このサイトはITエンジニアを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「ITエンジニア」

仕事内容
ITエンジニアとは、一般に、「プログラマー」「システムエンジニア(SE)」「Webエンジニア」「ネットワークエンジニア」など「ITに関わる技術者全般」のことを指しています。プログラミング言語を駆使してシステムを開発したり、安全なネットワークを構築したり、クライアントの課題をIT技術でどのように解決できるかを考えたりと、それぞれが専門知識を生かして活躍します。プロジェクトチームは複数のエンジニアで構成され、それぞれ違う強みや得意分野を発揮してゴールを目指していくことが一般的です。
なるには
ITエンジニアは、職種によって求められるスキルや知識が多少変わってくるため、まずはどのような仕事をしたいのか考えることが大切です。いずれのエンジニアになるにしても「技術力」は必須であり、大学の情報系学部やIT系の専門学校でプログラミング技術などを学び、就職する道が一般的です。民間のプログラミングスクールや独学で学ぶこともできます。ただし、専門知識や技術を持たない人を採用する企業もあり、未経験で仕事をスタートしてからスキルを身につけることも可能です。
給料
ITエンジニアの平均年収は400万円~600万円程度とされていますが、会社の規模や職種、経験、年齢、スキルレベルによってもだいぶ差が出ます。若手プログラマーであれば年収300万円程度にとどまることもありますが、経験を積んだシステムエンジニアやプロジェクトマネージャーになると、年収500万円以上を得る人も増えてきます。フリーランスで働く人も多く、技術力を高め、成功すればさらに大きな収入を得ることが可能です。
将来性
ITエンジニアの人材不足は深刻な状態であり、これからITエンジニアを目指す人にとっては追い風の状態にあるといえます。「ビッグデータ」「AI」「IoT」といった、新しいITの技術やサービスが続々と登場する今では、とくに先端のIT技術を扱える人材が求められています。ITのさらなる高度化、多様化が進むなかでは、ただ言われた仕事を確実にこなすだけではなく、自ら課題を見つけ、解決策を導き出し、提案できる力を持つITエンジニアが強く求められていくでしょう。