このサイトはWebデザイナーを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「Webデザイナー」

仕事内容
Webデザイナーは、Webサイトをデザインする仕事です。見栄えの良さだけを追求するのではなく、Webサイトの目的やコンセプトに合うと同時に、ユーザーにとって使いやすく、ユーザーが意図したとおりに行動してくれるようなデザインを作成することが求められます。現場では、他の業務を担当するスタッフとチームを組んで動くのが一般的であり、ディレクターが作成した設計書に沿った形で、他のスタッフとも連携をとりながらデザイン作業を進めていきます。
なるには
Webデザイナーになるのに決まった道はありませんが、Web制作会社に就職し、そこで経験を積みステップアップしていく流れが一般的です。学歴や資格はとくに求められないものの、基礎的な知識やスキルは必要とされることが多いため、Web系の専門学校や大学の情報系学部などで学んでから就職を目指す人もいます。ただし、Webデザインの勉強はある程度独学でもできるため、熱意やデザインセンスがあれば、未経験で採用される可能性はゼロではありません。
給料
Webデザイナーの平均年収は年収は300万円〜400万円くらいとされています。Webデザイン会社は中小規模の企業が多いため、そこまで高額な収入は望みにくいようです。ただし、一人のデザイナーとしての実力が認められたリ、WebディレクターやWebプロデューサーとしての役割もこなせるようになると、さらに収入を上げていくことは可能です。ある程度の経験を積むと独立する人も多く、事業が軌道にのれば会社員時代よりたくさん稼ぐことも夢ではありません。
将来性
インターネット上で提供されるサービスが増え、多様化していく現代において、Webクリエーションに関わる人数は年々増加傾向にあるといわれています。Webデザイナーは専門的な知識・スキルが求められる職業ではあるものの、業界自体の変化が速いことから、経験以上に常に新しい発想ができる人が求められているようです。与えられたもの、ありきたりのものしか作れないような人では、この世界で生き残ることや大きく活躍することは難しいと考えておいたほうがよいでしょう。

仕事体験談