CGデザイナーの仕事内容

CGデザイナーの仕事とは

CGデザイナーは、2D、3Dのコンピュータグラフィック(CG)で画像や文字を作成するデザイン業です。

CGは印刷物やWebサイト、動画、テレビやゲーム、映画の映像などさまざまな場面で利用されており、CGデザイナーの活躍の場も広がっています。

CGの制作は、デザインの知識や技術だけでなく、コンピュータやソフトウェア、各種の媒体に対する知識も求められるため、学習する範囲が広いのが特徴です。

多くのデザイナーは、デザイン業務全般の基礎知識の上に、3DグラフィックやWeb用素材、映像用エフェクトなど専門分野をもって活躍しています。

何もないところからデザインを考えていくことが多く、パソコンでの作業だけでなく、関係者との打ち合わせも多い仕事です。

CGデザイナーの業務の内容

デッサン・モデリング・撮影

CGデザイナーでも、すぐにパソコンで作業を始めるケースは少なく、まずは紙にデッサンを作成するなど原案を作ります。

そして、原案をもとに画像データを作り上げるモデリング作業を行います。

モデリングは2Dよりも3Dの方がずっと時間がかかり、高度な技術が要求されます。

写真素材の作成では、撮影の段階からデザイナーが関わることも多いです。

マテリアル設計・テクスチャ作成

CGデザインでは、素材の質感を表現するマテリアル設計をソフトで行うのが一般的です。

また、モデリングで作成したモデルに細かい柄などの表現をするために、モデルの表面になるテクスチャを別で作成します。

テクスチャの作成は、モデリングされたデータを平面にして考える必要があるため、立体の展開図がしっかりイメージできなければなりません。

シーン設計・ライティング

CGにリアリティを出すためには、どのようなシーンなのかをよく考え、現実に近い形で表現することが大切です。

同じデザインでも、視点をどこに置くか、また画面の明るさや背景、影の付け方などで印象が大きく変わります。

ライティングの工程では、光がどこから当たっているかを考えて陰影をつけます。

CGでは現実にはありえないデザインも制作可能ですが、光源の種類や角度などにもこだわってこそリアリティが増します。

アニメーションの制作では、上記のデザイン作業に加えてモーションの作成や実装などをCGデザイナーが担当する場合もあります。

CGデザイナーの役割

CGデザイナーは、さまざまな制作業務において欠かせない存在です。

現在、印刷物やWebなどの多くは、CGによって制作されているため、デザインのほとんどはCGデザインです。

CGは現実には難しいデザインも表現できるため、エンターテーメントや広告物などでの利用も多いです。

提案資料や商品パッケージのデザイン強化を目的に、自社内にデザイナーを抱える企業も増えています。

また、CGは動画などでも活用でき、映像制作では欠かせません。

デザイナーは用途やイメージに合わせて2D、3DのCGを作成することで、商品やサービスを魅力的にアピールしたり、情報の理解を助けたりしています。

CGデザイナーの勤務先の種類

一般的なデザイン会社

一般的なデザイン会社では、主に2Dや3Dの静止画の作成や、写真加工によるCG作成を行います。

作成したCGは印刷物やWeb媒体で利用されます。

映像制作会社

テレビや映画の映像、動画広告などを制作する会社です。

映像制作会社では、制作するCGは静止画だけでなく、画面効果やテロップなどアニメーション要素のあるものも多く、専門的な知識が求められます。

ゲーム・アニメーション制作会社

ゲームやアニメーションを制作する会社には多くのCGデザイナーが在籍しています。

ひとつの作品をチームで制作するのが一般的で、さまざまなデザインに柔軟に対応し、統一感のある絵柄や表現を行うことが求められます。

また、アニメーションの仕組みやモーションの撮影、物理計算、公開するデバイスやサービスの知識など、CGデザイナーに求められる専門知識も多いです。

CGデザイナーの就職先の種類・活躍の場

CGデザイナーの仕事の流れ

CGデザイナーの仕事は、クライアントから案件のコンセプトやイメージについてのヒアリングするところから始まります。

それを紙のスケッチや、簡単なデザインイメージとして共有し、方向性に了承を得てから本格的に作り込みます。

原画のデザインや、CGのモデリング作業、マテリアル設定やテクスチャの作成などの作業を経て制作物ができあがります。

リアリティを出すためのシーン設定や、光や影を調整するライティングなども重要です。

アニメーションや動画の制作では、加えてモーション作成や実装、編集作業を行います。

デザインが終われば、レンダリングというパソコンによるデータの書き出し作業を行って納品します。

クライアントが検品を行い、問題がなければ無事完了です。

CGデザイナーと関連した職業

CGデザイナーとグラフィックデザイナー

CGデザイナーもグラフィックデザイナーも、広い意味では同じです。

グラフィックデザイナーは紙媒体のデザインを行うデザイナーを指すことが多く、印刷や出版などの工程まで行うことが多いです。

対して、CGデータを専門的に作り込むデザイナーがCGデザイナーと呼ばれることが多くなっています。

グラフィックデザイナーの仕事

CGデザイナーとCADデザイナー

CGデザイナーはイラストやデッサン、写真などを立体的なCGデータにします。

一方、CADデザイナーは、モノの製作のための図面をデータにするため、機械や建築物などの設計や製図の知識が必要です。

CGをデザイン表現が目的であり、CADはデータを使って実際にものづくりをする点が大きく異なります。