WebディレクターとWebデザイナーの違い

Webディレクター・Webデザイナーの仕事内容の違い

WebディレクターとWebデザイナーではその役割に大きな違いがあります。

Webディレクターは全体を管理する監督の役割で、Webディレクターはその指示を受けて実際に制作を行う役割です。

Webディレクターは制作のイメージや方向性を定め、全体がそこにマッチするように調整していくようにします(ディレクション)。

Webディレクターは顧客とコミュニケーションや、現場に必要な人員や予算の確保、スケジュール管理、作業上の指示・アドバイス、関係者への報告やそのための書類作成など制作全体を通して行います。

Webデザイナーはディレクションを受けて、フレームワークやデザインカンプの作成、素材・パーツ作り、時にはコーダーとしても作業します。

Webデザイナーはあくまでデザイン面を中心にした作業担当者であり、Webディレクターよりも仕事の範囲は小さいのが一般的です。

Webデザイナーの仕事

Webディレクター・Webデザイナーになる方法の違い

Webデザイナーから、制作の中で関わる範囲を広げてWebディレクターになる人は比較的多いです。

WebデザイナーもWebディレクターも特別な資格や経験は必要ありません。

しかし、制作全体の流れや、制作現場を理解する必要があることから現場の経験者がディレクターになることが多いです。

逆に待遇面や業務範囲の違いから、WebディレクターからWebデザイナーに戻るケースは少ないです。

制作未経験でもWebディレクターやWebデザイナーになれますが、現場ではスキルの有無がすぐにわかるため、実力と実績を蓄えてこそ、一人前として認められます。

Webディレクター・Webデザイナーのスキルの違い

どちらも必須資格はありませんが、スキルが求められる仕事です。

しかし、同じWeb系の仕事でもスキルの方向性がまったく違います。

Webディレクターでは、以下のようなスキルが求められます。

・web全般の知識
・マーケティング
・プロモーション
・コミュニケーション
・プレゼンテーション
・プロジェクトマネジメント
・サービスマネジメント

Webデザイナーには、以下のようなスキルが求められます。

・HTML、CSS、JavaScriptなどのWeb知識
・PhotoshopやIllustratorなどのデザインソフトの操作
・Webデザインに関する知識
・ボタン、バナーのデザイン知識
・UI、UXに関する知識

WebディレクターとWebデザイナーの学校・学費の違い

WebディレクターやWebデザイナーを目指す上で学歴は必要ありませんが、Web系の専門スクールや通信教育で学ぶ人も多くなっています。

スクールでのWebディレクターのコースはさまざまで、相場としては半年ほどのカリキュラムで40万円ほど、通信教育ではその半分程度です。

Webデザイナー向けのスクールや通信教育はディレクター以上に多く、オンライン・オフラインを問わず、半年ほどのカリキュラムで40万円ほどが相場です。

スクールや通信教育は必須ではありませんが、初心者や特定の資格取得を目指す人、基礎から体系立てて学びたいという人は活用するとよいでしょう。

WebディレクターとWebデザイナーの給料・待遇の違い

WebディレクターはWebデザイナーよりも責任が重く、業務で関わる範囲も広くなるため、その給料は高めに設定されています。

正確な統計はありませんが、人材サービスなどではWebデザイナーの年収は300~400万円ほどが平均とされ、年代が低いと少なく、年代が高くなると収入も多くなる傾向があります。

Webディレクターは平均年収は400万円前後と考えられており、基本的に年齢が高くなるほど給料も高くなりますが、Webデザイナーと比較すると会社規模が大きく影響しています。

WebディレクターとWebデザイナーでは、Webディレクターの方が正社員としての採用も多く待遇としても良い場合が多いです。

WebディレクターとWebデザイナーはどっちがおすすめ?

Webデザイナーは仕事ではWebディレクターの指揮下に入りますが、互いに専門職で、両者の関係は上下関係というよりはパートナー関係だといえます。

コミュニケーションやマネジメントに強みがある人であれば、Webディレクターが向いています。

Webディレクターは、求められるスキルが多く常に学習が必要なことから、プライベートを充実させたいタイプの人にはやや難しいかもしれません。

自分で手を動かして作品を作ることが好きというタイプの人は、Webデザイナー向きの人だといえます。

Webデザイナーはスキルが確立されてしまえばセンスを磨きながらさまざまな現場で働くことができます。

そのため、ワークライフバランスを重視する人にはWebディレクターよりも働きやすいでしょう。

Webディレクターを目指すならプログラミングスクールも検討

IT業界やWebディレクターを目指すなら プログラミングスクールでスキルを高める ことも考えてみるとよいでしょう。

ITエンジニアの人材不足は慢性的で、今後も職に困ることは少ないといわれています。

また、ITエンジニアは他職種と比較しても給与は高い傾向にあり、テレワークの比率も高くなっています。

未経験採用をしている企業もありますが、 スクールでスキルを身につけておくと、就職・転職で有利になる 可能性もありますし、採用後もスムーズに仕事をはじめることができます。

ここではキャリア支援サポートもあるプログラミングスクールを2つ紹介します。

SAMURAI ENGENEER


公式サイトSAMURAI ENGINEER

SAMURAI ENGINEERの特徴

1.専属マンツーマンレッスンで最速最短でプログラミングを習得できる

2.スキルに合わせた完全オーダーメイドカリキュラムで学習効率アップ

3.採用時にアピールできる、完全オリジナル作品を開発できる

4.キャリアアドバイザーによる未経験からの転職支援サポートを受けられる

さらに、SAMURAI ENGINEERの人材紹介サービスを利用して転職成功した場合に、 受講料が無料になるコース も用意されています。

さまざまなコースがあるので、一度無料説明会で自身に合ったコースがあるか聞いてみるとよいでしょう。


tech boost


公式サイトtech_boost

tech boostの特徴

1.プロのカウンセラーが目標に応じた最適なプランを提案してくれる

2.現役エンジニアのメンターが学習を細かくサポート

3.運営会社がエンジニアに特化したキャリアサービスを展開しているので、エンジニア転職に強い

4.オンラインイベントなどで仲間ができる

渋谷のみとなりますが、通学プランも用意されています。

無料説明会では、プログラミングを学ぶメリットや受講イメージなどを詳しく教えてもらえます。


より柔軟にスキルをしっかりと学びたいなら「SAMURAI ENGINEER」、細かいサポートや転職実績を重視するのなら「tech boost」がおすすめ です。

講師との相性やカリキュラムなど、実際に話をしないとわからないことも多いので、少しでも興味があれば無料説明会に参加してみましょう。

公式サイトSAMURAI ENGINEER

公式サイトtech_boost