ITエンジニアは副業・在宅でも働ける?

ITエンジニアの副業・在宅での働き方・仕事内容

ITエンジニアは副業や在宅での勤務も可能です。

副業の場合の業務は、負荷の少ない業務を請け負うことが多く、1人で完結できる規模の開発業務が多いです。

または、時間帯を指定してアルバイトのような形で現場に入って指示された作業を担当します。

在宅勤務の場合も開発業務が中心で、個人のスキルによって任される案件規模もさまざまです。

在宅勤務だとしても、月に数回は出社してのミーティングやテストなどを行う場合もあります。

どちらも比較的時間が自由になるため、結婚や転職を機に現場を離れたエンジニアが収入アップやスキルの維持のために行うケースも多いです。

副業・在宅のITエンジニアとして働くには?

副業や在宅のITエンジニアとして働くためには、資格などは必要ありません。

仕事を受注し、それをしっかり納品できればITエンジニアとして副業や在宅で働いていると言って差し支えありません。

ただし、ある程度の収入が継続的に期待できる場合は、開業届を出して個人事業主になっておいた方が税金面で有利になることが多いです。

仕事はクラウドサービスなどから探したり、知人などを通して紹介してもらうのが基本です。

契約上のトラブルも生じやすいため、エンジニア経験がないと難しいでしょう。

会社によっては副業は禁止されているため、事前に確認し許可をもらってから働きましょう。

副業のITエンジニアのメリット・デメリット

メリット

副業のITエンジニアのメリットは、主に収入増とスキルアップです。

スキル次第では本業よりも効率よく稼ぐことができ、普段は仕事で扱わない分野の仕事を請け負うこともできます。

また、副業を通して多くの人と仕事をして独自の人脈を作ることもできます。

そのため、将来独立するための準備として副業を始める人も多いです。

デメリット

副業のデメリットは仕事がハードになることです。

ITエンジニアは本業だけでも忙しいことが多く、副業まで加わると納期を守れなかったり、健康を崩してしまうことも少なくありません。

また、失業時にも失業とみなされず、失業保険がもらえないこともあるため注意が必要です。

副業のITエンジニアの給料・年収

副業のITエンジニアは、仕事内容やスキルによって収入は大きく変わります。

稼げる人であれば、開発案件で月に10万円程度は軽く稼ぎます。

自分でサービスを開発して運用し、広告収入などを得るような形なら、仕事の時間は短いですが収入も月に数千円から数万円ほどになることが多いでしょう。

本業の忙しさにもよりますが、週末の休日を使って月に3~5万円を目標に始める人が多いです。

しっかりした収入を目指すなら、自分のスキルや投入できる時間をよく考えて仕事を選ぶ必要があります。

なお、一定以上の収入になった場合には、税法上は事業所得とみなされ、開業届や税務処理のための書類提出、確定申告などが必要です。