セールスエンジニアの就職、求人、募集の状況

IT業界やハード系メーカーでの需要がある

セールスエンジニアは、近年、急激に需要が大きくなっている職種のひとつです。

とくにIT業界や、機械などのハード系メーカーにおいてニーズがあり、日本語では「技術営業」と呼ばれることがあるように、技術の専門的な知識を備えた営業職のような位置づけとなります。

ただし、自社製品に関する理解や、技術の専門的な知識が求められることから、未経験者や新卒入社の人がいきなりセールスエンジニアとして配属されることはあまり多くありません。

たいていは、エンジニア(技術者)として経験を積み、その先のキャリアパスのひとつとして、セールスエンジニアになるのが一般的です。

一般の営業職からセールスエンジニアになることも不可能ではありませんが、エンジニアからセールスエンジニアになるのと比べるとハードルは高めといわれています。

どのようなセールスエンジニアを目指すか

セールスエンジニアを目指すのであれば、まずはエンジニアとして就職することが近道となるでしょう。

エンジニアとして社内で適性や能力が認められるうちにセールスエンジニアへ転身できる可能性がありますし、技術に関する専門知識やスキルを持っていれば、転職をきっかけにセールスエンジニアになることもできます。

セールスエンジニアは、とくにIT企業や機械などのハード系メーカーで活躍しています。

海外展開をしているメーカーや、全国にクライアントを持つような大手企業でも募集されていますが、企業によって求める人材像は異なります。

同じセールスエンジニアでも、クライアントよりのセールスエンジニアと、技術よりのセールスエンジニアがおり、それぞれ次のキャリアパスも変わってきます。

いずれにしても、セールスエンジニアは技術に関する専門性と、営業としての提案力やコミュニケーション能力の両方がある程度バランスよく求められてきます。