「ITエンジニア」の仕事とは

ITエンジニアの仕事内容

企業のシステムやWebアプリを開発

ITエンジニアとは、「ITに関わる技術者全般」を指す職業です。

代表的な職種に、「プログラマー」「システムエンジニア(SE)」「Webエンジニア」「ネットワークエンジニア」などがあります。

おもな業務は、企業や官公庁で使用するシステムやWebアプリケーション、コンピューターネットワークを開発することです。

開発プロジェクトは複数のエンジニアで構成され、それぞれの専門分野に基づき役割分担を行います。

プログラマーなどはプログラミング言語の習得が不可欠ですが、システムエンジニアは必ずしもプログラミングスキルが必須というわけではありません。

コミュニケーション能力やマネジメント能力が求められるため、文系出身のシステムエンジニアもいます。

ITエンジニアの就職先・活躍の場

就職先はシステムインテグレータが多い

ITエンジニアの就職先でいちばん多いのが、システムインテグレータ(SIer)と呼ばれる開発関連の会社です。

クライアントの要望をもとに、自社だけでなく発注元の会社に常駐して作業することもあります。

近年はほとんどの業種でITを活用しているため、社内にシステム専門の部署を設けて開発を行う会社も増えてきました。

人脈を広げたり高度なスキルを身につけて、フリーランスとして活躍している人もいます。

ITエンジニア1日

遅い時間まで残業することも

ITエンジニアの1日は、働く会社や職種などによってさまざまです。

自社で開発業務やクライアント対応、ミーティングなどを行う人もいれば、発注元に常駐して作業する人もいます。

基本的には平日勤務のフレックスタイム制で、朝はゆっくり出社する人が多いようです。

業務が立て込んだり納期が迫っているときは、遅い時間まで残業することもあります。

ITエンジニアになるには

職種に応じた専門知識があればベター

ITエンジニアは職種によって必要なスキルが異なるため、どんな仕事をやりたいのかをはっきりさせることが重要です。

プログラマーやWebエンジニアにはプログラミング言語が必須で、大学の情報系学部やIT系の専門学校の出身者が中心となります。

未経験の場合は、プログラミングスクールで学んだり、独学で習得することも可能です。

研修制度や指導体制を整え、専門知識がない人を採用する企業も増えています。

ITエンジニアの学校・学費

情報系学部やIT系の専門学校が有利

ITエンジニアを目指す人は、大学の情報系学部やIT系の専門学校の出身者が多いです。

大学の場合は学校によって80万から160万ほど、専門学校は120万前後の初年度納入金がかかります。

プログラミングスクールに通うなら、2ヶ月で15万程度の費用をみておくとよいでしょう。

Web上の教材を使うなどして、独学で知識を身につけることも可能で、ほかの方法よりコストを抑えることができます。

ITエンジニアの資格・試験の難易度

基本情報技術者・応用情報技術者が人気

ITエンジニアに資格は必須ではありませんが、スキルを客観的に示すことができるため、取得を目指す人も少なくありません。

ITエンジニアに人気のある資格には、「基本情報技術者」「応用情報技術者」などがあります。

基本情報技術者試験はITに関する幅広い知識を問われるもので、合格率は25%前後です。

応用情報技術者は基本情報技術者の上位資格で、合格率は20%前後となっています。

ITエンジニアの給料・年収

職種・スキルなどによって大きな開きが

ITエンジニアの平均年収は、400万円から600万円程度といわれています。

金額は職種や会社の規模、年齢・スキルなどによって異なり、若手エンジニアのなかには年収300万円に満たない人もいます。

しかし、経験を積んでプロジェクトマネージャーなどの責任者になれば、年収1000万円を超えることもあるでしょう。

さらなる知識を身につけてフリーランスとなり、大きな収入を得ている人もいます。

ITエンジニアのやりがい、楽しさ

人の負担を軽減し、喜んでもらえる仕事

ITエンジニアの仕事の基本は、「面倒な作業を簡単にすること」です。

その結果クライアントに喜んでもらえたり、自分が携わったシステムが世に出れば、大きな達成感が得られるでしょう。

