「データベースエンジニア」とは

IT関連企業で、データベースの設計、開発、運用、管理を担当するエンジニア。

データベースエンジニアは、データベースの設計、開発、運用、管理などを行う仕事です。

仕事内容によって、ソフトウェア系、ハードウェア系、保守系などの種類に分けることができますが、いずれもITシステムの根幹を支える重要な役目を担います。

おもな就職先はSIerやIT関連企業ですが、フリーランスとして働く人もいます。

ITエンジニアのなかでも専門的な知識と技術が要求されることから、一般的なプログラマーよりは給与水準がやや高めとなっており、実力をつけると年収1000万円以上を得ることもできるようです。

データベースはシステムに必要不可欠であるにもかかわらず、エンジニアが足りていないといわれます。

簡単な仕事ではありませんが、確かなスキルを身につけた人は多方面で活躍することができるでしょう。

「データベースエンジニア」の仕事紹介

データベースエンジニアの仕事内容

データ管理の専門家

顧客や販売情報システム、アクセス履歴など、今や多くの企業が膨大なデータを扱いながらビジネスを展開しています。

データベースエンジニアは、そうした情報を扱うシステムの根幹を支えるデータベースの設計、開発、運用、管理などを行うエンジニアの総称です。

具体的には、PostgreSQLやMySQLなど、各種データベース製品を使って開発を行うソフトウェア系のエンジニアや、サーバーの設定を変更してデータベースのチューニングをおこなうハード系のエンジニアがいます。

管理運用といった保守作業も仕事です。

いずれにしても、情報システムにデータベースは欠かすことのできない機能であり、データベースエンジニアは企業に欠かせない人材であるといえます。

データベースエンジニアの就職先・活躍の場

さまざまな業種で活躍できる

データベースエンジニアの求人を出している企業はIT企業を中心に少なくありません。

ECサイトなどさまざまなウェブサービスを運営する大手のIT企業などは当然ながら、膨大なデータが行きかう自社のシステムを支える優れたデータベースを必要としています。

こうした企業ではデータベースを運用、設計、構築するエンジニアを探しているところもあります。

IT企業以外でも、大手であれば自社のシステムを構築、運用する子会社を持っている企業も少なくありません。

また、データベースの構築などを請け負う企業もあります。

データベースエンジニア1日

業務は運用、設計、構築など幅広い

8:45 出社
メールやこの日のスケジュールを確認します。

9:00 定常業務
障害が発生していないか確認し、日々の定常業務にあたります。
社内外からの問い合わせにも対応します。

11:00 ミーティング
既存システムの運用上の問題点や、新規に構築するシステムの計画などが議題にあがります。

12:00 昼休み

13:00
問題が発生していない日は、書類作成やデータベースの設計、構築担当者との打ち合わせなどに当たります。

18:00 日報作成

18:30 退社

データベースエンジニアになるには

プログラマとして経験を積む

データベースの最適化を行ったり、保守管理を行ったりするには高度な専門知識が必要になるため、ある程度のデータベースにかかわる実務経験や知識が不可欠です。

設計や開発を行っていく場合は、プログラミングの知識も必要になります。

未経験からいきなりデータベースエンジニアとして採用されることはほぼありませんが、未経験のSE採用からスキルを積みデータベース関連に強くなっていくキャリアパスもあり得ます。

