システムエンジニアの仕事内容

システムエンジニアの仕事とは

「システムエンジニア」とは、文字どおりITシステムやコンピュータ分野を専門とするエンジニア職を指します。

「SE(エスイー)」や「ITエンジニア」と呼ばれることもあります。

システムエンジニアの仕事は幅広く、どのようなシステムにするかの仕様を「設計」することもあれば、サーバーのセットアップ作業などの「構築」を担当することもあります。

さらに、システム導入後の「運用」や「保守」をシステムエンジニアが取りまとめることもあります。

さまざまな仕事を担当するシステムエンジニアではありますが、総じていえるのは、ITの専門知識を用いて「システム」というモノ・サービスを形作っていく仕事であるということです。

なお、システムエンジニアの仕事は「プロジェクト」を組んでチームプレイで進めていくのが基本です。

大規模なシステム開発案件であれば、何百人ものエンジニアと共に働くこともあります。

将来的にはチームのリーダーポジションを任されることも多いため、単に技術力だけでなく、コミュニケーション力やマネジメント力も必要となってくる職業です。

システムエンジニアの仕事内容

システムエンジニアの仕事内容は、「要件定義」「設計」「構築」「運用・保守」「マネジメント」の大きく5つに分けられます。

要件定義

「要件定義」は、これからつくるシステムの大まかな方針を詰めていく仕事です。

まずはお客さまの要望や抱えている課題などをヒアリングし、「どのような目的で利用するシステムか」「どのような部分をシステム化するか」などをすり合わせます。

それをもとにシステムの大まかな方針を定義し、「要件定義書」などのドキュメントに設計内容をまとめていきます。

要件定義は、システム全体を見渡せる力や、お客さまとの対話力が問われるフェーズでもあります。

設計

要件定義の内容を踏えて、よりシステムの細かな部分を「設計」していきます。

設計は、「基本設計」と「詳細設計」の2つに分けられます。

基本設計:「使用するサーバーの台数や機種を決める」「バックアック運用の方針を決める」など、システムの全体的な仕様や仕組みなどを設計
詳細設計:「サーバーの設定値を決める」「導入するミドルウェアの設定値を決める」「導入する一つ一つのプログラムを設計する」など、各部のより細かな仕様や機能を設計

設計内容は「基本設計書」や「詳細設計書」のドキュメントにまとめていきます。

お客さまやプロジェクトメンバーたちと打ち合せやレビューを繰り返しながら、設計内容を詰めていくこととなりますので、設計においても対話力やコミュニケーション力が求められます。

構築

「構築」は、実際にシステムを作り上げていく仕事です。

たとえば、構築作業として次のような作業を行うことになります。

<構築作業の例>
・サーバーやネットワーク機器の設定を行う
・ソフトウェアやミドルウェアのインストールやセットアップを行う
・サーバーにプログラムを実装する
・動作確認テストや負荷テストなどを行う
など

好き勝手に作業を行うのではなく、まずは「構築手順書」や「動作確認手順書」などのドキュメントを作成することから始まります。

完成した手順書の内容をお客さまとレビューし、問題がなければその後サーバーセンターなどに出向き、手順書の内容にのっとり構築作業を進めていきます。

運用・保守

「運用・保守」は、システム稼働後、そのシステムが正しく動作し続けられるように維持管理していく仕事です。

例えば、運用・保守作業として次のような作業を行うことになります。

<運用・保守作業の例>
・定期メンテナンス作業(データ更新やアップデートファイルの適用など)
・サーバーやネットワーク機器の実機のメンテンナンス
・障害監視
・障害発生時のトラブル対応
など

