このサイトはパソコンインストラクターを目指す人のための情報サイトです。

パソコンインストラクターとは?

パソコンインストラクターは、パソコンの操作方法および各種ソフトウェアの使い方を指導する仕事です。民間のパソコンスクールや大学、専門学校などに勤めて働く人が大半ですが、正社員だけでなく、アルバイト・パートといった非正規職員として採用される人も多いようです。平均年収は、正社員であれば300万円~400万円程度が相場といわれていますが、実績や指導経験などによってもだいぶ差が出てくるでしょう。年代問わずパソコンを利用する人が増えていると同時に、ソフトやプログラムの複雑化が進んでいる今、パソコンインストラクターの需要は高まっているといわれます。また、最近では企業内での講師など、活躍の場は以前よりも広がっているようです。

パソコンインストラクターの仕事内容

パソコンインストラクターは、パソコン自体の使い方や、専門的な各種ソフトの使い方を教える職業です。

パソコン自体の使い方を教える場合は、OSの基本的な動作や便利なショートカット、メール機能の設定・使用方法、インターネット閲覧の仕方などを教えます。

高度な内容になると、パソコン本体のハードウェアに関わる指導をすることもあります。

専門的なソフトの使い方を教える場合は、Office系ソフト、IllustratorやPhotoshop、Indesignなどのデザイン系ソフトなどの使用方法を、受講者のニーズに合わせて教えていきます。

受講者のレベルを考慮しながら教えることで、受講者が最終的にひとりでパソコンやソフトを使いこなせるように手助けをします。

パソコンインストラクターになるには・必要な資格は?

パソコンインストラクターになるために必須の学歴や資格はありません。

しかしパソコン自体の使い方を教えるのであれば、WindowsやMacのOSについて熟知している必要がありますし、各種アプリケーションソフトの使用方法の指導であれば、そのソフトを使いこなせることが前提条件となります。

専門分野の知識を証明し、就職に繋げるためには、資格の取得が近道でしょう。

そのためのソフトの使い方に関する資格認定試験が、さまざまな団体により主催されています。

また、MicrosoftOfficeの指導資格として、Microsoftが公式認定しているMicrosoft Office Specialist(MOS)は、Officeソフトの指導者を目指す場合、取得していると就職に有利になるでしょう。

パソコンインストラクターに向いている人

パソコインインストラクターは指導者であり、接客業でもあります。そのため人当たりのよさ、丁寧な指導態度が求められます。

生徒の年齢層は、大学生から高齢者まで多岐に渡ります。どんな年代の生徒とも打ち解けて指導ができるコミュニケーション能力が重要になるでしょう。

また、教えたことを生徒が一度で理解できたり、機能を使いこなせるようになるとは限りません。繰り返し同じことを笑顔で教える忍耐力も必要とされます。

そして何より、何かを教え、生徒の進歩を見ることにやりがいを覚える人が、パソコンインストラクターに向いているといえます。

パソコンインストラクターの就職状況・雇用形態

パソコンインストラクターの就職状況としては、パソコンスクールの講師のほか、大学や専門学校で情報関連講座や資格対策講座の講師を勤めるケースもあります。

パソコンスクール講師の雇用形態は、正社員とアルバイト・パートの非正規職員が多い状況です。

正社員の場合は教室責任者候補として入職し、最終的には担当教室で他講師のマネジメントをする立場となります。

アルバイト・パートとして入職した場合は、いち講師として生徒の指導に当たります。

パソコンスクールの正社員は地域限定という雇用条件が多いため、転勤を希望せず正社員として働きたい人には好条件かもしれません。

大学や専門学校の非常勤講師として教えたり、その他自治体の市民講座などでインストラクターとして活動する場合は、身分的にはフリーランスとなります。

パソコンインストラクターの給料・年収・待遇

パソコンインストラクターの給料は、正社員の場合は20万円〜30万円の間で、経験や能力に応じて変動します。年収としては、300万円〜400万円ほどが平均額といえそうです。

アルバイト・パートの場合は時給制が基本です。勤務地域の最低賃金基準により時給額が変動します。おおむね900円〜1500円が平均的な時給のようです。

フリーランスのインストラクターの年収は、どれくらいの仕事量をこなすかで、大きく違いが出てくるでしょう。

パソコンスクールの正社員インストラクターになれば、勤務先規定に応じて各種保険加入や、手当支給の対象となります。

アルバイト・パートの場合でも、勤務時間が一定数を超える場合は各種保険加入の対象となります。

パソコンインストラクターの生活・勤務時間・休日

パソコンスクールの正社員・フルタイムアルバイト・パートのパソコンインストラクターの場合は、開講時間の中で7〜8時間ほどのシフト勤務となる場合が多いようです。

さまざまな年代や属性の人が通えるように、朝から夜まで開講していることが多いためです。

週休2日の雇用条件が一般的ですが、同様の理由で土日祝日も開講しているスクールが多いため、休日は休講日である平日1日と、その他1日となります。

フルタイムでないインストラクターの場合は、都合のつく時間帯に合わせて短時間勤務となります。フリーランスも同様に、自身でスケジュールを組んで仕事をします。

パソコンインストラクターの現状と将来性

パソコンが高機能になり、ソフトやプログラムの複雑化が進んでいる現状から、パソコンインストラクターのニーズは高まっています。

パソコンスクールだけではなく、企業内でパソコン操作やソフト・プログラムの使用方法を教えるポジションへの需要も増えてきています。

また、高齢者人口が増えていくに従って、高齢者目線で分かりやすく指導できるインストラクターは重宝されるようになるでしょう。

ソフトウェアに関しては、常にバージョンがアップグレードされていますし、新しいソフトウェアが登場すれば、それについての指導ができるインストラクターが求められるでしょう。

パソコンインストラクターは、現状のスキルだけではなく、日々新しい知識に追いつき、指導手腕を磨いていく必要のある職業といえます。