Webエンジニアの就職、求人募集の状況

就職先の選択肢は広い

Webエンジニアは、IT系のエンジニアのなかでも需要が大きく、まだ人手不足だといわれています。

新卒の場合、未経験でも正社員として採用する企業は珍しくなく、技術を身につけようとする姿勢があれば、真っ白な状態からWebエンジニアとしてキャリアを積んでいくことは可能です。

ただし、少しでも就職先の選択肢を広げたかったり、有利に採用されたいという場合は、独学で構わないので自分でプログラミングを学んでみたり、簡単なWebページ程度は作ってみるとよいでしょう。

実際に手を動かしてみることで、採用試験で意欲を示すことができますし、自分でも本当にWebエンジニアの仕事に興味が持てるのかを考えるきっかけになるはずです。

なお、Web系の企業は海外進出しているところも増えており、場合によっては海外現地でWebエンジニアとして働けるチャンスを掴めるかもしれません。

Webエンジニアの求人の探し方

Webエンジニアの就職情報は、一般の就職情報サイトや求人サイトを中心に、多数掲載されています。

また、Webエンジニアに特化した求人情報サイトや、IT・Web業界の採用情報を多数掲載している情報サイトもあります。

スキルや経験を持っている人であれば、スカウトサービスを利用して、企業からのオファーを待つことも可能です。

Webエンジニア職の需要は大きいため、こうした求人サイトをいくつか利用すれば、多様な選択肢のなかから志望先を見つけることができるでしょう。

このほか、企業の自社ホームページからエントリーしたり、エージェントを利用して応募するといった方法も挙げられます。

「未経験者歓迎」の求人は要注意

Webエンジニアは未経験からでもなれる仕事ですが、「未経験者歓迎」となっている求人は、少し慎重に見てみる必要があります。

入ってみると労働環境があまりにもよくなかったり、とにかく雑務をこなすための人手を求めているだけで、まともに仕事を教えてもらえないといったこともあるようです。

Webエンジニアは経験やスキルがモノをいう仕事なだけに、入った会社で、どのようにキャリアを積んでいくかが、その後のエンジニア人生を決めるといっても過言ではありません。

本当に自分のやりたいことができ、将来の目標に近づける場を探してみてください。