ゲームプログラマーの仕事内容

ゲームプログラマーの仕事とは

ゲームのプログラムを組む

ゲームプログラマーは、ゲーム制作に関してC言語をはじめとする開発言語を使って、プログラミングを行う仕事です。主にゲームメーカーや、ゲームソフト・アプリを作る制作プロダクションに勤務します。

1本のゲームが完成するまでには、さまざまな分野の専門家が関わることになります。ゲームの企画や構成を考えるゲームプランナー、シナリオを作るライター、キャラクターや世界観をデザインするデザイナー、楽曲を提供するサウンドクリエイターなどが力を合わせて開発します。

その中で、ゲームプログラマーは、実際にゲームが動くようにプログラムを組んでいく業務を担当します。

ハードでもやりがいのある仕事

ゲームプログラマーは、ゲームが正常に作動するようにプログラミングすることはもちろん、スケジュールどおりに進める効率性や、他のメンバーと協力して開発を行う協調性も求められる職業です。

また、想定外の不具合への対処や、納期直前には長時間の仕事を強いられるなど、柔軟性や体力も必要とされる仕事といえます。

ハードな職種ではありますが、多くのユーザーを熱狂させるヒット作を生み出せる可能性は、大きなやりがいにつながるはずです。

ゲームの評価に直結する

ゲームプログラマーの仕事には、常に高いクオリティと正確性が求められます。

重大なバグを排除することはもちろん、納期を間に合わせることや、快適な操作性を実現することも重要な要素です。発売の遅延や不十分なクオリティでの出荷は、ゲームタイトルだけでなく、会社の評判を落とすことにもつながりかねないからです。

ゲームプログラマーは、ただコードを打ってプログラムを組めばよいという仕事ではなく、ゲームと会社の評価にも影響を与える、責任ある仕事を担っているのです。

ゲームプログラマーの業務の内容

ゲームプログラマーの業務について、具体的なものを4つほどご紹介します。

ゲーム開発のためのプログラミング

ゲームプログラマーにとってもっとも重要な仕事は、企画されたゲームのプログラミングを行うことです。

上流工程で作られた仕様書に沿って、正しく、スピーディーにプログラムを組んでいくことが求められます。

その際、Java、PHP、C言語など多様なプログラミング言語に精通している必要があります。また、スマホやタブレットにも対応した最新の技術に関する知見も持ち合わせていなければなりません。

機能改善・新機能開発

ゲームプログラマーは、場合によってはゲームの機能改善や新機能開発に、企画など上流工程の段階から関わることもあります。

近年のゲームは、リリース後も新機能の追加やゲーム内イベントを定期的に開催するなど、常にユーザーのための更新が求められます。

そのためゲームプログラマーは、ユーザーの満足度を高めるための新しい機能を開発したり、追加コンテンツを投入するといった業務も行う必要があり、実際のプログラミングだけでなく企画段階から参加することもあります。

開発環境の整備

ゲームプログラマーにとって、制作をスムーズに進めるためのツールの用意など、開発環境を整えることも大切な仕事です。

とくに複数名のプログラマーが協力する職場の場合、各メンバーにとって使い勝手の良い共有ツールがあるかどうかは、プロジェクトの進行に大きな影響を及ぼすため、最適なツールやシステムなど環境整備は重要な業務といえます。

操作性やバグのチェック

ゲームは、ただ仕様書どおりに動けばいいというものではありません。

ユーザーが快適にプレイできるよう、細部の操作性にこだわったり、不具合を排除したりする必要があります。

こうした操作性のチェックや不具合への対処も、ゲームプログラマーにとって不可欠な業務なのです。

ゲームプログラマーの役割

市場に対しての役割

バグを世に出さない

致命的なバグのあるソフトをそのまま出荷してしまうと、売上に悪影響があるのはもちろん、場合によっては回収に陥ってしまう危険もあります。

そうした事態にならないよう、バグのない正確なプログラミングを行うことがゲームプログラマーの重要な役割です。

快適な操作性を実現する

ゲームにおいては、キャラクターやストーリーなどの世界観だけでなく、操作そのものの快適さも人気に作用します。

ユーザーが心地よく感じるスムーズな操作性やレスポンスを備えたゲームを作ることが、ゲームプログラマーの役割でもあります。

社内での役割

企画をカタチにする役割

ゲームプログラマーは、ゲームプランナーやディレクターといった企画担当者が考えた企画・シナリオを、実際にカタチにする役割を担っています。

企画レベルでは、斬新ながら実現性の低いアイデアや、非常に高い技術を必要とするアイデアも出てくるものです。

そのようなアイデアを実際のゲームに落とし込むために、何ができて何ができないのか、現場目線での客観的な検証を行うことがゲームプログラマーの重要な責任の1つなのです。

