Webメディア企業社員として働くには(大学・学歴・学部)

Webメディア企業への就職

Webメディア企業社員として働くには、基本的に、各企業が実施する社員採用試験を受験する必要があります。

大手企業など新卒社員を定期的に採用している企業もあり、そこでは就職情報サイトや各社の採用ホームページなどで募集要項が掲載されています。

Webメディア企業の仕事は多岐にわたりますが、「総合職」として採用され、入社後に会社の状況や本人の希望・適性によって各職種に配属されるケースもあれば、最初から各職種での募集がかけられることもあります。

ただし、未経験者がいきなりWebプロデューサーWebディレクターといったような専門性が高く、全体を見る必要がある仕事に就くことは難しいため、まずはアシスタントという形で先輩社員の下で仕事を覚えていくのが一般的な流れです。

Webディレクターの仕事
Webプロデューサーの仕事

新卒採用の場合「大卒以上」の学歴が求められることが多いですが、なかには、熱意があればほぼ学歴不問で採用している企業も存在します。

小規模の企業も多くある

比較的歴史が新しく、スピード感があるインターネット業界全体にいえることですが、Webメディア企業のなかには社員数名だけで事業を営んでいるベンチャー企業も多数存在します。

そのような小規模の企業では、お金をかけて大々的な求人広告を出していないことがよくあり、人からの紹介で入社するといった事例が珍しくないようです。

この業界では人の入れ替わりは比較的激しく、新たな人手を欲している企業もたくさんあります。Web業界に関連する人脈を築いていると、そうした話をもらえることがあるかもしれません。

アルバイトからスタートすることも

Webメディア企業では、正社員だけではなく、契約社員やアルバイトなどの形で働く人もたくさんいるようです。

とくに未経験者の場合は必ずアルバイトからスタートということもありますが、経験を積んでスキルアップすれば社員になれる企業も多くあります。

Webメディア企業は数が多く、各社で採用方法や募集職種なども異なります。また、新しい企業が次々と出ては消えているのも事実です。

どのような会社で働きたいのかをよく考えて、最新の情報を集めてみるとよいでしょう。