「CGデザイナー」とは

映像作品や建築、車などに使用される2次元、3次元のグラフィックスを作成する。

CGデザイナーは、コンピューター上で専用のソフトを使って、画面上に2次元または3次元のグラフィックスを作成する仕事です。

3次元CGの技術の進歩とともに、映画やゲーム、アニメーションだけでなく、建築や車、機械の設計などにもCGの活用の場が広がってきています。

CGデザイナーとして働くために、必ず必要な資格や学歴はありませんが、芸術系の大学やCGデザインの科目がある専門学校で、デザインやコンピューターグラフィックスの基礎を学んでおくと、就職に有利に働くでしょう。

スマートフォン向けのゲーム作成などで需要が高まっている職業であるため、技術や経験によっては良い待遇で採用されることもあります。

「CGデザイナー」の仕事紹介

CGデザイナーの仕事内容

CGデザイナーは、コンピューターを使い、2次元または3次元のグラフィックスを作成する仕事です。

まずはデッサン画を元に形状データを起こす「モデリング」という作業を行い、画面に配置したのち、光源などを加えながらリアルな形状にし、必要に応じてさまざまな動きや効果を加えていきます。

映画、ゲーム、アニメーションといった映像系作品のほか、建築や車、機械の設計まで、幅広い分野で活躍することができます。

CGデザイナーになるには

CGデザイナーの活躍の場は、CGや映像関連の制作会社、デザイン事務所などさまざまで、特別に必要な資格や学歴はありません。

ただし、就職の際には専門知識やスキルを持っていたほうが有利になることが多く、美術系の大学もしくは専門学校でCGデザインを学んでいると、大きな強みとなるでしょう。

独学でCGデザイナーを目指すことも可能ですが、成果が重視される仕事であるため、オリジナルのCG作品を制作して売り込む必要があります。

CGデザイナーの給料・年収

CGデザイナーとして会社に務める場合は、年収300万円~500万円程度が一般的です。

専門性が高く、仕事量や残業も多くなりがちな仕事ですが、それほど優遇されているわけではないようです。

ただし、CGデザイナーは将来的に独立を目指す人も多く、実力をつけてフリーになれば、会社員の時代よりずっと多く稼げる可能性もあります。

需要が高いため、実力次第でどんどんステップアップできるチャンスはある仕事だと言えるでしょう。

CGデザイナーの現状と将来性・今後の見通し

IT技術がめざましい進歩を遂げ、CGを作るためのソフトやハードも急速に進歩し続けています。

そのためCGとしてできる領域が拡大しており、CGデザイナーの仕事量や役割も増えている状況です。

CGは現代社会において必須の技術であるばかりでなく、活用される範囲もさらに増えていくものと予想されており、将来性は十分だと言えます。

新しい技術に対する高いスキルと、芸術的なセンスを兼ね備えた人材は重宝されていくでしょう。