Webディレクターの転職理由・転職状況は?

Webディレクターが今の職場を辞める理由で多いものは?

Webディレクターの退職理由はさまざまですが、大きく3つの方向性があります。

待遇・労働環境に関する理由

Webディレクターの退職理由で、待遇や労働環境に関する理由は少なくありません。

労働時間に見合った給与ではなかったり、ハードな業務のために過労で倒れてしまったりしたことを理由に転職に踏み切る人は多いです。

前職または現職の会社に関する理由

Webディレクターは制作現場のディレクション業務が中心ですが、クライアントに営業やコンサルティングを行う人もいます。

こうした仕事の内容を定めているのは基本的に個人ではなく会社です。

また、会社によって得意な案件が異なるため、制作する業界や規模、サイトの雰囲気も似通ってしまうことが少なくありません。

そのため、同じWebディレクターでも、仕事の幅を広げたいことを転職の動機にする人は多いです。

スキルアップに関する理由

WebデザイナーやWebディレクターでは、より大きな案件や話題性のある案件に関わりたい人も多いです。

専門的な技術が求められますが、スキルアップや実績作りを目的に、そういった案件を扱っている企業への転職を考える人も少なくありません。

Webディレクターのつらいこと・大変なこと・苦労

Webディレクターの転職で気をつけるべきこと

業界経験者は実績アピールと退職理由に注意

Webディレクターの経験者は、数字を使って実績をアピールすることが大切です。

数字によるアピールがあると、客観的に案件規模や成果が伝わり、採用側は実力を正確に判断できます。

また、顧客にもそのような報告や提案ができる人だと期待をもたせる効果があります。

退職理由を伝えるときは、ネガティブにならないように注意します。

たとえば過労が理由なら、過労になるまで働かざるをえなかった原因を分析し、新しい職場ではそれが解決する理由を伝えることが必要です。

業界未経験の場合は、貢献できる部分と熱意をアピール

業界未経験者は、未経験でも戦力になることをアピールしなくてはなりません。

そのためには、前職までの経験がWebディレクターの仕事でどのように活かされると考えているのかを伝えることが大切です。

加えて、謙虚に学ぶ姿勢を見せることや、Web業界が好きで長く働きたいという熱意をアピールすることも必要です。

Webディレクターの職務経歴書の書き方のポイント

職務概要を最初に記載する

Webディレクターの職務経歴書では、これまでの経歴について概要を記載します。

これにより、人物像や保有するスキルにある程度のイメージをもってもらうことができ、その後の情報に興味をもってもらえます。

志望先によって適切なアピールを心がける

Webディレクターの職務範囲は企業や個人によってさまざまです。

自分の売りたい長所や実績よりも、志望先の企業の求めるニーズを汲み取った提案が大切です。

いくらSEOの提案が得意だとしても、企業が求めているのは現場のスタッフマネジメントの上手な人である場合はアピールに失敗してしまいます。

長くなりすぎないように注意する

実績のあるWebディレクターほど職務経歴書に書きたい情報が多く、長くなってしまう傾向があります。

職務経歴書は能力や実績、人物像を伝えることが目的ですので、必要最小限の内容があれば十分です。

過去の実績はできるだけURLを記載し、その制作の中での役割や成果について簡潔に記載しましょう。

Webディレクターから他の業界への転職はある?

Webディレクターから他の業界への転職は可能です。

スタッフのマネジメントや業務設計、書類作成など、一般的な会社で必要なスキルは仕事を通して身につくため、業界知識さえ補えれば多くの業界で働けます。

しかし、専門性はやはりWebの分野にありますので、他業界に転職してもWeb担当者やマーケティング担当者として働くことが多いでしょう。

特にWebマーケティングや制作に強い人材が求められる広告会社やイベント会社、コンサルティング会社などでは重宝される経歴です。

ただし、Webディレクターとして働いていた時と同じレベルの待遇を求めるのは難しいケースも多いため、転職時は何を優先するかよく考えましょう。

Webディレクター転職先はどのように探せばいい?

Webディレクターの転職先は、Web系の人材紹介会社を通して探すのが一般的です。

もしくは、ツテによって会社を紹介されることもあります。

どちらも「会社の内部の情報が手に入る」ことがポイントで、想定される業務や会社の雰囲気がわかるため判断しやすいです。

求人誌などから探して転職する場合、相手企業の情報が少ないため、自分の期待するような職場環境かどうかを確認することが難しくなります。

Webディレクターの業務範囲や待遇面は、会社によって大きく左右されるからこそ、転職先の情報を事前に入手できるルートで転職活動を進めるのがよいでしょう。

Webディレクターを目指すならプログラミングスクールも検討

IT業界やWebディレクターを目指すなら プログラミングスクールでスキルを高める ことも考えてみるとよいでしょう。

ITエンジニアの人材不足は慢性的で、今後も職に困ることは少ないといわれています。

また、ITエンジニアは他職種と比較しても給与は高い傾向にあり、テレワークの比率も高くなっています。

未経験採用をしている企業もありますが、 スクールでスキルを身につけておくと、就職・転職で有利になる 可能性もありますし、採用後もスムーズに仕事をはじめることができます。

ここではキャリア支援サポートもあるプログラミングスクールを2つ紹介します。

SAMURAI ENGENEER


公式サイトSAMURAI ENGINEER

SAMURAI ENGINEERの特徴

1.専属マンツーマンレッスンで最速最短でプログラミングを習得できる

2.スキルに合わせた完全オーダーメイドカリキュラムで学習効率アップ

3.採用時にアピールできる、完全オリジナル作品を開発できる

4.キャリアアドバイザーによる未経験からの転職支援サポートを受けられる

さらに、SAMURAI ENGINEERの人材紹介サービスを利用して転職成功した場合に、 受講料が無料になるコース も用意されています。

さまざまなコースがあるので、一度無料説明会で自身に合ったコースがあるか聞いてみるとよいでしょう。


tech boost


公式サイトtech_boost

tech boostの特徴

1.プロのカウンセラーが目標に応じた最適なプランを提案してくれる

2.現役エンジニアのメンターが学習を細かくサポート

3.運営会社がエンジニアに特化したキャリアサービスを展開しているので、エンジニア転職に強い

4.オンラインイベントなどで仲間ができる

渋谷のみとなりますが、通学プランも用意されています。

無料説明会では、プログラミングを学ぶメリットや受講イメージなどを詳しく教えてもらえます。


より柔軟にスキルをしっかりと学びたいなら「SAMURAI ENGINEER」、細かいサポートや転職実績を重視するのなら「tech boost」がおすすめ です。

講師との相性やカリキュラムなど、実際に話をしないとわからないことも多いので、少しでも興味があれば無料説明会に参加してみましょう。

公式サイトSAMURAI ENGINEER

公式サイトtech_boost