プログラマーのつらいこと・大変なこと・苦労

プログラマーのつらいこと・大変なこと

バグが出たら原因追究が難しくても、対処しなければならない

プログラマーは一発で意図通りのプログラムを書くことは難しいため、バグはつきものといえます。

一方でバグの原因追究や修正は、ときに難しい場合もあります。

まったく思惑通りに動作せず、原因がなかなかつかめない場合は、どうしてもあせりがちです。

そのような場合でも納期に間に合わせることは至上命題ですから、全力を尽くして正しく動くための対処をしなければならない苦労があります。

また運用中のシステムで致命的なバグが発生した場合は速やかな復旧が求められるため、徹夜してでも原因を究明しなければなりません。

読みにくいプログラムでも解読し、修正する業務もある

プログラマーの業務には、他の方が書いたプログラムの修正も含まれます。

なかには読みにくく、ひと目で何をしたいプログラムなのか理解できないプログラムもあります。

また複雑にする意図はなかったとしても、読みにくいことでバグを生み、無駄な修正を重ね、さらにプログラムが複雑化し…といったように、悪循環に陥ることも現場ではよくあります。

極端な場合は、自分自身にしかわからない書き方をしているプログラムさえあります。

このようなプログラムもなんとかして解読し、必要な修正を施さなければならないことも苦労の1つにあげられます。

またプログラマーとして成長するうえではこれらのプログラムを反面教師として、できるだけ読みやすいプログラミングをする努力が求められます。

開発スケジュールはタイト、かつ体力勝負となりがち

どのシステム開発でもスケジュールが組まれますが、その内容は余裕のないものであることも少なくありません。

ときには「1日10時間労働」といった、長時間労働を前提としたスケジュールが組まれる場合もあります。

もっとも1日実働8時間の職場であった場合、1日2時間の残業であれば一見たいしたことがなさそうに見えるかもしれません。

しかしシステム開発は順調に進むことは少なく、トラブルなどにより予定通り進まないことが普通です。

この場合は納期に向けて深夜までの残業や徹夜、休日出勤で対応することになりますから、まさに体力勝負となってしまいます。

そもそも比較的余裕のあるスケジュールを立てていても、納期直前は残業や休日出勤、ときに徹夜といった事態になりがちです。

従って本人は心身ともに疲れがたまってしまい、家族からは苦情が出るといった事態に陥ることもよくあります。

残念ながら現場で開発をするプログラマーは、タイトなスケジュールで働かざるを得ない状況に置かれる確率は決して低くありません。

仕事のモチベーションを保つこと

新しいものを作っているときや、自分自身のキャリアアップにつながるプログラミングをしている場合、モチベーションを高く保つことは容易です。

これにより、ハイスピードでの開発が行える場合もあるでしょう。

それでも、やはり人間というものは次第に「慣れ」が出てきてしまい、モチベーションや仕事の勢いは徐々に下がっていくことが普通です。

もっとも、短いスパンの開発であればそれほど問題はありません。

一方で長いスパンで行われる開発の場合、似たような作業が続くとどうしてもモチベーションが低下しがちです。

とりわけモチベーションが低いときはバグを埋め込むなど、ミスも多くなりがちです。

このようにモチベーションを持続させることは、大変ですが重要なことです。

そのため開発を円滑に進めるためには自ら工夫し、自分自身を奮い立たせる必要があります。

挑戦心と向上心を持続させること

システム開発においては、言語だけでなくさまざまなスキルが求められます。

IT技術は速いスピードで進化していますから、プログラマーが仕事を続けるためには常日頃から技術の変化を感じ取り、また技術を磨き続けなければなりません。

もっとも忙しい仕事のなか、並行して学習も進めなければならないことは苦労の1つにあげられます。

しかしあなたが習得している言語がマイナーになってしまったら、仕事の量や選択肢が減ってしまうかもしれません。

そのため、年齢に関わらず新しい言語を習得する必要に迫られることも苦労の1つです。

プログラマーの悩み

常駐先によって、職場環境が大きく異なる

プログラマーは、他社に常駐して仕事をする方も多いです。

このような企業に就職した場合、仕事のしやすさは常駐先によって大きく変わってしまいます。

どの常駐先で仕事をするかは業務命令によって指示されますから、たとえ働きにくい職場でも我慢して仕事を続けなければなりません。

このようにプログラマーは常駐先を選べず、また職場環境が大きく異なる点も悩みの1つにあげられます。

職場の人間関係にも気を配る必要がある

現在の開発は、チームで進めることが多くなっています。

従ってプログラマーといえども、仕事を円滑に進める上でコミュニケーションは欠かせません。

口下手な人でも自分の意思をきちんと伝えなければならないことは、苦労の1つにあげられます。

また相性の合わない方に対して話をしなければならないこともあり、これもストレスの1つとなります。

プログラマーを辞める理由で多いものは?

技術のスピードや仕事についていけなくなった

ここまで解説した通り、プログラマーは常に自分自身の能力向上が欠かせません。

その一方、学習スピードや能力は年齢を重ねるごとに落ちていきます。

このため頑張っても仕事についていけなくなったとき、プログラマーを辞めることを考える方も多いでしょう。

なかには激務の結果、体調を崩して辞める方もいます。

プログラマーを辞める場合は会社も辞めてしまう方も多いですが、一方でSEや営業職など他の職種に移る方も少なくありません。

なかなかスキルアップができず、給料も上がらない

プログラマーのなかには、何年たってもプログラミングばかりを担当している方もいます。

スペシャリスト志向の方ならまだしも、将来上流工程に携わりたいという方は、スキルアップができないことに焦りを感じても不思議ではありません。

特に下請け企業から常駐している方でこのような状態に置かれている方は、なかなか給料も上がらないものです。

そのためステップアップや給料アップを目的とした転職の際に、プログラマーを辞める方も少なくありません。