このサイトはWebメディア企業社員を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「Webメディア企業社員」

仕事内容
Webメディア企業とは、新聞・テレビ・ラジオといった多様なメディアのなかでも、おもにWeb上で多様な情報を発信・受信したりする媒体の企画や運営を行う会社です。Webメディア企業は扱うWebメディアの特性によっていくつかの種類に分けることができますが、たとえば「1次メディア」を展開する企業では自社に編集部の機能を持ち、そこで働く社員たちはそれぞれ、コンテンツのプランニングやマーケティング、記事の執筆・編集、デザイン、広告営業などの業務に携わりながら、協力してより多くの利用者を集められるWebメディアを作っていきます。
なるには
Webメディア企業社員になるうえで、特別な資格は普通求められません。Webメディア企業の仕事は多岐にわたりますが、新卒で入社する場合は「総合職」として採用され、入社後に会社の状況や本人の希望・適性によって各職種に配属されるケースもあれば、最初から各職種での募集がかけられることもあります。Webメディア業界はベンチャー企業も多数存在するため、若い人が活躍しやすいことが特徴です。アルバイトからスタートし、経験を積むことで契約社員、そして正社員へステップアップできるケースもよくあります。
給料
Webメディア企業社員の年収は、300万円~800万円程度と人によってだいぶ幅があるようです。Web業界は比較的人の入れ替わりが激しく、中途採用で入社している人も多くおり、その場合は経験や能力によってだいぶ差が出るようです。Webメディア企業は大手から中小ベンチャー企業までさまざまありますが、年功序列というよりは実力主義の傾向が強いようです。人によっては20代であってもどんどん昇進し、同世代の平均年収よりだいぶ大きな収入を得ている人もいます。ただし変化の速い業界であるため、新しい情報を積極的に取り入れるなど自発的な勉強も必要です。
将来性
2000年代以降、Webメディアはそれまでのテレビ・新聞・出版といったメディアの勢いを抑えるかのように、急速な盛り上がりを見せています。新しい技術も続々と登場し、近年は「バイラルメディア」といわれる、ソーシャルメディア上で拡散する話題を数多く掲載することで爆発的なトラフィックを巻き起こすものも話題になっています。IT技術の進歩により、Webメディアを立ち上げること自体はそこまで難しいものではありませんが、Webメディアが乱立する中で生き残りをかけるには、世の中のニーズやトレンドを敏速に掴み取り、オリジナリティあるコンテンツを創造することが不可欠です。