AIエンジニアの給料・年収・収入

平均年収

AIエンジニアは、一般的なITエンジニアと比較しても、高収入を得やすい仕事といわれています。

海外ではAIエンジニアの年収が数千万円以上におよぶことも珍しくないとされ、世界的に見て、AIを扱える人材が高く評価されていることがわかります。

日本でもAIエンジニアはまだまだ人手不足の状態が続いており、高度なスキルを持つ人は年収1000万円以上となるケースは多いようです。

大手のIT企業でもAIエンジニアの募集が目立つようになっており、よい待遇の下に働けるといえるでしょう。

幅広いスキルと能力が求められる

AIエンジニアのなかでも特別に高い給料を得ているのは、やはりITの幅広いスキルを持ち、専門性を深めている人材です。

PythonやJavaといった複数のプログラミング言語やツールを扱うことができ、さらに機械学習、ディープラーニング、データサイエンス、統計処理といった、AIに関連するさまざまな領域の知識や技術を持つ人は、市場価値が高い人材としてみなされます。

こうした専門性を身につけるうえで、AIエンジニアは学歴が求められることも多いようです。

たとえば、トップレベルの大学でAIを勉強してきたり、理系大学の大学院を出ているといった人が目立ちます。

業務未経験でもAIエンジニアとして採用している企業はありますが、そうした場合の給料は、一般的なITエンジニアとほぼ変わらないこともあります。

実績を積んでいくことが重要

AIエンジニアとして少しでも年収を上げたいのであれば、実績を積むことが一番です。

まだAIというジャンルそのものに触れたことのないエンジニアも多数いるため、アシスタント的な立場であっても、こうした開発案件に携わった経験があればアピール材料になる可能性があります。

加えて、ITエンジニアとしての開発能力、マネジメントスキルなども評価されます。

大手企業以外の少数精鋭企業でもAIエンジニアとして活躍できる場は増えてきているため、まず確実に実績を積み重ねられる場所を見つけて、現場でスキルを磨き、そこから転職によって給料をアップさせていくといったことも十分に可能だといえるでしょう。