運用・保守はマニュアルに沿って行う業務が多いため、現場での作業は新人やアルバイトが中心となって行うケースが多いです。

熟練のシステムエンジニアの場合は、作業担当ではなく運用・保守チームを統括する立場として携わることが多いです。

マネジメント

システムエンジニアは、いずれ「チームリーダー」「プロジェクトリーダー」「プロジェクトマネージャー」といったマネジメント職にキャリアアップしていくのが通例です。

マネジメント職となると、タスク管理・進捗管理・課題管理・工数管理など、プロジェクトやチームを管理する業務が中心となってきます。

とくにプロジェクトマネージャークラスになると、会議や打ち合わせの毎日となり、設計や構築などの現場作業を行うことはなくなります。

システムエンジニアの役割

会社組織内での役割

新規システム開発案件の受注や手配などは、基本的には営業部門側が担当します。

営業部門が取ってきた案件に参画し、実際にシステムを作り上げていくことが、システムエンジニアの会社内での役割です。

とくにSIer(システムインテグレータ)系の会社では、システムエンジニアという人材こそが会社の商品となります。

システムエンジニアがシステムを作り、それによってお客さまから得た受注料金が、SIerでは会社の売上に直結してきます。

社会的な役割

システムエンジニアの社会的な役割は、ITシステムを用いて、私たちの社会をより便利で快適にしていくことです。

道路の交通システム、携帯電話の通信システム、銀行の決済システムなど、すでにITシステムは私たちの生活の一部となっており、社会を根底から支えています。

今後は、未開拓の分野のIT化を進めるだけでなく、導入済みのITシステムを保守し、維持していくこともシステムエンジニアの大きな役割となっていくでしょう。

システムエンジニアの勤務先の種類

代表的な勤務先はSIer

システムエンジニアの代表的な勤務先となるのは、SIer(システムインテグレータ)系の企業です。

SIerとは、システムの企画・立案設計、開発、保守・管理などを総合的に行う企業のことを指し、大手のSIerとしては「NTTデータ」「日本ユニシス」「日立システムズ」などが例として挙げられます。

なおIT業界は建設業界のようにピラミッド構造の業界となっており、大手SIerが1次請けのポジションとなり、「上流工程」を担当することが多いです。

中小SIerの場合は、2次請け、3次請けとなり、「中流工程」や「下流工程」を担当することが多いです。

とはいえ、中小SIerが1次請けとなるケースや、上流工程を担当するケースももちろんありますので一概にはいえない部分もあります。

社外SEと社内SE

「社外SE」は、お客さま先のオフィスや外部のプロジェクトルームに「常駐」するタイプのシステムエンジニアです。

一方「社内SE」は、一般的なサラリーマンのように、自分の会社内でシステム開発などの仕事を行うシステムエンジニアです。

社外SE、社内SEどちらを選ぶかで、同じシステムエンジニアでも働き方が大きく変わってくるため、双方の特性を理解した上で選ぶことをおすすめします。

システムエンジニアの職場や仕事にはどんな種類がある?

システムエンジニアの仕事の流れ

システム開発の全体的なサイクルとしては、要件定義→基本設計→詳細設計→構築→運用・保守の順に、フェーズを区切って進めていきます。

大規模な開発プロジェクトであれば、1つのフェーズに1年以上を要すこともあります。

ただ、一人のエンジニアが初めから最後まですべてのフェーズに携わるということは少ないです。

たとえば「基本設計のフェーズのみ1年ほど参加、1年後は後任のエンジニアに引継ぎ別の案件に移動」といったような働き方をするケースも多いです。

フェーズが変わる際や、4月や9月などの人事異動の時期に、定期的に体制が見直されることもあります。

システムエンジニアと関連した職業

システムエンジニアと各種ITエンジニアの違い

IT業界では、システムエンジニアの他にも、以下のようなITエンジニア職が存在します。

<システムエンジニア以外のITエンジニア職>
・サーバーエンジニア(主にサーバーやOS周りを担当)
・インフラエンジニア(主にソフトウェアやミドルウェア周りを担当)
・ネットワークエンジニア(主にネットワークや通信環境を担当)
・データベースエンジニア(主にデータベースやバックアップなどを担当)
など

