Webエンジニアの現状と将来性

Webアプリケーションの開発ニーズが拡大

IT業界がますます盛り上がり続けるなか、Webアプリケーションをベースにしたサービスは増えており、Webエンジニアのニーズも大きくなっています。

新しい技術は次々と出てくるため、それらに対応できる柔軟な頭と、確かなスキルを持つ若手人材の活躍が期待されています。

Webエンジニアの場合、ただ単にプログラマーとしてコードを書くだけではなく、企画やマネジメントといった幅広い業務を任される傾向があり、システムエンジニア(SE)のような役目を兼務して活躍する人も少なくありません。

どのようなキャリアを積んでいきたいのかを考える

Webエンジニアとひとくくりにしても、実際には働く企業によって、求められるスキルや経験できることは変わってきます。

自社サービスを提供する企業であれば、アイデアを具現化していく工程にも関わりやすいですが、受託開発中心で行っている企業の場合は、クライアントから求められるものをひたすら作っていくことになります。

その場合、クライアントの種類や規模などによっても、仕事の進め方は変わってくるものです。

また、スタートアップ企業でスピーディーにあらゆる経験を積んでいくのか、それとも組織体制がしっかりとした環境で着実に学んでいきたいのかといったことでも、自身のキャリアパスは変わってくるでしょう。

Webエンジニアとして何をしたくて、どうなっていきたいのかをしっかりと考えておくことが大切です。

市場価値の高いWebエンジニアになるために

Webエンジニアとして長く活躍するためには、市場価値を高めていく努力が不可欠です。

最先端で需要のある技術を身につけていたり、多くのエンジニアが経験していないような案件にも携わっていたリすれば、自分の強みとしておおいにアピールすることができます。

最も重要なポイントは、Web業界は非常に変化が速く、エンジニアはつねに技術を更新し続ける必要があるということです。

技術のトレンドに敏感でありながら、自身を高め続ける努力を惜しまないことが大切だといえるでしょう。