Webディレクターに向いている人・適性・必要なスキル

体験モニター募集中! キャリアの悩みを解決する相談サービス「グッザー」とは

Webディレクターに向いている性格・適性

客観的に判断できる人

物事に対して客観的に判断をすることができる人はWebディレクターに向いている人です。

クライアントのWebサイトにとって最良の状態を考えつつ、一方でプロジェクトに無理がないかを冷静に判断できることが大切です。

イエスとノーがハッキリ言える人

また、イエスとノーをハッキリいえる人もWebディレクターに向いています。

クライアントに良い顔をしたい、受注がほしいなどの理由で無理な要望を聞くと制作現場に大きな負担になることもあり、会社にも迷惑をかけてしまうこともあります。

リーダー気質の人

リーダー気質や経験のある人は、Webディレクターで重宝されます。

プロジェクトの管理を行うWebディレクターには、リーダーシップが求められ、制作だけでなくスタッフの調子やモチベーションなども管理する必要があるからです。

コミュニケーションの得意な人

コミュニケーション能力はとても重要で、さまざまな関係者との報告・連絡・相談をスムーズに進められることが大切です。

年齢や性別と関係なくコミュニケーションができて、かつビジネスに必要な話がしっかりできる人が求められています。

Webディレクターになるには

Webディレクターに必要なスキル・能力

プロジェクトマネジメント能力

Webディレクターは現場のまとめ役として、現場で使う技術はもちろん、Web制作の全体を理解しマネジメントできる能力が求められます。

どの分野でもプロジェクトマナジメントは難しいスキルで、すぐに身につくものではありません。

焦らず、Web制作会社などで実際に働く際に、制作全体の流れを意識して見ながら学習していくと良いでしょう。

数字を分析や提案に結びつけられる

早めに身に着けておきたいのが、数字をもとに分析や提案を行うスキルです。

Webサイトやデザインの良し悪しは主観に左右されがちですが、その効果はアクセス数や問い合わせ数などの数字に表れます。

本当にクライアントに役立つ提案は、数字を根拠にして組み立てたものであり、個人的にセンス通いと感じるものではないのです。

Web関連で学んでおくとよいスキル

Webデザイン、SEO対策、ユーザーインターフェース(UI)やユーザーエクスペリエンス(UX)について学んでおくとWebサイトを見る目が養われ、業務でも役立ちます。

Webディレクターに向いていないのはどんな人?

自分のこだわりが強すぎる人

Webディレクターはクライアントの意向を理解し、現場のデザイナーの個性や特徴を発揮させて制作を進めていく立場です。

そのため、自分の考える制作に強くこだわってしまう人は、Webディレクターよりも制作現場でその能力を発揮した方がよいでしょう。

コミュニケーションがストレスになりやすい人

また、さまざまな人とのコミュニケーションにストレスを感じてしまう人も、Webディレクターにはあまり向いていません。

とはいえ、コミュニケーションは立場や環境、慣れの部分も重要で、やってみたら問題なく仕事ができたという人もいます。

プライベートを重視したい人

Webディレクターはどうしても制作のために多くのエネルギーと時間を投資すべき職種ですので、プライベート重視で働きたい人も難しいかもしれません。

プライベートも充実させたい場合は、自分のスキルアップだけでなく職場も慎重に選ぶことが必要です。

Webディレクターを目指すならプログラミングスクールも検討

IT業界やWebディレクターを目指すなら プログラミングスクールでスキルを高める ことも考えてみるとよいでしょう。

ITエンジニアの人材不足は慢性的で、今後も職に困ることは少ないといわれています。

また、ITエンジニアは他職種と比較しても給与は高い傾向にあり、テレワークの比率も高くなっています。

未経験採用をしている企業もありますが、 スクールでスキルを身につけておくと、就職・転職で有利になる 可能性もありますし、採用後もスムーズに仕事をはじめることができます。

ここではキャリア支援サポートもあるプログラミングスクールを2つ紹介します。

SAMURAI ENGENEER


公式サイトSAMURAI ENGINEER

SAMURAI ENGINEERの特徴

1.専属マンツーマンレッスンで最速最短でプログラミングを習得できる

2.スキルに合わせた完全オーダーメイドカリキュラムで学習効率アップ

3.採用時にアピールできる、完全オリジナル作品を開発できる

4.キャリアアドバイザーによる未経験からの転職支援サポートを受けられる

さらに、SAMURAI ENGINEERの人材紹介サービスを利用して転職成功した場合に、 受講料が無料になるコース も用意されています。

さまざまなコースがあるので、一度無料説明会で自身に合ったコースがあるか聞いてみるとよいでしょう。


tech boost


公式サイトtech_boost

tech boostの特徴

1.プロのカウンセラーが目標に応じた最適なプランを提案してくれる

2.現役エンジニアのメンターが学習を細かくサポート

3.運営会社がエンジニアに特化したキャリアサービスを展開しているので、エンジニア転職に強い

4.オンラインイベントなどで仲間ができる

渋谷のみとなりますが、通学プランも用意されています。

無料説明会では、プログラミングを学ぶメリットや受講イメージなどを詳しく教えてもらえます。


より柔軟にスキルをしっかりと学びたいなら「SAMURAI ENGINEER」、細かいサポートや転職実績を重視するのなら「tech boost」がおすすめ です。

講師との相性やカリキュラムなど、実際に話をしないとわからないことも多いので、少しでも興味があれば無料説明会に参加してみましょう。

公式サイトSAMURAI ENGINEER

公式サイトtech_boost