CADオペレーターは副業・在宅でも働ける?

CADオペレーターの副業・在宅での働き方・仕事内容

副業とは、広い意味でいえば、本業を持っている人が何らかの方法で収入を得るために働くことです。

副業には法的には明確な定義などはありませんが、会社員などが本業の給料を補填するために収入を得る、というダブルワークも副業に含まれます。

例えば、平日は会社員として勤務し、週末のみ在宅でCADオペレーターの仕事を行ったり、空いた時間にCADオペレーターの仕事を請け負うなど、さまざまな働き方があります。

ただし、公務員の場合は、国家公務員法、地方公務員法の規定によって副業は禁止されています。

会社員でも副業を禁止している企業もあります。

特にCADオペレーターの場合は、ものづくりの現場に関わることも多いため、新商品を開発する同業種での副業ができない場合もあります。

会社の就業規則をしっかりと確認してから副業を検討した方がよいでしょう。

ただし、近年になり政府が「働き方改革」を推進する意向を示し、会社員の副業、ダブルワークを容認する企業も増えているようです。

そうした中で、在宅で副業を行うCADオペレーターとしての働き方が注目されています。

副業・在宅のCADオペレーターとして働くには?

副業で在宅勤務のCADオペレーターとして働くには、CADの技術と実績を積んでいることが前提となります。

副業でCADオペレーターの仕事を探すためには、主に2つのルートがあります。

クラウドソーシングサイトを活用する

在宅ワーカーの新しい働き方として注目されているのがクラウドソーシングです。

クラウドソーシングとは、発注者がWEB上で不特定多数の人に募集をかけ、採用者に業務を依頼するサービスです。

発注者(クライアント)と受注者(ワーカー)のマッチングサービスを行うクラウドソーシングサイトは、国内には現在20サイトほど存在しています。

特に建築設計、CAD、パース作成などの求人は、設計経験のある人を求める傾向にあるようです。

CADのスキルと実績を持ち、在宅で案件をこなしながらスキルアップを目指したい人は、ぜひ活用してみてはいかがでしょう。

ただし、現状ではクラウドソーシングでCADオペレーターの求人は少ないといえます。

求人サイトを活用する

CADオペレーターを募集する求人サイトには、「在宅勤務で週3日以内OK」「在宅でできる分だけお願いします」などといった副業・在宅ワーカー向けの求人もあります。

または、「週2~3日」「時短でのお仕事」など、派遣社員で時短勤務、さらに在宅ワークも相談可能な案件が掲載されていることもあります。

また、「一定のスキルや経験を認められれば、在宅勤務可能」などといった柔和な条件の求人もあります。

CADやエンジニアに強い求人サイトで検索すれば、こうした副業向けの求人はクラウドソーシングより数が多いことが分かります。

副業のCADオペレーターのメリット・デメリット

副業のメリットとは?

副業でCADオペレーターとして働く大きな魅力は、1日の業務スケジュールを自分で調整できることでしょう。

また、通勤時間がかかることもなく、始業、終業時間に拘束されることもないため、自分の都合やプライベートと両立しやすい点などが大きなメリットといえます。

パソコンとマウス、CADソフト、インターネットに接続できる環境さえあれば、自宅に限らずどこでも作業ができることも魅力です。

最近では図書館でもパソコンが使用できるワークスペースがありますし、電源と無料Wi-Fiが設置されるカフェも豊富にあります。

仕事帰りにカフェでお茶を飲みながら作業を進めることができるのも、副業ワーカーの醍醐味といえます。

副業のデメリットとは?

CADオペレーターとして副業をするには、CADのスキルと実務経験が求められることになります。

しかし、CADのスキルや実績があっても、どこで仕事を探せばよいのか分からないですし、一番の難題となるのが、副業向けのCADオペレーターの求人自体が少ないことでしょう。

実際に求人情報を見てみると、会社の一つの制度として在宅勤務を認めているようなケースが多いようです。

また、企業が求めるCADソフトと、自分が経験したCADソフトが一致するかどうか、副業の仕事が見つかったとしても、継続していけるかどうかが問題です。

副業のCADオペレーターの給料・年収

在宅で働くCADオペレーターの平均収入は、およそ300~400万円程度だといわれています。

ただし、この金額は在宅でフリーランスとして働くCADオペレーターの年収相場です。

副業のCADオペレーターの収入は時給制で1000~1200円程度が目安といえます。

いくつかの求人情報を見てみると、「CAD利用技術者試験有資格者」を求める求人や、「AutoCAD作図経験必須」とされる求人もあります。

これらの条件を満たせば、週2~3日×時短勤務、在宅か出社の選択ができ、時給2000円以上という高待遇の仕事に応募することも可能です。

副業で働くには、スキルを証明するための実績と、資格を持っていた方が採用されやすいですし、高収入を得るチャンスも期待できます。

副業のCADオペレーターとは、そもそも会社員の収入を補填するためのものではないようです。

キャリアアップを目指して、独立することを目標にしている人が副業をステップにして在宅の仕事に取り組むと良いかもしれません。