適です。

国公立で年間50~100万円、私立で80~150万円ほど学費がかかるものの、大学卒になれば就職先も広がり、じっくりとWebについても学べるのは大きなメリットです。

Webデザイナーになるための専門学校

Webデザイナーを目指すにあたり、最も一般的な進路が専門学校です。

専門学校では、Webデザイナーを養成するためのカリキュラムが整備されており、デザインの考え方やコーディング、ツールの使い方までしっかり身につけることができます。

実践的なスキルの習得を重視しているため、卒業する頃には、自分でWebサイトを設計・作成することも十分可能です。

専門学校は2~3年のカリキュラムが多く、なかには夜間や通信で通える学校もあります。

学費は通常、年間80~120万円ほどになることが多いです。

専門学校では、進路指導や就職のあっせんなど就職活動のサポートを行ってくれる場合も多く、就職に強いことがメリットになっています。

Webデザイナーになるためのスクール

学校に通ったり、他の分野で働いたりしながらWebデザイナーを目指す人のための社会人向けスクールも多いです。

スクールでは、厳選されたカリキュラムを履修し、働くうえで必要な技術や知識を学ぶことができます。

スクールでは求める技術・知識のレベルに応じてさまざまなコースが提案されており、1~6カ月程度で終わるものが多いです。

学費は内容や期間により1万円~50万円程度と幅も広く、よく考えてコースを選ばないと知識の漏れやすでに知っている内容を学んでしまうため、注意が必要です。

スクールは学校や仕事と並行して通うことが多いため、スクールの空いている時間帯や学習スケジュールに注意して選ぶようにしましょう。

Webデザイナーになるための通信講座

Webデザイナーになるための通信講座も数多く提供されています。

一般的には10~15万円ほどの費用で、数ヵ月かけて必要な知識を学習できるようなカリキュラムになっています。

通信講座の場合、学習に必要な環境は基本的に自分で準備する必要があり、講座の提供元によって、試験の有無や質問の対応などが異なる点に注意が必要です。

専門学校やスクールと比較すると、内容が浅く、学習による達成度の確認も甘くなりがちですが、費用も安く、時間に融通の利く学習方法として人気も高いです。

講座のレベルにもよりますが、コーディングや素材の作成など、Webデザインを行うために必要な基礎は十分に学ぶことができます。

独学でもWebデザイナーになれる?

独学でWebデザイナーを目指す人は少なくありません。

いまはインターネット上に多くの情報がありますし、書籍も多数出ているため、Webデザインを学ぶための環境は個人でも十分に揃えることができます。

知識のある人の協力を得られれば、優良な無料コンテンツを紹介してもらってWebデザイナーに必要な知識や技術を習得することも可能です。

ただし、独学の場合は学習する内容を選ぶことが難しく、またWebデザインの仕事をするにあたっての心構えや考え方などを理解することが難しい面があります。

また、就職の際にも学歴や実績がないために苦労する人も多いです。

時間や費用を抑えるためには有効ですが、可能なら学校でしっかり学んだほうがよいでしょう。

Webデザイナーの学校選びのポイントは?

Webデザイナーの学校選びでは、「カリキュラム」と「学習環境」を確認して、総合的に考えましょう。

カリキュラムの面では、HTML、CSS、画像作成ソフトの使い方といった基本的な項目に加えて、デザインやレイアウト、ワイヤフレームの作り方、JavaScriptなどについても学べるところがおすすめです。

これらは現場でも使われているため、しっかり学んでおくと就職後の現場ですぐに活用できます。

学習環境面では、講師による講義かビデオ形式か、設備や教材、試験の有無や方法なども確認できるとよいでしょう。

通信教育や通信制の学校ではスクーリングの有無や時期・場所も確認しておきましょう。

また、卒業生の進路や就職支援についての情報もあれば確認しておくことも、自分の将来のビジョンを考えるにあたり役立ちます。