「Webエンジニア」とは

Webエンジニア_画像

Webなどのネットワーク上で動く「Webアプリケーション」を開発する技術者。

Webエンジニアとは、インターネット(Web)などのネットワーク上で動く「Webアプリケーション」を開発する技術者のことをいいます。SNSやECサイトなど、Webアプリケーションをベースに作られるサービスは多様化しており、需要が高まっている仕事です。なるにあたって特別な資格は必要なく、なかには未経験者でも採用される企業もありますが、大学の情報系学部やITの専門学校、プログラミングスクールなどで学んでからWeb系企業へ就職する人もいます。実力や経験がある人ほどよい給料が得られる傾向が強く、派遣やフリーランスになって高収入を得ることも可能です。まだ人手不足の仕事ではあるものの、Web業界の激しい変化で生き残っていくには、つねに技術を更新し続けて、自分の市場価値を高める必要があります。

「Webエンジニア」の仕事紹介

Webエンジニアの仕事内容

Webアプリケーション開発の技術者

Webエンジニアは、Webを介して動くアプリケーションやソフトウェアの技術開発を行う仕事です。

たとえばわたしたちの生活の身近にあるSNSや、ネットショッピングのWebサイト、スマホに入っているアプリをはじめとしたソフトウェアも、Webエンジニアが開発しています。

業務内容は多岐にわたり、設計にプログラミング、開発したアプリ・ソフトウェアのテストから、運営・保守までの全般を担います。

よく似た仕事に「Webプログラマー」がありますが、こちらはプログラミングに特化した仕事をするため、Webエンジニアの方が幅広い分野をカバーします。

なお、Webエンジニアは「フロントエンジニア」と「サーバサイドエンジニア」に分けられます。

フロントエンジニアは、Webサイトの画面や入力フォームなど、ユーザーが実際に見て使う部分の開発をします。

サーバサイドエンジニアは、Webサイトを介して送られてきた情報をデータベースに登録するといった、Webサイトの裏側で働く部分を開発します。

Webエンジニアの就職先・活躍の場

Webサービスを提供する会社で活躍

Webエンジニアが携われる分野は幅広く、Webサイト運営はもちろん、アプリケーションやソフトウェアの開発を行っているWebサービス会社全般で就職のチャンスがあります。

