データベースエンジニアへの転職・未経験からなるには?

データベースエンジニアへの転職状況は?

IT業界内の転職者が多い

データベースエンジニアという職種は、IT業界内でも専門性の高い職種に分類されるため、すでにデータベースエンジニアとしての経験を持つ人がまた同じデータベースエンジニア職に転職するパターンが目立ちます。

もしくは、「システムエンジニア」や「プログラマー」など、同じIT業界内で働いているエンジニアが、専門分野を持ち自身の強みとするため、データベースエンジニアに転身するケースも多いようです。

未経験者の転職は簡単ではない

一方で、これまでIT業界で働いたことすらもない全くの未経験者の場合ですと、「システムエンジニア」のようなメジャーなIT職種に転職を考える人はいますが、敢えて「データベースエンジニア」の方に挑戦しようとする人はやはり少ない傾向です。

雇用する企業側も、データベースエンジニアには、リレーショナルデータベースの運用スキルやSQL言語操作スキルなど特有のスキルが必要となることもあり、全く未経験者を採用する企業というのはあまり多くはありません。

そのため、未経験からの転職は決して簡単とはいえません。

とはいっても、絶対に就職不可能という訳ではなく、未経験者を採用しゼロからの育成を考えている会社というのも存在しますので、根気よく未経験者向けの求人を探し、熱意を伝えれば、未経験からでも就職できる余地はあります。

未経験転職者の出身業界や出身業種

未経験からデータベースエンジニアになった人の出身業界としては、仕事でデータベースに触れる機会の多い「Web業界」や「ゲーム業界」出身の人が比較的多い傾向です。

また、「マーケッター」や「研究者」など、データを用いた仕事をしていた人がデータベースエンジニアに転身してくることもあります。

ただし、実際のところあまり統一性というのはなく、元営業職、元ドライバー、元介護士など関連性の薄い職種から転職してきている人もおり、さまざまなバックボーンを持つ人がいます。

データベースエンジニアへの転職の志望動機で多いものは?

未経験からデータベースエンジニアへ転職する人の場合、志望動機も多種多様になりますが、一般的に多いものとしては次のような動機が挙げられます。

<未経験の転職者の志望動機として多いもの>
・もともとITやデータベースに関心があり、本職にしたいと考えた
・前職でデータベースに触れ、その分野に興味を持った
・情報化社会・データ社会が進む中、データベースに可能性や将来性を感じた
・専門的な職種で働きたい、「手に職」となるスキルを身に付けたい
・今の仕事が薄給であり、異業種転職で収入アップを図りたい
など

データベースエンジニアは専門職であることもあり、たとえ未経験者の人であっても、「データベース」というものに対して、何かしらの特別な思い入れや強い関心がある人が志望するケースが多めです。

一方で、データベースに特段の思い入れがあるわけではなく、ITシステムやコンピュータの全般に対して漠然とした興味関心がある人であれば、データベースエンジニアというよりも「システムエンジニア」を目指す人の方が多いです。

20代で正社員への就職・転職

20代で正社員への就職を目指す(PR)

「Re就活エージェント」は、第二新卒・既卒・フリーター・ニート向けサービス。20代未経験OKの求人が多数。

20代登録比率No.1

未経験・社会人からデータベースエンジニアになるには

未経験歓迎の会社を狙う

「未経験者歓迎」、「異業種出身者歓迎」、「資格不問」など、緩い条件で採用を行っている会社も中にはあります。

特に、あまり規模の大きくない中小IT企業やベンチャー系Slerなどですと、そのような緩い条件の求人を出している会社が目立ちます。

未経験者歓迎の求人であれば、文字通り経験のない人であっても転職できる余地がありますので、まずはそのようなビギナー向けの求人を狙ってみるのがよいでしょう。

念を込めるのであれば、社会人でも通いやすい夜間の専門学校やITスクールなどに通い、基礎的な知識や資格を習得してから、転職というのも一つの方法ではあります。

ただし、知識や資格を学んだからといってそれが転職の決定打となるわけでもないため、まずは試しに未経験歓迎の求人に一度チャレンジしてみるのも戦略のうちです。

別のIT職種からステップアップする

「システムエンジニア」や「プログラマー」のようなメジャーなIT職種は、データベースエンジニアよりも未経験向けの求人が多く、採用も積極的です。

データベースエンジニアとしてなかなか採用が決まらない場合は、まずはそういった未経験でも採用されやすいIT職種に就いてIT業界内での仕事経験を積み、そのキャリアを足掛かりにデータベースエンジニアにいずれ転身するというのも一つのキャリパスとして使えます。

未経験・社会人への転職に必要な資格・有利な資格

前提として、データベースエンジニアは資格職ではないため、転職時に必ず必要になる資格というのは存在せず、資格で制限し採用を行う企業もほとんどありません。

同時に、資格さえ所持していれば、それだけで難なく転職が決まるという訳でもありません。

とはいえ有資格者というのは、一定の基礎知識を身に付けており、またそれだけデータベースエンジニアに対して関心や意欲のある人間と見られますので、やはり採用担当者からの好感は得やすいのは事実です。

特に、次のような資格を取得していると、面接時の評価も上がり易くなるでしょう。

<データベースエンジニアの転職時に好感されやすい資格>
・ITパスポート試験
・オラクルマスター
・OSS-DB技術者認定試験
・基本情報処理技術者試験
・応用情報技術者試験
・データベーススペシャリスト試験
※難易度「低」→「高」の順