他のクリエイターとのコミュニケーション

ゲームプログラマーがユーザーを夢中にさせるゲームを作るためには、高い技術力はもちろん、ゲームプランナーやディレクター、デザイナーなどチームのメンバーと密なコミュニケーションを重ねることも大切です。

さまざまな専門知識を持つメンバーとコミュニケーションし、多様なアイデアをプログラミングに落とし込むことで、ユーザーにとって魅力的なゲームを作ることができるのです。

そのため、プログラミングスキルだけでなく、プロジェクトの仲間と意思疎通をする力も、ゲームプログラマーにとって不可欠な能力といえます。

ゲームプログラマーの勤務先・有名な企業

有名ゲーム会社

ゲームプログラマーの勤務先としては、まず誰もが知るような有名なゲーム会社が挙げられます。

そうしたゲーム会社では、従業員数が数百から数千人という規模の企業も少なくないため、多くのゲームプログラマーが勤務し、社内でいくつものゲームソフトやゲームアプリを作っています。

このような大手企業は入社のハードルが高いものの、大きな予算を投じた大規模なゲーム開発にも関われる可能性があり、プログラマーとして貴重な経験を積むことができます。

中堅のゲーム会社

また、大手ほど知られていなくても、ゲームが好きな人なら知っているような中堅の制作会社も就職先として有望です。

大手に比べて入りやすいことはもちろん、若いうちから責任ある仕事を任せてもらえたり、担当の業務範囲が広く、さまざまな経験ができるためです。

ゲームプログラマーの勤務先と仕事内容の違い

ゲームプログラマーの仕事の流れ

まず仕様書に沿ってプログラムを組む

ゲームプログラマーは、基本的にプロジェクト単位で仕事を行います。

あるゲームタイトルの企画が決まったら、ゲームプランナーやディレクターが作った企画書や仕様書に従って、プログラムを組んでいきます。

動作テストを行う

ある程度のプログラムができた段階で、仕様書どおりに作動するかテストを行い、問題なければ次のプログラミングへ移ります。

バグやトラブルへの対処

テストの結果、バグやトラブルが見つかった場合、問題点を突き止め、トラブルの解決にあたります。

このように試行錯誤をくり返しながらプログラムを構築していき、最終的にすべてのプログラミングを納期内に完了させることが求められます。

基本的にはゲームタイトルのリリースで一段落がつきますが、その後も細かなバグの修正や、新機能の開発など、やるべき業務は尽きません。このようにゲームプログラマーは、根気と忍耐力のいる仕事といえます。

ゲームプログラマーと関連した職業

ゲームプログラマーは、コードを使ってプログラムを組むという、一般的なプログラマーとよく似た職業です。

仕事内容も、決められた仕様書に沿ってゲームやホームページなどが正しく作動するようにプログラミングを行うという点で近しいといえます。

一方で違いもあり、例えばゲームプログラマーは、一般的なプログラマー以上にサウンドやグラフィックスの専門知識が必要とされます。

これは、ゲームにおいては音楽・グラフィックによって独自の世界観を演出することが重要であるためです。

また、ゲーム開発の現場ではUnityやUnreal Engineといったゲームエンジンが多用されており、そうした開発環境に対する知識・経験が求められるのも、ゲームプログラマーならではです。

そんなゲームプログラマーになることは、専門知識や一定の経験がなければ難しいといわれています。

大学や専門学校などで基礎的なプログラミングの経験を積んだ上で、新卒のゲームプログラマーとしてゲーム会社に入社することがもっとも現実的な方法かもしれません。

プログラマーの仕事

プログラマーは高度なスキルが必要

ゲームプログラマーには、正確でユーザーが使いやすいゲームをつくる高度なスキルが必要とされます。

プログラミングは独学でも学ぶことは可能ですが、独学だとどうしても時間がかかってしまいますし、モチベーションの維持が難しくなります。

専門学校で学べば、効率よくスキルを身につけられますし、仲間もいるので互いに励まし合うことができます。

ヒューマンアカデミーは、講師一人あたりの生徒数が4.5人という少人数制なので、分からないことはすぐに質問でき、スムーズに学習が進みます。

ヒューマンアカデミーのような専門学校に興味のある人は、無料資料請求をして学校の詳しい特徴について調べましょう。