その際は文系出身者でも採用されることはあります。

データベースエンジニアの学校・学費

必須の学位はない

データベースエンジニアとなるために必須の学位というものはありませんが、情報系の学問を修めていると仕事の理解も早く、転職やキャリアアップに有利になるでしょう。

その場合、学費や入学金を合わせたトータルの在学費用は、情報系の専門学校が約300万円、国公立大学の理系が約500万円、私立は800万円近くが相場です。

ただ、文系からSEとして採用され、専門知識を身につけデータベースエンジニアになるというキャリアパスを描く人もいます。

また、データベースエンジニアに必要なスキルの一つであるプログラミングに関してはオンラインでも学べます。

データベースエンジニアの資格・試験の難易度

情報系の資格は豊富にある

データベースエンジニアに必須の資格というものはありません。

ただ、自分の知識や技術レベルを証明するには、OracleMaster、MCPなどのデータベースに関連する資格取得がおすすめです。

中でも経済産業省が認定する情報処理技術者試験はポピュラーです。

同試験のうち最高難易度のレベル4はさまざまな専門分野に分かれ、その中の一つにデータベーススペシャリスト試験があります。

他にも、基本情報技術者の資格なども、自分の知識を示すことができる資格のひとつです。

データベースエンジニアの給料・年収

比較的高い水準

データベースエンジニアの年収はおおよそ500万円~600万円程度の人が最も多いようです。

一般的なプログラマーなどのエンジニアに比べると、一割程度高い金額です。

高度な知識と技術が要求される専門職であるため、年収1000万円を超える人も少なからず存在します。

ある特定のデータベース製品のスペシャリストとして、さまざまな現場に関わり、高い報酬を得ている技術者もいます。

フリーランスや派遣で働く場合は、OracleMasterのプラチナを保有していると、報酬も待遇も良くなる傾向です。

データベースエンジニアのやりがい、楽しさ

貴重なIT人材

人手不足が叫ばれて久しいIT人材ですが、中でもデータ管理に欠かせないデータベースエンジニアは需要が高い人材です。

膨大なデータを扱うビジネスを支える縁の下の力持ち的なポジションで活躍できます。

最先端のテクノロジーにも触れることができ、日々スキルと自身の市場価値の高まりを実感することができるでしょう。

特に、テクノロジーに興味があり勉強が苦にならない人にはうってつけです。

また、データベースに詳しくなることで自身のスキルを他の分野へ発展させることもできます。

データベースエンジニアのつらいこと、大変なこと

ミスのプレッシャーは大きい

ビジネスに欠かせないデータを扱うデータベースを運用、設計、構築するのデータエンジニア。

もし構築したデータベースや日々の運用にミスがあれば、その企業のビジネスに大きな損害を与えてしまう可能性もあります。

ミスに対するプレッシャーは常にあり、ち密で丁寧な作業が求められます。

また、大きな障害などが発生した際には昼夜、休日を問わず対応に迫られます。

労働時間は企業にもよりますが、残業が増えてしまったり勤務が不規則になってしまうことはあり得ます。

データベースエンジニアに向いている人・適性

正確でち密かつ冷静な人

データベースはシステムの根幹を支えるため、他の機能に比べて失敗が許されない、正確性を求められるという特徴があります。

決して不整合を起こさない、ち密な設計を行う正確さ、冷静さを持ち合わせた人がデータベースエンジニアに向いているといえるでしょう。

また、何か問題が起こった場合に慌てずに対処する精神的な強さも必要になります。

最適化を行う場合は、最良の結果を求める探求心も重要です。

また、ITの分野は技術の進歩が目覚ましい分野でもあります。

現状に満足せず、常により良い技術を求めて、最新の情報をキャッチアップしていく好奇心の強さが要求されます。

データベースエンジニア志望動機・目指すきっかけ

専門領域を目指すなら

SEとして採用されスキルを伸ばした人が、社内の人事異動などでデータベースエンジニア周りに配置され、キャリアを始めるというのは珍しくありません。

その後、ITコンサルタントなどより上位工程に関わるような人材になりたいのであれば、魅力的なキャリアパスと言えるでしょう。

また、近年はビッグデータを言われる膨大なデータを分析し、得た知見をビジネスに生かそうとする流れもあります。

大学などでこうした領域を研究したエンジニアが、キャリアの一部にしようとデータベースエンジニアを目指すことも有益でしょう。

データベースエンジニアの雇用形態・働き方

正社員だけでなく派遣やフリーランスも

大手IT企業や大企業の関連会社に勤める生え抜きのデータベースエンジニアは、正社員として雇用されていることがほとんどでしょう。

それ以外にも、派遣会社に登録し、こうした会社にデータベースエンジニアとして派遣されるパターンやフリーランスもあり得ます。

その場合、よりよい条件で雇用されるには自分のスキルを明確する必要があります。

もちろん未経験でセールスエンジニアとして派遣会社から派遣されることはほとんどありませんので、そうした働き方をしたいのであればどこかの企業で実務経験を積む必要はあります。

データベースエンジニアの勤務時間・休日・生活

トラブルがなければ通常通り

一般的な企業に勤める社員として働く場合は、基本的には平日の9時から17時といった、普通のサラリーマンと大きく違わない生活を送ることになります。

フレックス制を導入している企業の場合は、10時から19時といった、少し夜にずれた勤務時間になることもあります。

また、開発現場は納期間近になると、どうしても作業量が増えてしまい、休日出勤を余儀なくされたり、残業や徹夜作業になるという場合もあります。

データベースはシステムの中で非常に重要な位置を占めるため、会社員であってもフリーランスであっても、何かトラブルがあった際には、解決するまで帰れないということもあります。

データベースエンジニアの求人・就職状況・需要

求人を見つけるのは難しくない

データベースエンジニアとしての雇用形態は、システムインテグレーターやIT関連企業に勤める社員としての形態と、派遣やフリーランスとして働く形態があります。

どちらも業界としての需要は高く、求人情報も多く見つけることができます。

データベース製品の開発需要はOracleやMySQLが多いため、就職の際にはそれらの知識や開発経験の有無、持っている資格などが問われます。

データベースエンジニアの中途採用の場合は、とくにOracleMasterのブロンズやプラチナなどの資格を保有していると、有利に働くことがあります。

データベースエンジニアの転職状況・未経験採用

需要は一定してある

いまや多くの企業がビジネスでデータベースを必要としています。

実務経験と確かな実力があれば、自社のシステムをみずから運用している大手企業が求人を出した際に応募してみるのもいいでしょう。

一方で、直接データベースエンジニアとしての経験がなくても他の領域で実績があれば、データベース構築などを請け負う企業に採用枠がある場合もあります。

その後のキャリアパスにつなげるのであれば挑戦してみるのもいいでしょう。

完全未経験となるといきなりデータベースエンジニアとして採用されることは難しいですが、新卒であればエンジニアとして採用されるチャンスもあります。

データベースエンジニアの現状と将来性・今後の見通し

今後も期待できる職業

スキルの高いデータベースエンジニアは引く手あまたです。

フロント部分にあたるアプリの開発やインフラの構築にもデータベースは必須であるため、データベースの知識が豊富にあるということは大きな強みになります。

データベースはシステムに必要不可欠な部分であるにもかかわらず、高度な技術が必要になることから、エンジニアが足りていないというのが現状です。

今後もデータベースに関する知識を持ったエンジニアの需要は高い傾向が続くことが予想される、将来性のある挑戦しがいのある職業だといえます。