文系でもCADオペレーターになれる?

理系じゃなくても大丈夫?

CADソフトの中でも最もスタンダードな「Auto-CAD」は、X・Y・Z軸にそれぞれ数値があり、線や点を描く場所を指示するための「座標」を用いて図面を作成していきます。

そのためか、数字が苦手な人や文系にとっては、CADオペレーターの仕事に抵抗を持つ人も少なくはないようです。

ですが、実際にCADを操作する上では、作図の基本知識やルールを習得すれば、理系出身者でなくても誰でも扱うことができます。

文系もCADオペレーターは少ない?

CADオペレーターというと、一見「理系」でなければできない仕事と思われがちなイメージがあります。

しかし、実際に現在CADオペレーターとして活躍している人たちの経歴は十人十色で、さまざまな学部や学科・コースの出身者がいます。

文系のCADオペレーターも決して少なくはありません。

「CADオペレーターとして働きたい!」という情熱さえあれば、実務に必要な知識や技術は後からいくらでも身につけることができるといえます。

文系からCADオペレーターを目指すには

結論からいってしまえば、パソコンにほとんど触ったことがないという人でも、これからCADオペレーターになることは可能です。

文系からCADオペレーターになる方法はいくつか考えられますが、未経験者を採用する企業に就職し、現場で実務経験を積みながらスキルを磨いていくのがひとつの方法です。

もう一つは、先にCADについてまなべる専門学校やスクールに通い、基礎的な知識や技術を身につけてから就職を目指す方法もあります。

派遣社員を目指す

文系出身で、CAD未経験の場合、大手メーカーなどでは文系卒のCADオペレーターを募集していないケースが多いことが分かります。

「0」とはいわないにしても、理系で工学部出身でない人をCADオペレーターとして採用しない傾向があるといえます。

なぜなら、文系にとってものづくりの現場は「初めて見る・知る」業界となります。

工学部卒、高専卒、の人が大手企業に応募する中で、あえて文系卒を採用したのちCADオペレーターとして使えるようになるまでには時間とコストがかかります。

文系がCADオペレーターを目指すなら、CADオペレーターやエンジニア職に強い派遣会社に登録して派遣社員を目指すのも一つの方法です。

派遣社員として現場で「実績」を作ったのちに、メーカーの正社員に応募するというルートもあります。

実は文系が多い?

大手建設会社の設計部には理系出身者が多いですが、企画開発部や大手デベロッパーなどでは文系出身者が多いといわれています。

機会設計に限れば理系で学んだ技術と知識が必要になりますが、CADオペレーターには、設計士の意図や指示を正確にくみ取る力が不可欠となります。

ものづくりにこだわる設計士の性格や人柄を熟知した上で、彼らの指示に従って正確な図面を起こすことが必要です。

こういった細やかな配慮もCADオペレーターには必要ですので、文系出身の女性CADオペレーターが活躍している企業はたくさんあります。