Webサイト制作会社からも高い需要があるでしょう。

また、スキルを積んで独立し、フリーランスのWebエンジニアになる人もいらっしゃいます。

とはいえ、継続的に仕事を受注し続けるためにはある程度の人脈も必要になるため、会社員として働き続ける人のほうがまだ多いという印象です。

Webエンジニアの1日

基本は社内勤務。打ち合わせ参加は多め

Webエンジニアは基本的に社内作業が多いですが、開発に携わる多くの人たちとの情報共通事項も多いため、打ち合わせやミーティングへの参加は多めです。

Web系の会社で勤務する場合は、以下のように、出勤時間が遅めに設定されていることもあります。

10:00 出勤
メールチェックや各案件の進捗状況を確認します。

10:30 打ち合わせ
現在進行中の案件に携わるメンバーと打ち合わせを行い、情報共有をします。

11:30 開発作業
新規サービスの開発など、社内作業を進めます。

13:00 休憩

14:00 デザイナーとの打ち合わせ
既存サービスの改良案をWebデザイナーとともに考えます。

15:00 調べもの
改良案をもとに、必要な技術について調べていきます。

16:00 開発に集中
引き続き、開発作業にあたります。

19:00 退社
案件が立て込んでいる間は退社が21:00になるなど、残業が発生することも多いです。

Webエンジニアになるには

資格は不要。求められるスキルは多い

Webエンジニアになるために必要な資格や免許はありません。

新卒でも未経験でも、Webエンジニアとして採用されることは可能です。

しかし、求められるスキルは多くなっていますので、未経験からWebエンジニアになる場合には、猛勉強が必要になるでしょう。

Webエンジニアは、HTMLやCSS、プログラミング言語にセキュリティに関する知識まで、各専門分野の知識を網羅しておかなければならない仕事なのです。

Webエンジニアの学校・学費

進学するなら情報系学部へ

Webエンジニアは学歴不問での採用も多いため、必ず大学や専門学校へ通う必要はありません。

大学に通うのであれば、情報系学部・学科のあるところを選ぶとよいでしょう。

プログラミングの枠を超え、ネットワーク理論や人工知能など応用部分まで学びたいという場合は、大学進学がおすすめです。

専門学校を選ぶ場合は、プログラミングに特化した学校を選びます。

そのほか、民間で運営しているプログラミングスクールでも、Webエンジニアとしてのスキルを磨ける授業を受けられるでしょう。

Webエンジニアの資格・試験の難易度

実力アピールに役立つ資格を取得する

Webエンジニアになるために必ず取得しなければいけない資格はありません。

しかし、実力をアピールするために役立つ資格や、スキルアップ目的で以下のような資格を取得する方は多いようです。

国家資格である「情報処理技術者資格」は、難易度ごとにレベル1~4の区分に分けられています。

最高難度のレベル4では、合格率は10%台になるほど難関です。

そのほか、「HTML5プロフェッショナル認定資格」「Oracle認定Javaプログラマ」といった資格も、Webエンジニアの受講率が高い資格となっています。

Webエンジニアの給料・年収

実力次第で昇給スピードもアップ

Webエンジニアの年収ボリュームゾーンは、400~600万円といわれています。

実績やスキルによって能力差も開きやすい仕事なので、能力が高い人ほど、もちろん収入が増える傾向にあります。

人によっては1,000万円を超える年収を手にするWebエンジニアもいるほどです。

一説には、Webエンジニアは残業が多くなりがちなので、残業代が年収を上げている要因なのではないかという声もあがっています。

Webエンジニアのやりがい、楽しさ

自分の手で開発したものが形になる喜び

Webエンジニアの仕事は、ソフトウェアやアプリケーションの開発です。

完成したサービスが誰かの役に立つということに対し、大きな喜びを感じられるでしょう。

また、ときには自分が開発に携わったサービスが、大ヒットすることも。

自分のアイデアが形になり、世に浸透していく喜びは、何ものにも代えがたいものであるはずです。

開発に携わるほどどんどんスキルが上がっていくため、次の開発へのモチベーションアップにもつながります。

Webエンジニアのつらいこと、大変なこと

常に最新情報を追う、多忙を極める

新しいソフトウェアやアプリケーションを開発するにあたっては、さまざまなトラブルがつきものです。

プログラミングしたもののうまく動かなかったり、バグが発生したりと、そのたびに解消策を考えなければいけません。

また、Webに関わる技術は、いまもなお日々進化しているもの。

常に自分の知識は古いものと考え、最新技術について勉強し続けなければいけません。

これらのトラブルや勉強に追われ、残業となるWebエンジニアも多くなっています。

Webエンジニアに向いている人・適性

最新のIT技術に興味津々な人向き

前述したとおり、IT業界の技術は日々進化し、その変化のスピードも目覚ましいものです。

常に最新情報を追い求め、新しい技術について自主的に調べられる人こそ、Webエンジニアに向いているといえるでしょう。

また、その変化に柔軟に対応できる応用力があることも重要です。

ソフトウェアやアプリケーションの開発にあたっては、多くの人々と関わることになります。

よって、人とコミュニケーションを取ることが好きな人も、Webエンジニア向きだといえるでしょう。

Webエンジニア志望動機・目指すきっかけ

自身の知識や技術を開発に役立てたい

Webエンジニアは、自分の持つ知識や技術を駆使して、人や企業の役に立つソフトウェアやアプリケーションを開発するのが仕事です。

よって、自身の知識や技術を役立てたいと考える人が目指す仕事だといえます。

新卒や未経験者の場合は、スキルや経験がないため、熱意や意欲でアピールすることになるでしょう。

現在持っている知識や技術で、世の中にどう貢献していきたいかを伝えることが、採用面接時のポイントです。

Webエンジニアの雇用形態・働き方

派遣社員としての採用も増加傾向に

Webエンジニアは、派遣社員として働く人も実に多い仕事です。

派遣というと非正規雇用であるが故に、不安定だというイメージを持つ方も多いかもしれません。

しかし派遣のWebエンジニアの場合は、派遣会社に正社員や契約社員として雇用されているWebエンジニアを、クライアント先へ常駐社員として派遣する仕組みになっていることも多くなっています。

派遣社員でありながら、正社員・契約社員という肩書も持っているわけです。

Webエンジニアの勤務時間・休日・生活

ごく一般的な勤務時間、残業は多め

Webエンジニアは、ごく一般的な9:00~18:00といった勤務時間設定のもと、働くことが多いです。

ただし、Web系の会社によっては出勤時間が10:00などに設定されていることもあります。

休日は、土日が休みの「完全週休2日制」が基本です。

そのほか、夏季休暇や年末年始休暇も、ごく一般的な会社員と同等に付与されます。

残業については、受託案件を多く抱えるWebエンジニアの場合は多く、自社案件を担当するWebエンジニアの場合は少ないという傾向にあるようです。

Webエンジニアの求人・就職状況・需要

需要高く、就職先の選択肢も多い

IT技術の進歩が目覚ましい現代において、Webエンジニアの需要はどんどん高まっています。

新卒でも知識さえあれば、未経験でも採用する企業も珍しくありません。

ただし、就職先の選択肢を少しでも多くしたい場合は、独学でも構いませんのでなにか実績を用意しましょう。

プログラミングを学ぶのでもよいですし、簡易なWebサイトやアプリケーションを作ってみるのもおすすめです。

披露できる実績があるほど、企業からより求められる人材となることでしょう。

Webエンジニアの転職状況・未経験採用

需要は拡大傾向だが若いほうが有利

就職状況と同じく、転職市場においてもWebエンジニアの需要は高くなっています。

ただし、日々変化する最新技術を常に追い求められるかという観点から、若いWebエンジニアのほうがより求められているようです。

とはいうものの、意欲さえあれば未経験でも採用可能性のある仕事です。

スキルや実力次第では、他職種、他業種からの転職も比較的しやすい仕事ですので、転職チャンスは多いといってよいでしょう。

Webエンジニアの現状と将来性・今後の見通し

日々努力を積み重ねながらスキルアップ

今後、Webサービスがどんどん幅広く拡大していく上で、Webエンジニアの存在は必要不可欠。

よって、これから先もその需要はどんどん高まっていくはずです。

開発するサービスがソフトウェアなのかアプリケーションなのかによっても、活用する技術は大きく異なります。

その変化に柔軟に対応できるWebエンジニアが、長く生き残り続けることでしょう。

いつまでも市場から求められるWebエンジニアであり続けるためには、日々勉強の心を忘れないことです。