Webデザイナーの求人状況・就職先選びのポイント

Webデザイナーは、時代が進むにつれ需要が高まっている職業です。

Web業界に興味をもつ人も増えているようですが、誰でも簡単に就職できるわけではないため、しっかりと情報を集め、準備をすることが重要です。

ここでは、Webデザイナーの求人情報や就職先選びのポイントなどについて紹介しています。

体験モニター募集中! キャリアの悩みを解決する相談サービス「グッザー」とは

Webデザイナーの就職先にはどんなところがある?

Webデザイナーの就職先には、以下のようなところがあります。

Webデザイナーのおもな就職先
  • Web制作会社
  • Webサービス運営会社
  • アプリ開発会社
  • Web系以外の一般の事業会社

このほか、フリーランスとして個人で活動する人も少なくありません。

現在では、Webのビジネス活用は業界を問わず一般的になっており、多くの作り手が必要な状況です。

そのため、Webデザイナーを必要としている企業は多くなっています。

ただし、必要はあれど求人をするほどではないという企業も多いため、どこにでも簡単に就職できるというわけではありません。

就職先によって、雇用形態も正社員や契約社員、パートなどさまざまであるため、就職先を選ぶ際には自身の希望をよく考えて、しっかりと会社情報をチェックしていくことが重要です。

Webデザイナーの就職先の種類と仕事内容の違い

Webデザイナーの求人の状況

Webデザイナーの求人そのものは多いですが、個人と企業のマッチングが難しい状況があります。

条件がよい企業や有名企業には募集が殺到しやすく、採用を勝ち取るのは簡単なことではありません。

また、Webにさほど力を入れていない企業では、アルバイトやパートとしての求人しかなく、業務も自社サイトやメディアの更新作業といった業務が中心となり、クリエイティブな仕事をしたいデザイナーにとっては物足りないことも多いです。

小規模なWeb制作会社は即戦力募集が多く、未経験者は採用されづらくなっています。

大規模な企業では教育体制が充実していますが、経験者・未経験者ともに応募者も多くなるため、十分な対策が必要です。

Webデザイナーの就職先の選び方

企業サイトをチェックする

Webデザイナーを目指すなら、企業サイトのチェックは基本中の基本です。

企業サイトを見るのは、企業サイトのアラを探すためではなく、企業のWebデザインの考え方や特徴を知るためです。

また、サイトをチェックするなかで、おもな顧客の業界や、求める人材像など多くの情報を得ることができます。

「Webサイトの見た目」と「コンテンツ(内容)」の両方によく目を通しておきましょう。

事業内容と業務内容

Webデザイナーの仕事や待遇、教育体制などは、所属する企業の規模や特徴によって大きく変わります。

同じWebデザインでも、一般的なWebサイトとWebサービスやアプリのデザインでは求められるものが異なります。

そのため、求人情報などから、企業の事業内容や業務内容についてもよく確認しておくことが大切です。

会社内の事情により、別分野のデザインを担当することになったり、残業が多かったり、なかなか昇進や昇給ができなかったりすることもあります。

後で「こんなはずじゃなかった」とならないよう事前の確認が大切です。

エリア・勤務時間

Webデザイナーは残業や休日出勤が多くなりがちな職種です。

エリアによっては終電の時間が早くなったり、通勤だけで消耗して業務に集中できない場合もあります。

就職先を選ぶときは、負担なく働けると思われるエリアや勤務時間の企業を探しましょう。

口コミ情報

比較的大きな企業であれば、企業についての口コミ情報が得られることもあります。

給与に関する情報や残業の有無、社内の雰囲気などの情報があるとイメージが湧きやすく、就職先を考えやすいです。

口コミ情報の中には信頼性に乏しいものもありますので過信は禁物ですが、Web業界の人はSNSなどでの情報発信も多く、探せばみつかる情報も多いため、うまく活用しましょう。

Webデザイナーの志望動機・面接

Webデザイナーの志望動機では、「本気でこの仕事に取り組みたい」という熱意を示すことが大切です。

また、デザインに関する能力だけでなく、社会人としてビジネスへ貢献する視点などをバランスよくアピールしましょう。

面接では、ポートフォリオの提出が求められるほか、スキルやその習得方法、キャリアのビジョンなどを問われることが多いです。

Webデザイナーの仕事では周囲とのコミュニケーションも重要になるため、質問に対する受け答えをしっかりすることも大切です。

なお、Web業界では面接時の服装は自由ということも多いですが、職場の雰囲気に合わせ、清潔感のあるしっかりした服装で、センスと社会人らしさを示しましょう。

Webデザイナーの志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

就職先はどのように探したらいい?

基本は就職サイト・求人サイト

Webデザイナーとしての就職先を探すなら、就職サイトや求人サイトが基本です。

希望するエリアごとに多くの求人情報が集まっているため、さまざまな求人を比較しながら自分の希望に合ったものを選ぶことができます。

人材紹介会社の場合、情報だけでなく就職コンサルティングも行ってくれ、面接対策や、条件に合いそうな企業を紹介してもらえます。

紹介による就職は意外に多い

Webデザイナーは、紹介による就職も多い職種です。

デザインは評価が難しい分野であるため、知識のある人がいない企業では、社内のデザイナーなどに知人を紹介してもらうケースも多いです。

また、専門学校やスクールの就職課とツテがあり、卒業生のあっせんを受ける企業も多くなっています。

中途でも、以前一緒に働いていた人から紹介されて就職できることは多いですし、アルバイトなどで実力を知ってもらえていると、人事に紹介してもらえることもあります。

多くはありませんが、フリーランスや副業で案件請負の仕事を続けているうちに、顧客企業からスカウトされて就職するケースもあります。