CADオペレーターの1日・生活スタイル

CADオペレーターになりたいと考えたとき、自分が望むライフスタイルに合った働き方ができるのか、1日の流れはどのようになるのか、気になる人は多いでしょう。

本記事では、CADオペレーターの業務スケジュールや勤務時間、休日の取り方などを紹介します。

CADオペレーターの業務スケジュール

CADオペレーターの1日の業務スケジュールは、雇用形態や職場の就業時間などによって変わってきます。

さまざまな雇用形態があり、フルタイム勤務から週3~4日ほど短時間のみなど、働き方も多様です。

会社勤務の正社員であっても、建築や機械メーカー、インテリア、アパレルなど、働く業界によって1日の業務スケジュールは異なります。

また、会社に所属するCADオペレーターのなかには在宅勤務をしている人もいます。

CADオペレーターの1日のスケジュールや生活スタイルは、どのような業界でどのような働き方をするかによって大きく変わってくるといえるでしょう。

職場によっては、CADオペレーターが電話応対や事務処理、雑務などを行う場合もありますが、「設計者との打ち合わせ→CAD操作→修正の繰り返し」の流れが1日の大半を占めます。

CADオペレーターの1日

正社員で働くCADオペレーターの1日

正社員で働くCADオペレーターは、知識と経験を培うことでより高度な仕事を任されるチャンスが巡ってきやすいのが特徴です。

ここで紹介するのは、正社員として勤務するとあるCADオペレーターの1日のスケジュールです。

9:00 出勤
パソコンを立ち上げて、設計者と今日の仕事について打ち合わせをします。
9:30 CAD操作
設計者の指示を受けて、CADを操作して図面を起こします。
12:00 昼食・休憩
社内の同僚と昼食をとりながら、午後の仕事に向けてリフレッシュをします。
13:00 CAD操作
午前中に始めた図面起こしの続きをします。
15:00 設計者に確認
CAD操作で図面が完成したら、出力して設計者に確認をお願いします。
15:30 CAD操作
できあがった図面の修正対応や、次の仕事の打ち合わせ、新しい図面を起こす作業などをします。
18:00 退社
納期に余裕があれば定時で退社しますが、納期直前は残業して作業を続けます。

派遣で働くCADオペレーターの1日

CADオペレーターのなかで最も多い雇用形態が派遣社員です。

契約更新を重ねて長期雇用されるのが一般的ですが、繁忙期のみ期間限定で雇用する短期派遣もあります。

ここで紹介するのは、派遣社員として働くとあるCADオペレーターの1日のスケジュールです。

8:00 出社
1日のタスクの確認とメールチェックをします。
10:00 CAD業務開始
上司や設計担当者の指示に従って、図面の修正箇所を修正します。
12:00 昼休み
部署の同僚や派遣社員の仲間とランチをとりながらリフレッシュします。
13:00 修正業務
午前の仕事の続きで図面の修正業務を行います。
16:00 来客対応・打ち合わせ
来客を会議室に案内したのち、設計者とともに打ち合わせに同席します。
17:00 修正業務
引き続き図面の修正業務を行います。
18:00 退社
今日1日の業務内容を上司や設計者に報告したのち退社します。

フリーランスで働くCADオペレーターの1日

フリーランスで働くCADオペレーターの特徴は、場所や時間に縛られず、納期に合わせた調整ができることです。

ここで紹介するのは、独立して2年目の在宅CADオペレーターのスケジュールです。

7:00 起床
起床したら洗濯機を回しながら朝食をとります。
9:00 洗濯
食事の後片づけをして一息ついたのち、洗濯物を干します。
10:00 仕事
メールチェックからはじめます。
12:00 昼食・休憩
自宅で昼食をとり、室内に掃除機をかけ簡単に拭き掃除をします。
14:00 仕事
クライアントからの電話連絡に対応しながら業務を進めます。
19:00 夕食
自宅で夕食をとり、夕食後はテレビを観ながらくつろぎます。
21:00 仕事
クライアントからの電話が少ない夜は、集中して仕事を行います。
23:00 就寝
入浴後に軽いストレッチをして、早めに布団に入ります。

CADオペレーターの勤務時間・休日

CADオペレーターの一日・生活スタイルのまとめ

CADオペレーターはさまざまな業界で活躍できる仕事であるため、その生活スタイルは人それぞれです。

基本的には設計者との打ち合わせ後にCADで図面を起こし、その後、必要に応じて修正を繰り返す、という流れが1日の大半を占めることになります。