Webディレクターの需要・現状と将来性

Webディレクターの現状

Webディレクターは、Webを利用したサービスや情報発信が増える中で安定的に需要があります。

しかし、Webディレクターの働く領域がWeb制作会社からWebサービス・アプリ開発会社、一般の事業会社などに広がる中で、Webディレクターの役割が不明確になりがちです。

Web制作現場を統括する専門家として扱ってくれる所もあれば、制作技術を必要としないために、現場の管理の担当者として便利屋のように扱われる職場もあります。

Webサイトの高度化が進む中、Webディレクターはその存在感を発揮して質の高い制作を導く役割を担いますが、心身ともにハードな仕事であるために供給が不足気味です。

Webディレクターの需要

人材市場におけるWebディレクターの需要は高いですが、その中身は二極化しつつあります。

ひとつは、経験と実績を備えた完成されたWebディレクターで、大手のWeb制作会社やアプリ・サービス開発会社でニーズがあります。

高度な知識と技術でチームをリードし、最新の制作・開発を達成することができる人材は、高報酬で採用されることも少なくありません。

もうひとつは成長過程にあるWebディレクターです。

このタイプは小規模のWeb制作会社や、一般企業で求められ、若手や未経験でも採用されることがあります。

知識よりも、勉強熱心でコミュニケーションが高いこと、体力などが重視され、経験を積みながらWebディレクターとして成長することが期待されています。

Webディレクターの将来性

Webがカバーする領域がどんどん大きくなるに従い、多くのWeb制作が行われ、多くのディレクターが必要になります。

需要は安定しますが、高度なディレクションで大規模制作を導ける実力者でなければ、良い待遇を得るのは難しいでしょう。

小規模な制作では、CMSの高度化やAIによる自動デザインなどの発達で単価が下がり、多くの案件数を日々こなすことになると予想されます。

このような中では、Webディレクターは品質より納期が重要視され、アピールになる高品質の制作をできない年月が経過するリスクがあります。

長くWebディレクターとして活躍するには、品質の高い制作を行い、成果や実績を蓄え、替えの利かないスペシャリストを目指すことが必要となるでしょう。

Webディレクターの今後の活躍の場

Webディレクターはすでに多くの業種・業界で採用されており、専門性や働き方によってその活躍はさまざまです。

今後は海外に進出する企業が増えることから、海外勤務のWebディレクターも多くなるでしょう。

特にアジア圏で現地スタッフを指導しながらWeb制作や開発をリードできるディレクターのニーズが高まると予想されます。

Web広告や広告代理店では海外進出は始まっており、日本企業の現地邦人などを相手にWeb制作やプロモーションを行いつつ、現地企業への営業活動も行われています。

海外では外国語やコミュニケーション能力に加え、制作にとどまらないビジネス感覚も求められますが、やりがいの大きな仕事になるのではないでしょうか。

Webディレクターを目指すならプログラミングスクールも検討

IT業界やWebディレクターを目指すなら プログラミングスクールでスキルを高める ことも考えてみるとよいでしょう。

ITエンジニアの人材不足は慢性的で、今後も職に困ることは少ないといわれています。

また、ITエンジニアは他職種と比較しても給与は高い傾向にあり、テレワークの比率も高くなっています。

未経験採用をしている企業もありますが、 スクールでスキルを身につけておくと、就職・転職で有利になる 可能性もありますし、採用後もスムーズに仕事をはじめることができます。

ここではキャリア支援サポートもあるプログラミングスクールを2つ紹介します。

SAMURAI ENGENEER


公式サイトSAMURAI ENGINEER

SAMURAI ENGINEERの特徴

1.専属マンツーマンレッスンで最速最短でプログラミングを習得できる

2.スキルに合わせた完全オーダーメイドカリキュラムで学習効率アップ

3.採用時にアピールできる、完全オリジナル作品を開発できる

4.キャリアアドバイザーによる未経験からの転職支援サポートを受けられる

さらに、SAMURAI ENGINEERの人材紹介サービスを利用して転職成功した場合に、 受講料が無料になるコース も用意されています。

さまざまなコースがあるので、一度無料説明会で自身に合ったコースがあるか聞いてみるとよいでしょう。


tech boost


公式サイトtech_boost

tech boostの特徴

1.プロのカウンセラーが目標に応じた最適なプランを提案してくれる

2.現役エンジニアのメンターが学習を細かくサポート

3.運営会社がエンジニアに特化したキャリアサービスを展開しているので、エンジニア転職に強い

4.オンラインイベントなどで仲間ができる

渋谷のみとなりますが、通学プランも用意されています。

無料説明会では、プログラミングを学ぶメリットや受講イメージなどを詳しく教えてもらえます。


より柔軟にスキルをしっかりと学びたいなら「SAMURAI ENGINEER」、細かいサポートや転職実績を重視するのなら「tech boost」がおすすめ です。

講師との相性やカリキュラムなど、実際に話をしないとわからないことも多いので、少しでも興味があれば無料説明会に参加してみましょう。

公式サイトSAMURAI ENGINEER

公式サイトtech_boost