女性のCGデザイナーのキャリアパス・結婚後の生活

女性のCGデザイナーの現状

CGデザイナーとして活躍する女性は多く、男性向けデザイン、女性向けデザインを問わずに活躍しています。

CGデザインでは、3DCGの分野は工学的な要素が強いためにまだまだ男性が多いですが、2DCGでは男女比にさほど差はありません。

CGだけでなくデザイン業界では、若い女性も多く活躍していますが、年齢を重ねる中で結婚や出産を機に退職する人が多いことが主な理由です。

年齢の若い人の割合が多いために平均年収が男性より低くなってしまいますが、待遇上の差はほとんどありません。

在宅業務が認められたり、育児休暇の取得や柔軟な雇用契約の変更といった制度によって仕事を続けやすい環境が整いつつあり、結婚や出産の後も継続して働く人が増えています。

女性のCGデザイナーの強み・弱み

女性のCGデザイナーだからといって、特別な強みはありませんが、特別に弱みになるようなところもありません。

ハードワークが避けられず、徹夜作業が続く場合には男性ほどは無理が利きませんが、女性の感性が求められる案件も多いため別の部分で活躍できます。

また、たとえ結婚や出産によって休職期間があったとしても、その時間はムダではありません。

さまざまな人生経験がデザインの糧となることも多く、デザインという仕事を外から見る期間の中で得られる気づきも多いです。

育児や介護に携わった経験から、高齢者や子どもが喜ぶデザインがわかるなど、それまでとは別の強みが身につくことも少なくありません。

CGデザイナーの結婚後の働き方・雇用形態

CGデザイナーとして勤めていた女性は結婚を機に退職する人もいますが、今は復職のための環境を整備する企業が増えています。

時短勤務のアルバイト契約や、在宅勤務の契約社員などへの契約変更のようにワークライフバランスを調整しやすい制度の導入も多いです。

CGデザインが好きで働いている人が多いこともあり、結婚後も家庭の理解のもとで、正社員としてバリバリ働く人の割合も比較的高いです。

CGデザイナーは子育てしながら働ける?

結婚や出産などの後も、子育てをしながら働くCGデザイナーも多いです。

さすがに時間が制限され、請け負うことのできる仕事量は減りますが、それでも長く勤めてきたCGデザイナーは企業にとっては替えが利きにくい戦力です。

そのため、出産や育児、介護などで職場を離れざるを得ない場合でも、復職を支援するための制度を整える企業が多くなっています。

出産などの際には無期限の休業扱いとしたり、育児休暇や看護休暇を充実させたりといった動きも多くなっています。

家庭と仕事の両立は大変でもありますが、生活にハリが出る、子どもの前でかっこよく働く姿を見せられるからと喜んで頑張っている人も多いです。

CGデザイナーは女性が一生働ける仕事?

CGデザイナーは現状では、女性が長く働ける仕事のひとつといえます。

体力よりも技術と感性が重要な仕事であるため、スキルがあり、適切な仕事量で仕事を得られるなら問題なく仕事ができます。

最先端の3DCG技術にキャッチアップするにはどうしても時間や体力の面で不利な部分はありますが、その他の分野であれば大きな不利はありません。

ただし、激務になりがちな職場では長く勤めるのは難しく、男性よりも健康を崩してしまうリスクが高い点には注意が必要です。

女性特有の体調の変化などに注意しつつ、ワークライフバランスや仕事のペースを考え、適切にコントロールすることが長く続けるためには大切です。