「プログラマー」の仕事とは

プログラマーの仕事内容

プログラミングをしてシステムを作り上げる技術者

プログラマーは、プログラム言語を用いてプログラムを組み、システムやソフトウェアを作る仕事です。

企業で使われている会計システムや物流システム、そして家電製品など私たちの身の回りにあるさまざまなものがコンピュータープログラムで動いており、プログラマーはこうした多種多様なシステムの開発に携わります。

プログラマーと似た職業として「システムエンジニア(SE)」がありますが、一般的にシステムの仕様書を作成するSEに対し、プログラマーは手を動かしてプログラミング作業を行う技術者のことを指しています。

プログラマーの就職先・活躍の場

多様な就職先や活躍の場がある

プログラマーのおもな活躍の場としては、まずIT業界のなかでもシステム開発を専門的に行っているシステム開発会社が挙げられます。

その他、Webサービスを作り上げていくWeb制作会社、自動車や家電などの各種メーカー、またスマートフォンで動くアプリの開発をするソーシャルゲーム業界でもプログラマーの需要があります。

ある程度の実績や経験を積むとフリーランスとして働くプログラマーも多く、その場合、時間や場所に縛られずに多様な案件にチャレンジしながらスキルアップを目指すことができます。

プログラマー1日

時期によって忙しさには波が出やすい

プログラマーは、忙しい時期と、そうでない時期の差が大きく出やすい仕事です。

たいていの場合は並行していくつかのプロジェクトを進めていますが、ここではピーク時のある1日を紹介します。

09:00 出社・業務開始
メールをチェック後、すぐにプログラミングをスタート。

12:00 休憩
デスクで簡単に昼食をとります。

13:00 プログラミング
再び一心不乱にプログラミングをし続けます。

15:00 進捗報告
上司やチームの仲間と簡単なミーティングをし、お互いの進捗を確認。

18:00 定時
今日は残業となりそうです。

20:00 軽食
まだまだ仕事が終わりそうにないので、コンビニでパンなどを買い、手早くお腹を満たします。

22:00 残業開始から4時間
深夜残業がNGであれば、ここで帰宅。OKであれば、さらに終電までプログラミングを続けます。

23:30
納期前は終電近くなることがありますが、残業時間削減のため、平常時は定時で帰宅することも増えています。

プログラマーになるには

システム開発会社などへ就職するのが一般的

プログラマーとして働くには、プログラミング言語などの知識や技術が必要ですが、なるために絶対に必要とされる資格や学歴はありません。

大学、短大、専門学校などを卒業後、システム開発会社などIT系企業でプログラマーとして働くのが一般的な道です。

理系出身者が多いのは事実ですが、プログラミングについては自分で勉強することもできますし、やる気さえあればスキルは身につけられるため、文系出身のプログラマーも活躍できます。

まずはIT技術に興味を持てるかどうかが何より重要だといえるでしょう。

プログラマーの学校・学費

IT系の専門学校でプログラミングが学べる

プログラマーになるために絶対に通わなくてはならない学校はありませんが、一般的にはIT系の専門学校でプログラミングを学んで就職する人が多いようです。

このほか、大学の情報系学部に進学してプログラマーになる道もありますが、大卒者はどちらかというと「システムエンジニア(SE)」を目指すことが多いとされています。

学校でプログラミングの基礎を身につけていれば、就職活動で有利になったり実務にすんなり入れたりするメリットはありますが、IT系の専門学校や大学を卒業していなくても熱意があればプログラマーとして採用する企業はあるため、学校に通うか通わないかは自由です。

プログラマーの資格・試験の難易度

基本的な資格から応用的な資格まで多種多様

プログラマーは、特別な資格を持っていなくてもなれる職業です。

しかし、IT業界では資格を持っていることで自分のスキルを証明することにもなり、資格取得を目指して頑張っている人も多くいます。

「ITパスポート」や「基本情報処理技術者」は、IT技術者として働く人が最初に取るべき資格といっても過言ではありません。

そこからは、プログラミング系の資格である「C言語プログラミング能力認定試験」「Oracle Certified Java Programmer」「Ruby技術者認定試験制度」など、各々のプログラマーとして歩んでいく道に必要な資格を取っていけばよいでしょう。

