プログラマーになるには

プログラマーになるまでの道のり

プログラマーになる代表的な方法の1つに、専門学校やスクールに通う方法があります。

特に専門学校では実習などもあるため、実務がこなせるスキルを身につけた状態で就職できることはメリットにあげられます。

一方でプログラマーは、大学でITに関係ない学問を学んでいた方でもなれます。

自ら書籍やインターネットなどで学び、プログラムを組むスキルを上げれば、プログラマーとして就職することが可能です。

実際にプログラミングを学ぶ敷居は低くなっていますから、自学自習でプログラマーとしての就職を勝ち取った方も少なくありません。

このためプログラマーと関係のない学部・学科の方でも、努力しだいでプログラマーになれます。

入社後は研修を受けた後、先輩プログラマーについて難易度の低いプログラムを組むことから始まります。

その後経験と実績を積むことで、ステップアップすることが可能です。

プログラマーになるまでのルート

プログラマーの資格・難易度

プログラマーとして働く場合は、資格よりも「現場でプログラムを組めるスキルがあるか」が重要視されます。

とはいえ資格があればスキルを証明することができ、自分自身のスキルを再確認できるメリットもありますから、取得しておくに越したことはありません。

プログラマーの資格は言語ごとに分かれている場合が多いですが、代表的な資格は以下の通りです。

ITパスポート
基本情報技術者
Oracle Certified Java Programmer
PHP技術者認定試験
Ruby技術者認定試験

このうちITパスポートや基本情報技術者は、試験範囲にプログラマーに共通して求められるスキルが含まれていますから、ぜひ取得しておきたいものです。

その他は、あなたが習得したい言語に関連する資格を選んで取得するとよいでしょう。

各言語ごとの資格については、初学者向けから上級者向けまで、難易度が数段階に分かれている資格が多くなっています。

プログラマーを目指す人におすすめの資格は?

プログラマーになるための学校の種類

プログラマーになるための学校には、大学と専門学校があります。

大学に進学する場合は、情報系の学科を選ぶと有利になる可能性があります。

しかし多くの企業では学部・学科不問としていますから、あまり気にする必要はありません。

企業のなかには大学卒業者のみ応募可という場合もありますから、この点では大学のほうが多少有利です。

一方で専門学校から就職する場合は、プログラマーを養成するコースを選ぶと有利になります。

学費は大学・専門学校とも、年間100~200万円を要する学校が多くなっています。

プログラマーになるためにはどんな学校にいけばいい?(大学学部、専門学校、スクール)

プログラマーに向いている人

プログラマーには、以下のような人が向いています。

・論理的に物事を考えられる人
・地道な作業を根気よくできる人
・集中力や体力がある人
・常に技術動向をチェックし、スキル向上を怠らない人
・効率よく作業し、付加価値の高いプログラムを組むよう心がける人

プログラミングには複雑な処理を筋道立てて考えるスキルが求められますから、論理的に物事を考える人は向いています。

またプログラマーは地道な作業を短時間で効率よくやる必要もあるため、根気や集中力も必要です。

加えて納期が近くなると残業や休日出勤が必要となる場面も多くなりますから、体力も求められます。

一方でプログラム開発は海外の方を交えて、あるいは海外に発注するケースも増えているため、世界のエンジニアとの競争が避けられません。

このため常に学びスキルを向上させること、また効率よく付加価値の高いプログラムを作れる人も、重宝されることになります。

上記にあげた5つの特徴は、いずれもプログラマーとして欠かせません。

このためプログラマーは、技術とコミュニケーション能力の両方が求められる職種といえます。

不足しているスキルがあれば、早めに身につけるようにしましょう。

プログラマーに向いている人・適性・必要なスキル

プログラマーのキャリアプラン・キャリアパス

プログラマーのキャリアプランやキャリアパスは、大手企業と中小・ベンチャー企業では異なる場合が多いです。

どちらも入社後は開発プロジェクトに配属され、プログラム開発や既存システムのコードを修正するなどの作業を任されます。

経験を積むにしたがい、難易度の高いコードを書く業務や、新人を教える役目も任されるようになるでしょう。

一方で「プログラマーからSE、プロジェクトリーダーやプロジェクトマネジャーに出世」といったキャリアパスは、見本として示されがちです。

これを裏付けるように、大手企業では30代や40代になるとプログラミング業務の現場から離れ、管理業務に専念する方が多くなります。

もちろん「プログラマーの道を究める」コースを用意されている企業も多いですが、その定員は決して多くはありません。

一方で中小企業やベンチャー企業の場合は従業員数に限りがあるため、管理業務などを兼務しながらプログラマーの仕事も続けるエンジニアも多いです。

プログラマーを目指せる年齢は?

プログラマーは、ある意味体力勝負の面があります。

そのためプログラマーを目指せる年齢には、上限があることが一般的です。

未経験者の場合、30代は20代よりも不利であり、30代後半以降になるとなかなか採用されない方も多くなるでしょう。

特にWEBやゲーム、アプリの開発では、その傾向が強まります。

このため未経験からプログラマーを目指すなら、20代のうちに就職を決めておくことがおすすめです。

一方で他の言語で経験を積んだ方の場合は、スキルさえあれば年齢が高くても採用される可能性があります。

プログラマーは女性でもなれる?

プログラマーは女性でもなれる職種です。

スキルさえあればキャリアアップが可能であり、男女の区別なく高いレベルの仕事を任せてもらえる点は魅力です。

一方でプロジェクトが佳境に入る時期は、女性でも男性と変わらず、徹夜や休日出勤が必要になる場合があることは心得ておく必要があります。

加えて男性が多数を占める職場も多く、女性が働きにくさを感じる場合もあるかもしれません。

このため結婚や出産、育児などに関するサポートがあるかどうかも、あらかじめチェックしておくとよいでしょう。

そもそもプログラマーを目指す女性の多くは、仕事で活躍したい方だと思います。

そのためには、事前に職場環境や福利厚生などを確認しておくことが重要です。

女性のプログラマーのキャリアパス・結婚後の生活

情報サービス業の売上高

経済産業省の特定サービス産業動態統計調査によると、情報サービス業の売上高は総じて上昇しています。2016年度は10兆9930億円となっています。

情報サービス業売上高の推移_2016

情報サービス業の従業員数

情報サービス業の従業員数は増加を続けていましたが、近年は横ばいの傾向にあります。2016年時点での従業員数は、328,347人でした。

情報サービス業従業員数の推移_2016