最先端の知識や技術が必要な専門職であり、誰にでもできる仕事ではないということも、やりがいにつながります。

IT業界の急速な変化についていくのは簡単ではありませんが、つねに新しいことを吸収できる環境はいつも新鮮です。

ITエンジニアのつらいこと、大変なこと

予算不足などを原因とする残業がある

ITエンジニアは、他社との競争に勝つため、厳しい条件で仕事をしなければならないこともあります。

たとえば、予算が少なく人員が確保できなかったり、納期に無理があったりということもあります。

「ITエンジニアはきつい仕事」とよくいわれるのは、こういった状況により残業が増えるためです。

また、変化の激しいIT業界では、つねに最先端の知識や技術を身につけておく必要もあります。

ITエンジニアに向いている人・適性

問題解決や、人と話すことが好きな人

ITエンジニアは、IT技術を用いてさまざまな問題解決を行う仕事です。

「問題を把握し、対応を考え、必要な技術を駆使して解決する」という流れを楽しめる人は、ITエンジニアに向いています。

つねに最先端の知識が必要なため、新しいことへの興味が強い人も、ITエンジニアの適性があるといえるでしょう。

クライアントやプロジェクトメンバーと話し合う機会も多く、コミュニケーション能力が高い人にもぴったりです。

ITエンジニア志望動機・目指すきっかけ

勢いのある業界で、世の中を便利に

ITエンジニアを目指す人の志望動機には、「最新技術で世の中を便利にしたい」「ものづくりの仕事がしたい」といった理由が目立ちます。

勢いのある業界で求人も増えていて、就職しやすいからと狙いをつけた人も少なくありません。

異業種や未経験者の採用を積極的に行う会社も多く、転職先としても注目されています。

社内研修などの教育制度も充実しており、専門知識が身につくことも人気のポイントです。

ITエンジニアの雇用形態・働き方

約8割が正社員の、安定した仕事

ITエンジニアの過半数はシステムインテグレータのようなIT企業の社員か、自社のシステム開発を行う社員として勤務しています。

全体の約8割が正社員といわれており、正規雇用中心の安定した職業です。

しかし、今後は派遣社員のITエンジニアが増えるとの予想もあります。

近年はフリーランスのITエンジニアも多く、働き方はさらに多様となっていくでしょう。

ITエンジニアの勤務時間・休日・生活

納期前は、残業や休日出勤が増えがち

ITエンジニアの勤務時間は、平日の9:00~18:00前後が多いです。

ネットワークエンジニアのようにインフラを監視する業務の場合は、シフト制や夜勤となることもあります。

納期が迫ってくると、連日残業を行うケースもあり、休日出勤も決してめずらしくはありません。

発注元に常駐していて、ほとんど自社には立ち寄らないという人もいます。

ITエンジニアの求人・就職状況・需要

新卒採用も多い「売り手市場」

ITエンジニアの求人は、他業種と比べて多い状況が続いていて、「売り手市場」といわれています。

たくさんの企業が新卒採用を実施しており、専門外の大学を出た人や未経験の人でも、積極的に採用している企業が多数です。

もちろん、専門の知識を身につけ、資格などを取得しておけば、より有利となるでしょう。

需要の高まりから、ITエンジニア専門の就職情報サイトや、就活支援サービスも登場しています。

ITエンジニアの転職状況・未経験採用

若手なら、転職・未経験とも活発

現状、ITエンジニアは人手不足となっており、転職者への求人は活発です。

経験者であればより需要は高く、スキルによっては収入アップも期待できます。

未経験でも、若手であれば積極的に採用を行い、社内研修などで一から丁寧に指導する会社もめずらしくありません。

ただし、即戦力が要求される30代以降では、未経験者の転職は厳しくなるでしょう。

ITエンジニアの現状と将来性・今後の見通し

需要は大きく、職種も拡大傾向

ITエンジニアの人材不足は深刻で、今後もこの状況が続いていくと考えられます。

そのため、これからITエンジニアを目指す人にとっては追い風の状態といえるでしょう。

「働き方改革」が進み、過酷といわれた労働環境にも改善の兆しが見えてきました。

AIやクラウドをはじめとする新しい技術の登場で、「AIエンジニア」「クラウドエンジニア」のように職種も増えてきています。