女性のAIエンジニア

AIエンジニアはまだまだ少ない

世の中のIT化が進み、ITエンジニアという仕事が一般的なものになるにつれ、女性がエンジニアを目指すことも珍しくなくなってきました。

しかし、最先端のAIを扱えるエンジニアはまだ絶対数が少なく、とくに女性のAIエンジニアはそこまでたくさんいるわけではないようです。

AIエンジニアの場合、プログラミング言語を使ってシステム開発を行うというよりも、機械学習などの数理統計やコンピューターサイエンスの知識・技術が強く求められてきます。

理工系の色が濃いために、大学や専門学校でAIに関連することを学ぶ学生も圧倒的に男性のほうが多く、卒業後にAIエンジニアになるのもやはり男性中心となっているようです。

女性にできない仕事ではない

しかし、女性だからといってAIエンジニアになれないわけではありません。

まだ数は多くありませんが、女性がAIをはじめ、「IoT」や「ロボット」といったITの先端領域に興味を持つケースもありますし、女性エンジニアが活躍している会社もあります。

AIエンジニアは一般的なITエンジニアよりも高い年収を得やすく、性別関係なくスキルを持つ人は引く手あまたの状態になるでしょう。

また、経験を積んで実力を身につけていけば派遣やフリーランスといった形で働くこともでき、結婚や出産後にも無理のない範囲で仕事を続けやすいメリットがあります。

たくさんの人材が求められている

AIはIT企業はもちろん、物流、金融、サービス、医療といったあらゆる産業で活用され始めており、今後さらなる発展が期待される分野です。

国としても、AI人材の育成や確保は重要な課題として取り上げられており、大学などでAIを専門に学んでいない人でも、入社後に自社で育成していくしくみを整えている企業も増えつつあります。

これからAIエンジニアを目指す女性にとっては、チャンスがたくさんあるといえるでしょう。