Webエンジニアの仕事内容

Webアプリケーションの開発を行う技術者

Webエンジニアとは、インターネット(Web)などのネットワーク上で動く「Webアプリケーション」を開発する技術者のことをいいます。

「Webアプリケーション」といってもピンとこない人もいるかもしれませんが、たとえば、いまや多くの人が日常的に使っているSNSのほか、ネット上で買い物をするためのECサイト、スプレッドシートのようなソフトウェアなど、Web上で動くソフトウェアやアプリケーションは多岐にわたります。

それらを設計・開発し、実際にきちんと動くように運用や保守・管理を行っていくのがWebエンジニアの役目です。

Webエンジニアの種類

Webエンジニアは、大きく「フロントエンドエンジニア」と「サーバサイド(バックエンド)エンジニア」に分けることができます。

フロントエンドエンジニアは、Webサイトの画面や、入力画面など、ユーザーの目に触れる画面を作っていくエンジニアです。

一方、サーバサイドエンジニアは、ユーザーから送信された情報を受け取ってデータベースに情報を登録するなど、目に見えない裏側の処理を行っていくエンジニアです。

ただし、Webエンジニアとして働く場合、上記それぞれの仕事を分業するのではなく、全般的に携わることもよくあります。

Webプログラマーとの違いは?

Webエンジニアとよく似た職種に、「Webプログラマー」があります。

Webプログラマーの仕事内容

両者の違いについてはさまざまな考え方がありますが、一般的に、WebエンジニアはWebアプリケーションをはじめとする多様なWeb開発の技術者として、設計からプログラミング、テスト、運用・保守まで幅広く携わります。

一方、Webプログラマーは、エンジニアがつくった設計書を基に、プログラミングを行うことがメインの業務となります。

Webエンジニアのほうが業務範囲が広く、Webエンジニアの中にプログラマーとして働く人もいるという風に考えておけばよいでしょう。

ただし、現場によっては「Webエンジニア」や「Webプログラマー」という職名が、まったく同じような意味で使われていることもあります。

就職や転職を考える際には、各職場での実際の仕事内容をよく確認してみるとよいでしょう。