1分でわかる「プログラマー」

仕事内容
プログラマーは、プログラム言語を用いてプログラムを組み、システムやソフトウェアを作る仕事です。

会計システムや物流システムなど企業で使うシステム以外にも、家電製品など私たちの身の回りにあるさまざまなものがコンピュータープログラムで動いています。

似た職業としてシステムエンジニア(SE)がありますが、一般的にはシステムの仕様書を作成するSEに対し、プログラマーは実際にプログラムの作業を行います。
なるには
プログラマーとして働くには、プログラム言語などの知識や技術が必要ですが、なるために絶対に必要とされる資格や学歴はありません。

大学、短大、専門学校などを卒業後、IT系の会社でプログラマーとして働くのが一般的な道です。

理系出身者が多いのは事実ですが、プログラムは自分で勉強することもできますし、やる気さえあればスキルは後からいくらでも身につきます。

まずは、どれだけプログラムに興味を持てるかが大切です。
給料
企業に勤めるプログラマーの場合、企業の規模やキャリア等によって収入や待遇は異なります。

平均的年収は350万円~500万円程度で、他業種と大きな違いはないと言えるでしょう。

ただし、プログラマーはさまざまな業種で必要とされる存在であるため、一概に収入を比較することは難しい職業です。

なお、フリーランスとして働くプログラマーの中には、高いスキルや営業力を生かして、年収1000万円以上を稼ぐ人もいます。
将来性
IT技術は日進月歩の勢いで進化し続けているため、プログラマーも時代の流れを追いながら新しい技術を駆使してプログラミングをする必要があります。

そのため、各企業では熱意と勢いのある若手プログラマーが活躍しているケースが 多く、早い段階から力を発揮するチャンスも増えていると言えるでしょう。

逆に、常に技術を磨き続けていかなければ、年齢を重ねるにつれて淘汰され、生き残るのが難しくなっていくという厳しい面もあります。