ネットワークエンジニアへの転職・未経験採用はある?

ネットワークエンジニアへの転職状況は?

ネットワークエンジニアはまだまだ人材不足ともいわれるほどで、全体的に売り手市場の傾向があります。

求人を出してもなかなか社員が集まらない会社も多いため、同業界の経験者はもちろん、他業界出身の未経験者の採用も積極的に行われています。

誰もが知るような大手IT企業の場合は、残念ながら未経験採用というのは少ないです。対して人の集まりにくい中小IT企業であれば「未経験歓OK」「未経験歓迎」の求人を出している企業が多くみられます。

ネットワークエンジニアに未経験で転職する人のバックボーンはさまざまですが、比較的多いのはサービス業や接客業出身の方です。

その他、事務職・ドライバー・公務員・フリーターなど、前職はバラエティに富んでいます。

ネットワークエンジニアは専門的な職種ではあるものの、未経験からでも実務を通して一人前になることもできる職種であるため、さまざまな業界出身の人がチャレンジしています。

20代で正社員への就職・転職

20代で正社員への就職を目指す(PR)

「Re就活エージェント」は、第二新卒・既卒・フリーター・ニート向けサービス。20代未経験OKの求人が多数。

20代登録比率No.1

ネットワークエンジニアへの転職の志望動機で多いものは?

未経験でネットワークエンジニアを目指す人の志望動機としては、主に次のようものが多いです。

・手に職となるスキルが欲しい
・将来性のある業界・業種で働きたい
・社会の役に立つ仕事がしたい
・今よりも収入を増やしたい
・ITやコンピュータに関心をもち、それを仕事にしたい
・ネットワーク技術に関心をもち、それを仕事にしたい

など。

割合として多いのは、「手に職となるスキルが欲しい」「将来性のある業界・業種で働きたい」などであり、とくにサービス業や接客業出身の人はこのような動機で志望することが多いです。

もちろん、ITやネットワーク技術そのものに関心をもち志望する人も一定数いますが、そういった人は新卒で入社することが多く、転職者の場合はさほど割合として多くありません。

ネットワークエンジニアの志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

未経験・社会人からネットワークエンジニアになるには

ネットワークエンジニアになるまでのキャリアパス

ネットワークエンジニアは、たとえば医師看護師のように、必須となる学歴や免許・資格はありません。

基本的には、IT企業の求人に応募して面接を受け、採用されればその時点でネットワークエンジニアとなれます。

したがって、ITの専門学校に通ったり資格の勉強をしたりすることは、キャリアパスとして必須ではありません。

今すぐにでもネットワークエンジニアになりたい人であれば、まずは転職サイトやハローワークなどで求人を探して転職活動を積極的に行うことが、ネットワークエンジニアへの近道となるでしょう。

不安であれば転職エージェントを利用しよう

「転職エージェント」は、マッチした会社探しのサポート、非公開求人の紹介、履歴書や職務経歴書の書き方指導、面接対策、キャリア相談などさまざまな面から力になってくれます。

なお転職エージェントは企業側から成功報酬を貰っているため、利用料は基本的に無料です。

とくにはじめての転職で右も左もわからない人には、強い味方となってくれるため、転職活動が不安な人は併せて利用してみることをおすすめします。

プロコーチとキャリアに向き合う(PR)

キャリアに対して悩んでいるビジネスパーソンに対して、ZaPASSのビジネス経験豊富なコーチが伴走支援するキャリアコーチングサービスです。日々の内省習慣化や目標を立てた後の行動習慣化までコミット!

いまなら体験コーチング無料!

ネットワークエンジニアへの転職に必要な資格・有利な資格

ネットワークエンジニアになる上で必須の資格はありません。

ただし、次のような資格を取得しておくと、転職時の面接で評価されることがあります。

・ITパスポート試験
・基本情報技術者試験
・シスコ技術者認定
・ネットワークスペシャリスト試験

など。

とくに「基本情報技術者試験」や「シスコ技術者認定(CCNA)」は、未経験者であっても独学で合格可能な範囲の資格であり、かつ評価も高まりやすい資格です。

ネットワークエンジニアを目指す人におすすめの資格は?

ネットワークエンジニアへの転職に役立つ職務経験は?

ネットワークエンジニアも、顧客に提案を行ったり、時にはコストなどの交渉を行うこともあります。

したがって「提案活動」「営業」「接客」など、対人的なスキルを扱う職務経験は、他業界のものであっても生かせます。

またネットワークエンジニアは、プロジェクト内でチームを組み、周囲のメンバーと常々連携しながら仕事を進めます。

集団で課題に取り組むなどの「チームプレイ」の職務経験があると、ネットワークエンジニアの仕事にも入り込みやすいでしょう。

さらにネットワークエンジニアは、経験年数を重ねると、担当→サブリーダー→チームリーダー→プロジェクトリーダーと、マネジメントする側のポジションへステップアップしていきます。

ゆくゆくはマネジメント力やリーダーシップ力も必要となってくるため、チームをまとめ上げた経験や、リーダー経験があれば、将来的に役立ってくれるでしょう。

ネットワークエンジニアへの転職面接で気をつけるべきことは?

ネットワークエンジニアは、仕事柄「論理的思考」が必要不可欠です。

この論理的思考ができる人物であるかを、面接時のちょっとした質問や、履歴書や職務経歴書の文章などからも、採用担当者は見定めています。

たとえば、どんなに素晴らしい志望動機であったとしても、前後の繋がりや纏まりがなく、支離滅裂な話として伝えてしまうと、論理的思考力の乏しい人物として見られることもありますので注意が必要です。

ネットワークエンジニアに転職可能な年齢は何歳くらいまで?

ネットワークエンジニアは法的に年齢制限のある職業ではないため、結局のところは、採用してくれる会社さえあれば何歳からでも転職可能です。

とはいえ現実的には、未経験者の場合は20代のうちに転職しておくのが望ましいです。

やはり若い人材の方が会社にも馴染みやすく、育てやすい利点もあるため、会社側は20代の年齢の若い社員を採用する傾向にあります。

同時に、ネットワークエンジニアは慢性的な人手不足を抱えている職業です。

なかなか人材の集まらないIT企業であれば、30代、40代、さらにはそれ以上の年齢の未経験者を募集していることもあります。

そのような人手不足の会社を狙えば、年齢に関係なくチャレンジできることもあります。

ただしネットワークエンジニアは、時には長時間残業や夜勤が続いたり、温度の低いサーバー室で作業したりと、体力的にハードな側面もあります。

したがって、60代70代のシニア世代にまで入ってくると、仮に採用してくれる会社があったとしても、体力的な面で本業にするのは厳しいかもしれません。

未経験からネットワークエンジニアの転職での志望動機

未経験者の場合は、「なぜネットワークエンジニアなのか」について、志望動機に織り交ぜることがポイントとなってきます。

ネットワークエンジニアは専門的な職種であり、入社後はネットワーク関連の技術を常に追っていかなくてはなりません。

ネットワークエンジニアに対しての興味関心の薄い人であると、途中で付いていけなくなり辞めてしまう人も一定数います。

雇用する会社側は、すぐに仕事を辞めずに、ネットワークエンジニアとして成長してくれる人物を求めています。

したがって、「なぜ数ある職業の中からネットワークエンジニアを選んだのか」「なぜネットワークエンジニアでないとだめなのか」の部分を、志望動機としてしっかりと述べていくことが大切です。