このサイトはデータベースエンジニアを目指す人のための情報サイトです。

データベースエンジニアとは?

データベースエンジニアは、データベースの設計、開発、運用、管理などを行う仕事です。仕事内容によって、ソフトウェア系、ハードウェア系、保守系などの種類に分けることができますが、いずれもITシステムの根幹を支える重要な役目を担います。おもな就職先はSIerやIT関連企業ですが、フリーランスとして働く人もいます。ITエンジニアのなかでも専門的な知識と技術が要求されることから、一般的なプログラマーよりは給与水準がやや高めとなっており、実力をつけると年収1000万円以上を得ることもできるようです。データベースはシステムに必要不可欠であるにもかかわらず、エンジニアが足りていないといわれます。簡単な仕事ではありませんが、確かなスキルを身につけた人は多方面で活躍することができるでしょう。

データベースエンジニアの仕事内容

データベースエンジニアは、システムの根幹を支えるデータベースの設計、開発、運用、管理などを行うエンジニアを総称した職業です。

データベースエンジニアの仕事は、

・PostgreSQLやMySQLなど、各種データベース製品を使って開発を行うソフトウェア系のエンジニア
・サーバーの設定を変更してデータベースのチューニングをおこなうハード系のエンジニア
・管理運用を行う保守系のエンジニアに

分かれます。

いずれにしても、情報システムにデータベースは欠かすことのできない機能です。

データベースエンジニアは、そのデータベースに関わる重要な職業であるといえます。

データベースエンジニアになるには・必要な資格は?

データベースエンジニアになるために必須の資格はありません。

ただし、データベースの最適化を行ったり、保守管理を行ったりするには高度な専門知識が必要になるため、ある程度のデータベースにかかわる実務経験や知識が不可欠です。

設計や開発を行っていく場合は、プログラミングの知識も必要になります。

自分の知識や技術レベルを示すには、情報処理技術者試験の1つであるデータベーススペシャリストや、OracleMaster、MCPなどのデータベースに関連する資格が適しています。

他にも、基本情報技術者の資格なども、自分の知識を示すことができる資格のひとつです。

データベースエンジニアに向いている人

データベースはシステムの根幹を支えるため、他の機能に比べて失敗が許されない、正確性を求められるという特徴があります。

決して不整合を起こさない、ち密な設計を行う正確さ、冷静さを持ち合わせた人がデータベースエンジニアに向いているといえるでしょう。

また、何か問題が起こった場合に慌てずに対処する精神的な強さも必要になります。

最適化を行う場合は、最良の結果を求める探求心も重要です。

また、ITの分野は技術の進歩が目覚ましい分野でもあります。

現状に満足せず、常により良い技術を求めて、最新の情報をキャッチアップしていく好奇心の強さが要求されます。

データベースエンジニアの就職状況・雇用形態

データベースエンジニアとしての雇用形態は、システムインテグレーターやIT関連企業に勤める社員としての形態と、派遣やフリーランスとして働く形態があります。

どちらも業界としての需要は高く、求人情報も多く見つけることができます。

データベース製品の開発需要はOracleやMySQLが多いため、就職の際にはそれらの知識や開発経験の有無、持っている資格などが問われます。

データベースエンジニアの中途採用の場合は、とくにOracleMasterのブロンズやプラチナなどの資格を保有していると、有利に働くことがあります。

データベースエンジニアの給料・年収・待遇

データベースエンジニアの年収はおおよそ500万円~600万円程度の人が最も多いようです。

一般的なプログラマーなどのエンジニアに比べると、一割程度高い金額です。

高度な知識と技術が要求される専門職であるため、年収1000万円を超える人も少なからず存在します。

ある特定のデータベース製品のスペシャリストとして、さまざまな現場に関わり、高い報酬を得ている技術者もいます。

フリーランスや派遣で働く場合は、OracleMasterのプラチナを保有していると、報酬も待遇も良くなる傾向です。

ただし、プラチナは相当難易度の高い試験になるため、かなりの努力が必要になります。

データベースエンジニアの生活・勤務時間・休日

一般的な企業に勤める社員として働く場合は、基本的には平日の9時から17時といった、普通のサラリーマンと大きく違わない生活を送ることになります。

フレックス制を導入している企業の場合は、10時から19時といった、少し夜にずれた勤務時間になることもあります。

フリーランスで働く場合には、時間に制限がない分、夜型になってしまうなど、不規則な生活になってしまうこともあるようです。

また、開発現場は納期間近になると、どうしても作業量が増えてしまい、休日出勤を余儀なくされたり、残業や徹夜作業になるという場合もあります。

データベースはシステムの中で非常に重要な位置を占めるため、会社員であってもフリーランスであっても、何かトラブルがあった際には、解決するまで帰れないということもあります。

データベースエンジニアの現状と将来性

スキルの高いデータベースエンジニアは引く手あまたです。

フロント部分にあたるアプリの開発やインフラの構築にもデータベースは必須であるため、データベースの知識が豊富にあるということは大きな強みになります。

データベースはシステムに必要不可欠な部分であるにもかかわらず、高度な技術が必要になることから、エンジニアが足りていないというのが現状です。

今後もデータベースに関する知識を持ったエンジニアの需要は高い傾向が続くことが予想される、将来性のある挑戦しがいのある職業だといえます。