インフラエンジニアになるには

インフラエンジニアになるまでの道のり

インフラエンジニアになるためには、まずはインフラエンジニアの求人募集がある企業に応募することがスタートです。

採用後は、しばらくはネットワークやサーバー、データベースなど、個別の分野から仕事を学び始めます。

ひとつの領域をある程度学べたら、徐々に担当する範囲を増やし、複数の範囲を1人でカバーできるエンジニアを目指します。

初期はOJTで先輩とともに下流工程にあたる構築作業や運用作業などを担当し、知識と経験を積んでから徐々に上流工程へ移行するのが一般的です。

一人前のインフラエンジニアになるためには、本人の努力次第なところはありますが、3年から5年はかかるでしょう。

加えて、今はクラウドによるITインフラ構築へのニーズが強いため、この分野でも知識を磨いていこうとすると、さらに数年は研鑽が必要です。

インフラエンジニアの資格・難易度

インフラエンジニアを目指すなら、まずはIPA(情報処理推進機構)の「基本情報技術者」資格の取得を目指しましょう。

資格学習を通し、ITについての基本を広く学ぶことができ、インフラエンジニアの業務でも役立ちます。

試験は年に2回で、合格率は例年20~30%程度となっています。

受験料も5700円と安いのでチャレンジしやすい資格です。

学習範囲が非常に広いので、数カ月にわたって計画的に学習しましょう。

インフラエンジニアを目指す人におすすめの資格は?

インフラエンジニアになるための学校の種類

インフラエンジニアを目指す上では、大学の情報工学系の学部学科や、IT系の専門学校に通うルートが一般的です。

大学の学費は国公立か私立かで大きく異なり、毎年60~120万円ほど必要です。

専門学校の場合も同程度の学費が必要なケースがほとんどです。

大学は広く教養も学べる他、専門的な深い知識も学べます。

一方で専門学校は就職後、すぐに現場で働くために必要な技術や考え方を中心に学ぶことが可能です。

フリーターや会社勤めの社会人に向けたスクールもあり、短期間で業務に必要な内容を集中的に学べます。

インフラエンジニアが扱うような機器は、個人で入手して環境構築を行うのが難しいものが多いため、実機に触れられる学校は貴重な学習の機会となるでしょう。

インフラエンジニアになるための学校(大学学部、専門学校、スクール)

インフラエンジニアに向いている人

家電やコンピュータが好きな人

IT業界は進歩が早いため、常に学習が必要です。

多くのケーブルや機器をつなぐ家電やコンピュータが好きで、新しい知識を学ぶことが好きな人はそれだけで適性が高いといえるでしょう。

論理的に考えられる人

ITを正しく動かすためには正確に理論を積み上げていくことが大切です。

数多くの機器でシステムを構成し、予定通りに動かすには、ちょっとした間違いも許されないことも多いです。

そのため、論理的な思考力が備わっている人ほど活躍しやすいでしょう。

インフラエンジニアに向いている人・適性・必要なプログラミングスキル

インフラエンジニアのキャリアプラン・キャリアパス

インフラエンジニアはキャリアを磨く中で、IT企画やシステムの設計など上流工程に携わっていくケースが多いです。

特に大規模な案件でも、破綻なくITインフラを設計できる人は多くの現場で重宝されるでしょう。

また、企業の目的に沿ったITアーキテクチャを検討するITアーキテクトになる人もいます。

ハードウェアやネットワークの知識を生かしてIoTやITインフラのスペシャリストとして活躍したり、企業のVPoE(技術責任者)などの立場で活躍するケースも多いです。

インフラエンジニアを目指せる年齢は?

インフラエンジニアを目指せる年齢に決まりはありません。

ただ、キャリアパス上は20代から目指している人が多いです。

ネットワークやサーバーなど、特定分野のエンジニアが業務領域を広げていくと、インフラエンジニアへのステップアップが視野に入ってきます。

そのため、働き始めから10年内にはインフラエンジニアへの転職を意識する人が多いです。

年齢を重ねるにつれ、学習範囲の広さや、機器の運搬作業などがネックとなり、志望する人は減っていく傾向があります。

インフラエンジニアは高卒から目指せる?

インフラエンジニアとして活躍している人の中には、高卒の人もたくさんいます。

しかし、いきなりインフラエンジニアとしてキャリアを始めたという人は少なく、多くはヘルプデスクやネットワークエンジニアなど、他のIT職種でキャリアを始めています。

ITの仕事がわかってきて、徐々に仕事の幅を広げているうちにインフラエンジニアとしても活躍できるスキルが身についたという人が多いです。

急がず、計画的にキャリアを積むことができれば学歴は関係ありません。

インフラエンジニアは女性でもなれる?

インフラエンジニアはITエンジニアの中でも、特に男性の比率が高い職種です。

女性には不可能な仕事ではないものの、低温のサーバー室における作業や、シフト勤務、機器の運搬作業など、体力に劣る女性にとって不利な業務が多いです。

ただ、体力差の出にくいクラウドでのインフラ構築が増えていることや、女性にも人気の高いWeb系のシステム開発が増えていることもあって、女性のインフラエンジニアも徐々に増えています。

女性のインフラエンジニアのキャリアパス・結婚後の生活

インフラエンジニアを目指すならプログラミングスクールも検討

IT業界やインフラエンジニアを目指すなら プログラミングスクールでスキルを高める ことも考えてみるとよいでしょう。

ITエンジニアの人材不足は慢性的で、今後も職に困ることは少ないといわれています。

また、ITエンジニアは他職種と比較しても給与は高い傾向にあり、テレワークの比率も高くなっています。

未経験採用をしている企業もありますが、 スクールでスキルを身につけておくと、就職・転職で有利になる 可能性もありますし、採用後もスムーズに仕事をはじめることができます。

ここではキャリア支援サポートもあるプログラミングスクールを2つ紹介します。

SAMURAI ENGENEER


公式サイトSAMURAI ENGINEER

SAMURAI ENGINEERの特徴

1.専属マンツーマンレッスンで最速最短でプログラミングを習得できる

2.スキルに合わせた完全オーダーメイドカリキュラムで学習効率アップ

3.採用時にアピールできる、完全オリジナル作品を開発できる

4.キャリアアドバイザーによる未経験からの転職支援サポートを受けられる

さらに、SAMURAI ENGINEERの人材紹介サービスを利用して転職成功した場合に、 受講料が無料になるコース も用意されています。

さまざまなコースがあるので、一度無料説明会で自身に合ったコースがあるか聞いてみるとよいでしょう。


tech boost


公式サイトtech_boost

tech boostの特徴

1.プロのカウンセラーが目標に応じた最適なプランを提案してくれる

2.現役エンジニアのメンターが学習を細かくサポート

3.運営会社がエンジニアに特化したキャリアサービスを展開しているので、エンジニア転職に強い

4.オンラインイベントなどで仲間ができる

渋谷のみとなりますが、通学プランも用意されています。

無料説明会では、プログラミングを学ぶメリットや受講イメージなどを詳しく教えてもらえます。


より柔軟にスキルをしっかりと学びたいなら「SAMURAI ENGINEER」、細かいサポートや転職実績を重視するのなら「tech boost」がおすすめ です。

講師との相性やカリキュラムなど、実際に話をしないとわからないことも多いので、少しでも興味があれば無料説明会に参加してみましょう。

公式サイトSAMURAI ENGINEER

公式サイトtech_boost