プログラマーの給料・年収

勤務先や個人の実力によっても差が出やすい

企業に勤めるプログラマーの場合、企業の規模やキャリア等によって収入や待遇は異なります。

平均的年収は350万円~500万円程度で、他業種と大きな違いはないといえるでしょう。

ただし、プログラマーはさまざまな業種で必要とされる存在であるため、一概に収入を比較することは難しい職業です。

なお、フリーランスとして働くプログラマーのなかには、高いスキルや営業力を生かして、年収1000万円以上を稼ぐ人もいます。

プログラマーのやりがい、楽しさ

最先端のIT技術を使ってものづくりができる

いまやITはありとあらゆる分野で活用されており、プログラマーはその世界の最前線で新しいシステム、世の中に役立つソフトウェアを開発しています。

最先端の家電製品や自動車のシステムを作ったりと、各分野における先頭に立って「新しいものを作る」という喜びを味わえる仕事です。

「IT技術を突き詰めたい」という気持ちを持つ人であれば、身につけたスキルを駆使してものづくりを究めていく日々に、やりがいと刺激を味わえることでしょう。

プログラマーのつらいこと、大変なこと

新しい技術を覚えていく努力は不可欠

IT関連の技術は、新しいものが出るスパンが短いです。

プログラマーは常日頃からその技術の変化に対して敏感になり、知識として有しておかなければ、時代に置いてかれてしまう状況になりかねません。

勢いある若手プログラマーもどんどん出てくるなかで生き残るには、自らを高め続け、新しい技術を覚えたりスキルアップするなどの地道な努力を続けていく必要があります。

さらに納期前の相次ぐ残業や休日出勤など、体力的な面でもつらいと感じることがあるかもしれません。

プログラマーに向いている人・適性

プログラミングが好きで、集中力を発揮できる人

プログラマーはひとたびプログラムを書き始めると、その仕事が終わるまで一心不乱にプログラミングしなくてはなりません。

職場によっては和気藹々とした雰囲気のところもありますが、作業中は高い集中力を保たなくてはなりませんから、プログラミングをすることが好きで、自分の世界に没頭することができる人が、プログラマーには向いているといえるでしょう。

また、黙々と作業をしつつも「もっと効率よいシステムを作るにはどうすればいいか」など、つねに新しいことを考えられる人もプログラマーに向いています。

プログラマー志望動機・目指すきっかけ

ITに興味があり、技術者としてスキルを身につけたい

プログラマーを目指す人は、もともとITデバイスに親しんでおり、とくにシステムやソフトウェアがどのように作られているのかといった部分に興味を持っていたという人が多いようです。

IT技術者という現代的な職業への憧れや、スキルを磨くことで独立して大きく稼げるチャンスもあるといった点に魅力を感じ、プログラマーを目指していく人もいます。

ただしプログラマーといっても、就職先や活躍の場によって開発していくシステムの種類はまったく異なるものになるため、自分がどのようなものを作っていきたいのかをよく考えることが重要です。

プログラマーの雇用形態・働き方

派遣やフリーランスとして働く人も多い

プログラマーは、多種多様な働き方ができる仕事といえます。

もちろん正社員として会社に勤める人もたくさんいますが、契約社員やアルバイトとして雇用される人も少なくありません。

また、派遣のプログラマーが多いことも特徴です。

いわゆる派遣会社から就業先へ派遣される一般的な派遣以外に、派遣会社へ正社員として入社し、別企業(派遣先)へ派遣されて、そこで開発プロジェクトに携わっていく「特定派遣」というスタイルで働く人も多くいます。

さらに会社には所属せず、フリーランスで活躍している人も多数います。

プログラマーの勤務時間・休日・生活

納期前などは激務になる場合も

企業で働くプログラマーの勤務時間は、他職種の日勤オフィスワーカーの人と同様、9:00~18:00くらいの時間帯となります。

休日は完全週休2日制の会社が多く、トラブルのない平常時はきちんと休めるでしょう。

ただし、納期ありきの仕事であるため、スケジュールが押していたリ、プログラムに意図しない不具合があったりした場合には残業をせざるを得ない状況になります。

ときに深夜まで対応したり、休日出勤を求められることも出てくるかもしれません。

プログラマーの求人・就職状況・需要

需要が大きく、就職先の選択肢は豊富にある

プログラマーは、IT業界のなかでもつねに安定した需要を保っています。

ITの進歩によりシステムのニーズが増え、また多様化していることによって、この先もプログラマーの需要が大きく減ることは考えにくいでしょう。

IT系の企業だけでなはく、家電業界、自動車業界、ゲーム業界と数え上げたらキリがないほど多岐にわたる場所で活躍することができます。

これからプログラマーを目指していく若い人たちにとっても、就職のチャンスはたくさんあるといえるでしょう。

プログラマーの転職状況・未経験採用

転職の求人は多く、未経験者でも働けるチャンスも

プログラマーをはじめ、IT業界は人材の流動が比較的激しく、年間を通じて転職市場も活発に動いています。

また、業界全体が人材不足ともいわれ続けており、意欲的な人を積極的に採用したいと考える企業はたくさんあります。

自分の熱意や努力次第では、まったく経験がないところからプログラマーになることも可能ですが、未経験者の場合、年齢は若いほうが有利になります。

より有利な条件で転職を成功させたい場合は、独学であってもプログラミングの基礎を学んだり、ITの資格取得を目指して勉強をしておくとよいでしょう。

プログラマーの現状と将来性・今後の見通し

若いうちから活躍できるが、技術力を磨き続ける努力が必要

IT技術は日進月歩の勢いで進化し続けているため、プログラマーも時代の流れを追いながら新しい技術を駆使してプログラミングをする必要があります。

そのため、各企業では熱意と勢いのある若手プログラマーが活躍していることが多く、早い段階から力を発揮するチャンスも増えています。

逆に、つねに技術を磨き続けていき、キャリアアップに努めなければ年齢を重ねるにつれて淘汰され、生き残るのが難しくなっていくという厳しい面もあります。