これらは担当分野で細分化し各々の呼び名が付けられていますが、広義の意味ではシステムエンジニアに含まれてきます。

たとえば、ネットワークや通信環境を得意とするエンジニアを「ネットワークエンジニア」と呼ぶことがありますが、ネットワークも大きくみればシステムの一部となるため、ネットワークエンジニアをシステムエンジニアと呼ぶこともあります。

ITエンジニアの仕事
インフラエンジニアの仕事
ネットワークエンジニアの仕事
データベースエンジニアの仕事

システムエンジニアとプログラマーの違い

「プログラマー」は、ITシステムの一部となるプログラム部分をメインで担当する職業です。

対して「システムエンジニア」は、それらのプログラムを載せることになるITシステムという土台を考え作り上げていく職業です。

大きくみればどちらの職業もITシステムを作っていることには変わりはなく、システムエンジニアとプログラマー連携して仕事を進めることもあります。

ただし、プログラム設計やプログラミング作業は、基本的にはプログラマーの仕事です。

システムエンジニアは、「このシステムにはどのようなプログラムが必要か」「どの部分をプログラム化すべきか」といったような視点でプログラムに関わっていくことになります。

プログラマーの仕事

システムエンジニアとハードウェアエンジニアの違い

パソコン、サーバー、ネットワーク機器などの電子製品を製造するエンジニアは「ハードウェアエンジニア」や「ハードウェア技術者」と呼ばれます。

ハードウェアエンジニアは、パソコンメーカーや電機メーカーで働いており、業界も異なってきます。

対して「システムエンジニア」は、パソコンやサーバーそのものを製造する仕事ではありません。

パソコンやサーバーを活用し、それらを束ねたITシステムを考案していく、「ソフトウェア」側の仕事となります。

システムエンジニアを目指すならプログラミングスクールも検討

IT業界やシステムエンジニアを目指すなら プログラミングスクールでスキルを高める ことも考えてみるとよいでしょう。

ITエンジニアの人材不足は慢性的で、今後も職に困ることは少ないといわれています。

また、ITエンジニアは他職種と比較しても給与は高い傾向にあり、テレワークの比率も高くなっています。

未経験採用をしている企業もありますが、 スクールでスキルを身につけておくと、就職・転職で有利になる 可能性もありますし、採用後もスムーズに仕事をはじめることができます。

ここではキャリア支援サポートもあるプログラミングスクールを2つ紹介します。

SAMURAI ENGENEER


公式サイトSAMURAI ENGINEER

SAMURAI ENGINEERの特徴

1.専属マンツーマンレッスンで最速最短でプログラミングを習得できる

2.スキルに合わせた完全オーダーメイドカリキュラムで学習効率アップ

3.採用時にアピールできる、完全オリジナル作品を開発できる

4.キャリアアドバイザーによる未経験からの転職支援サポートを受けられる

さらに、SAMURAI ENGINEERの人材紹介サービスを利用して転職成功した場合に、 受講料が無料になるコース も用意されています。

さまざまなコースがあるので、一度無料説明会で自身に合ったコースがあるか聞いてみるとよいでしょう。


tech boost


公式サイトtech_boost

tech boostの特徴

1.プロのカウンセラーが目標に応じた最適なプランを提案してくれる

2.現役エンジニアのメンターが学習を細かくサポート

3.運営会社がエンジニアに特化したキャリアサービスを展開しているので、エンジニア転職に強い

4.オンラインイベントなどで仲間ができる

渋谷のみとなりますが、通学プランも用意されています。

無料説明会では、プログラミングを学ぶメリットや受講イメージなどを詳しく教えてもらえます。


より柔軟にスキルをしっかりと学びたいなら「SAMURAI ENGINEER」、細かいサポートや転職実績を重視するのなら「tech boost」がおすすめ です。

講師との相性やカリキュラムなど、実際に話をしないとわからないことも多いので、少しでも興味があれば無料説明会に参加してみましょう。

公式サイトSAMURAI ENGINEER

公式サイトtech_boost