CADオペレーターの一日・生活

CADオペレーターの業務スケジュール

CADオペレーターの1日の業務スケジュールは、雇用形態や職場の就業時間などによって変わってきます。

正社員、派遣社員、アルバイト・パート、在宅など、さまざまな働き方がありますし、フルタイム勤務から週3~4日ほど短時間のみ働くCADオペレーターもいます。

会社勤務の正社員であっても、建築業界や機械メーカー、インテリア、アパレルなど、働く業界によって1日の業務スケジュールは異なります。

また、会社に所属するCADオペレーターの中には、社内で行っていたCAD業務を自宅などで行う「在宅」という働き方もあります。

そのため、CADオペレーターの1日のスケジュールや生活スタイルは、どのような業界で、どのような働き方をするかによって大きく変わってくるといえるでしょう。

職場によっては、CADオペレーターが電話応対や事務処理、雑務などを行う場合もありますが、設計者との打ち合わせ→CAD操作→修正の繰り返しが1日の大半を占めます。

CADオペレーターの1日

正社員で働くCADオペレーターの1日

正社員で働くCADオペレーターの特徴は、業界についての知識と実績を重ねれば、設計に近い仕事を任されるなどキャリアアップのチャンスも期待できます。

ここでは、正社員として企業に勤めるCADオペレーターAさんの1日のスケジュールをご紹介します。

9:00 出勤

パソコンを立ち上げて、設計者と今日の仕事について打ち合わせをします。

9:30 CAD操作

設計者の指示を受けて、CADを操作して図面を起こします。

12:00 昼食・休憩

社内の同僚と昼食をとりながら、午後の仕事に向けてリフレッシュをします。

13:00 CAD操作

午前中の仕事の続きをします。

15:00 設計者に確認

CAD操作で図面が完成したら、出力して設計者に確認をお願いします。

15:30 CAD操作

できあがった図面の修正対応や、次の仕事の打ち合わせ、新しい図面を起こす作業などをします。

18:00 退社

納期に余裕があれば定時で退社しますが、納期直前は残業して作業を続けます。

派遣で働くCADオペレーターの1日

CADオペレーターの中で、最も雇用率が高いのが派遣社員です。

契約期間を更新しながら長期雇用される派遣が一般的ですが、繁忙期のみ期間限定で雇用する短期派遣は、未経験者や初心者でも採用されやすい特徴があります。

こちらは派遣社員として働くCADオペレーターBさんの1日のスケジュールをご紹介します。

8:00 出社

1日のタスクの確認とメールチェックを行います。

10:00 CAD業務開始

上司や設計担当者の指示に従って、図面の修正箇所を修正します。

12:00 昼休み

部署の同僚や派遣社員の仲間とランチをとりながらリフレッシュします。

13:00 修正業務

午前の仕事の続きで図面の修正業務を行います。

16:00 来客対応・打ち合わせ

来客を会議室に案内したのち、設計者とともに打ち合わせに同席します。

17:00 修正業務

引き続き図面の修正業務を行います。

18:00 退社

今日1日の業務内容を上司や設計者に報告したのち退社します。

フリーランスで働くCADオペレーターの1日

フリーランスで働くCADオペレーターの特徴は、主に自宅で作業ができるため、時間に拘束されることなく納期に合わせて時間調整ができることです。

こちらでは、CADオペレーターとして独立し、自宅で仕事を行うフリーランス2年目のCさんの1日のスケジュールをご紹介します。

7:00 起床

起床したら洗濯機を回しながら朝食をとります。

9:00 洗濯

食事の後片づけをして一息ついたのち、洗濯物を干します。

10:00 仕事

朝一の仕事はメールチェックからはじめ、CAD操作を行います。

12:00 昼食・休憩

自宅で昼食をとり、室内に掃除機をかけ簡単に拭き掃除をします。

14:00 仕事

クライアントからの電話連絡に対応しながらCAD業務を進めます。

19:00 夕食

自宅で夕食をとり、夕食後はテレビを観ながらくつろぎます。

21:00 仕事

クライアントからの電話が少ない夜は、集中して仕事を行います。

23:00 就寝

入浴後に軽いストレッチをして、早めに布団に入ります。

CADオペレーターの勤務時間・休日