ITエンジニアの1日のスケジュール・生活スタイル

ITエンジニアの業務スケジュール

ITエンジニアの業務の流れや1日の過ごし方は、勤務先や雇用形態、担当業務などによってさまざまです。

基本的には決まった時間帯である程度同じような動きをしますが、ネットワークやサーバーなどのインフラを扱う場合、機器の搬入や構築がある日はイレギュラーなスケジュールで動くことも少なくありません。

また、ソフトウェアやWebサービスの開発を行う企業では、イレギュラーなスケジュールは少ないものの、納期が厳しい場合は非常に慌ただしくなります。

全体として、ITエンジニアは残業が生じやすく、職場によってはイレギュラーな時間での仕事や、24時間体制の勤務先もあります。

そのため、フレックス制やシフト制など、変則的な勤務制度も多い職種です。

固定概念を作らず、個別のケースでの働き方をよく確認しましょう。

ソフトウェア開発会社で働くITエンジニアの1日

ソフトウェア開発会社では、納期前を除けば一般的な日勤の会社員に近いスケジュールになることが多いです。

9:00 出社・メールチェック
出社すると、メールの確認を行い、1日の業務の計画を立てます。
9:30 チームミーティング
チーム内で案件の進捗状況や問題点などを共有・確認します。
10:00 仕様書作成
コーディングに必要なデータの種類や型など仕様を書類に落とし込みます。
12:00 昼休憩
昼食時間は、会社によって固定の場合もあれば自由な場合もあります。
13:00 顧客との打ち合わせ
新規の開発案件のためにミーティングに参加します。
15:00 仕様書レビュー
作成されている仕様書について、複数人でレビューを行い、問題点がないか確認します。
16:30 提案書類作成
ミーティングの内容から開発すべきソフトの提案内容を検討します。
17:30 案件レビュー
自分の担当している案件の開発現場の責任者から進捗の報告を受けるとともに、顧客の希望やイメージと齟齬がないか確認します。
18:30 社内雑務、退社
社内のさまざまな雑務やメールの処理を行い、その日に片付けるべき仕事が終われば退社します。

システム構築作業を行うITエンジニアの1日

企業のサーバーが集まるデータセンターでの作業は、稼働しているシステムに影響を与えないよう、早朝や夜間、休日などに行うことが多いです。

以下はデータセンターで休日にシステムを新規構築する場合の1日の例です。

8:30 現地集合
集合時間よりも先にデータセンターに到着し、事前に入館の手続きを済ませておきます。

直行のケースが多いですが、社内から持ち込むものがあれば事前に会社に寄る必要があります。

9:00 ベンダー到着
サーバー用コンピュータや接続用のケーブルなどをもって作業員が到着しますので、設置するサーバーラックまで案内します。
9:20 ラックマウント作業
設置用の棚にサーバーを設置しますが、サイズや配線の都合を考えて作業員に指示出しを行ったり、自ら設置を行います。
10:30 ケーブリング
設置した機器をケーブルで接続していきます。

ケーブルの長さは状況によって異なるため、無駄なく配線するためにその場で適度な長さのケーブルを作成することもあります。

12:00 通信テスト
仕様通りにインターネットや既存の社内ネットワークとの通信が可能かを確認します。
13:00 コンフィグ(設定)作業
仕様書に従って作業者が各機器のコンフィグや必要ソフトのインストールを行いますが、その間に出てくる確認や質問などに対応します。

時間のかかる作業のため、交代しながら昼食休憩をとります。

16:00 確認作業
コンフィグが終わったら、仕様書通りの設定が行われているか確認し、問題がなければ検収とします。
17:00 後片付け、退館
何事もなければ後片付けを行って、退館の手続きを行います。

問題があれば、その場で問題を切り分けて原因を究明し、当日内にどこまでの作業を実施するか、その後の作業をどうするか、ベンダー側の責任者と相談します。

18:00 帰社・作業報告
直帰できる場合もありますが、基本的にはその日の作業はその日に社内の関係者に報告を行います。

報告を行い、ベンダーの担当者にお礼のメールを送って1日の業務が終わります。

ITエンジニアの残業は多い? 残業では何をしている?

ITエンジニアは、基本的には上記のような仕事をしています。

プログラム作成はプログラマーが担当し、ITエンジニアはシステム全体を正しく動作させることを担当します。

残業の大きな理由は、仕様変更などのためにプログラムの作成や書類の作り直しが生じて、作業に追われることによるものです。

また、企業で顧客ニーズに近い案件を担当したことがない場合、解決方法の検証を一定期間内に行う必要があるため、残業が生じることもあります。

そのほか、抱える案件が多いと、打ち合わせや担当案件の構築現場への同行など外回りが多くなります。

書類作成や開発、社内レビューなどは後回しになりやすい仕事で、残業ではこれらのデスクワークや打ち合わせを行う姿が多く見られます。

ITエンジニアの勤務時間・休日

ITエンジニアを目指すならプログラミングスクールも検討

IT業界やITエンジニアを目指すなら プログラミングスクールでスキルを高める ことも考えてみるとよいでしょう。

ITエンジニアの人材不足は慢性的で、今後も職に困ることは少ないといわれています。

また、ITエンジニアは他職種と比較しても給与は高い傾向にあり、テレワークの比率も高くなっています。

未経験採用をしている企業もありますが、 スクールでスキルを身につけておくと、就職・転職で有利になる 可能性もありますし、採用後もスムーズに仕事をはじめることができます。

ここではキャリア支援サポートもあるプログラミングスクールを2つ紹介します。

SAMURAI ENGENEER


公式サイトSAMURAI ENGINEER

SAMURAI ENGINEERの特徴

1.専属マンツーマンレッスンで最速最短でプログラミングを習得できる

2.スキルに合わせた完全オーダーメイドカリキュラムで学習効率アップ

3.採用時にアピールできる、完全オリジナル作品を開発できる

4.キャリアアドバイザーによる未経験からの転職支援サポートを受けられる

さらに、SAMURAI ENGINEERの人材紹介サービスを利用して転職成功した場合に、 受講料が無料になるコース も用意されています。

さまざまなコースがあるので、一度無料説明会で自身に合ったコースがあるか聞いてみるとよいでしょう。


tech boost


公式サイトtech_boost

tech boostの特徴

1.プロのカウンセラーが目標に応じた最適なプランを提案してくれる

2.現役エンジニアのメンターが学習を細かくサポート

3.運営会社がエンジニアに特化したキャリアサービスを展開しているので、エンジニア転職に強い

4.オンラインイベントなどで仲間ができる

渋谷のみとなりますが、通学プランも用意されています。

無料説明会では、プログラミングを学ぶメリットや受講イメージなどを詳しく教えてもらえます。


より柔軟にスキルをしっかりと学びたいなら「SAMURAI ENGINEER」、細かいサポートや転職実績を重視するのなら「tech boost」がおすすめ です。

講師との相性やカリキュラムなど、実際に話をしないとわからないことも多いので、少しでも興味があれば無料説明会に参加してみましょう。

公式サイトSAMURAI ENGINEER

公式サイトtech_boost