この中でも「オラクルマスター」は、未経験者でも比較的挑戦しやすく、また資格の勉強を通して、実務でも役立つデータベースの基礎的な操作スキルも身に付くので、データベースエンジニアの卵の人にはおすすめでしょう。

もう一つ注目したいのは「基本情報処理技術者試験」であり、この資格はIT業界への登竜門的な位置づけの国家資格となり、データベースだけに限定せず、コンピュータ科学基礎・ネットワーク技術・セキュリティ・IT化×経営など、「IT」というものを幅広く学ぶことができます。

「基本」という名前とは裏腹に難易度は高めであり、IT業界未経験者ですと少なくとも半年程度の勉強期間が必要になってきます。

その分、未経験者が合格していると驚かれることもあるほどですので、面接を有利に進める材料の一つとなってくれるでしょう。

データベースエンジニアを目指す人におすすめの資格は?

プロコーチとキャリアに向き合う(PR)

キャリアに対して悩んでいるビジネスパーソンに対して、ZaPASSのビジネス経験豊富なコーチが伴走支援するキャリアコーチングサービスです。日々の内省習慣化や目標を立てた後の行動習慣化までコミット!

いまなら体験コーチング無料!

データベースエンジニアへの転職に役立つ職務経験は?

異業界・異業種の職務経験であっても、次のような経験はデータベースエンジニアとして働く上で生きることがあります。

<データベースエンジニアの仕事で役立つ職務経験>
・基本的なビジネスマナー
・PCの操作スキル(タイピング能力、メールやドキュメントの作成スキル、wordやExcelなどオフィスソフトの操作スキル など)
・顧客折衝の経験
・プレゼンテーション経験
・チーム単位やプロジェクト単位で仕事を進めた経験
・チームのマネジメント経験、リーダー経験
など

データベースエンジニアは、顧客の前に立ち、スケジュールや予算の調整などを行うことも多いですので、顧客折衝の経験やプレゼンテーション経験は別業界のものであっても生かしやすいでしょう。

また、チームを組み、常に周囲のエンジニアと連携しながら進めていく仕事となりますので、これまでソロプレイではなくチームプレイが重視される職種で働いてきた人であれば、比較的スムーズにこの仕事に馴染んでいけるでしょう。

データベースエンジニアへの転職面接で気をつけるべきことは?

論理的思考を意識する

データベースエンジニアは、「論理的思考」、「ロジカルシンキング」が必要不可欠な職業です。

そのため、面接で論理的でない支離滅裂な受け答えをしてしまったり、あまりに抽象的な発言や感情的な発言が多いと、採用担当者から警戒の目で見られてしまう恐れもあります。

些細な質問であっても、論理的思考も取り入れた上で、面接官側がうんうんと納得できる回答を心掛けることがポイントとなってくるでしょう。

ただし、面接では人間性や内面的な魅力を伝えることも大切ですので、論理的思考を意識するがあまり、人間味のない理屈っぽい対応となり過ぎてしまうのにも注意が必要といえます。

丁寧、正確に対応する

データベースエンジニアは、ち密なデータを日々相手にする仕事となります。

またデータベースはITシステムの中でも特に重要な箇所となるため、ミスや漏れのない完璧な仕事をしなければなりません。

そのため、「丁寧」かつ「正確」に仕事ができる人材が求められ、逆に乱雑な人間というのは嫌気される原因となります。

面接時の服装や身だしなみ、また、履歴書や職務経歴書に書く文字ひとつひとつにしても、丁寧さや正確さを測られていることもありますので、細かなところにも注意を払い、すべてにおいて丁寧に対応することがポイントとなってきます。

データベースエンジニアに転職可能な年齢は何歳くらいまで?

データベースエンジニアが一人前になるまでには長い年月が掛かりますので、全くの未経験者を対象とした求人の場合、長期育成も視野に入れ、やはり20代の若手をターゲットとしているケースが多いです。

特に「第二新卒」に該当する人であれば、全くの異業種からでもデータベースエンジニアへの転身はし易いでしょう。

一方で、30代以降になってくると、たとえ「未経験歓迎」や「年齢不問」の求人であっても、採用を勝ち取るのは難しくなってくるのが一般的です。

ただし、IT業界は人手不足が深刻化してきており、中小IT企業の中には、「60歳以上のシニアIT人材」や「外国人IT人材」の手さえ借りたいという会社もありますので、そのような人手不足に陥っている企業であれば、年齢関係なく転職できるチャンスはあるでしょう。

また、「マネジメント経験」や「リーダー経験」を持つ人材も、近年のIT業界では不足傾向にあるため、30代以降で転職する場合は、そのような年長者だからこそ持つヒューマンスキルの部分を武器としてアピールしていくのも一つの突破口となってくるでしょう。

未経験からデータベースエンジニアへ転職する際の志望動機

「未経験であるのになぜ敢えてデータベース分野を選ぶのか」が採用担当者側からしてみれば大きな疑問でもありますので、その部分をいかに上手く伝え、疑問を解消できるかがポイントとなってきます。

注意点として、異業種から転職してくる人の中には「ITに関心があります」、「IT業界で働きたいです」と語る人も多いですが、それはシステムエンジニア、サーバーエンジニアネットワークエンジニアなど、他のITエンジニア職であってもいえてしまう志望動機です。

データベースエンジニアはその分野のスペシャリスト的な職種となりますので、「IT全体」として語るよりも、「データベース」に限定して掘り下げた志望動機とした方が、目的意識のある人材として好感されやすいでしょう。