1分でわかる「Webエンジニア」

仕事内容
Webエンジニアとは、インターネット(Web)などのネットワーク上で動く「Webアプリケーション」を開発する技術者のことをいいます。SNSやECサイトなど、新たに開発されるWebアプリケーションの種類は多岐にわたります。勤務先やプロジェクトによって業務範囲は多少異なりますが、一般的には設計・開発から、運用や保守・管理まで幅広く携わります。
なるには
Webエンジニアになるにあたって、特別に必要な資格はありません。ただし、企業によっては大卒の学歴が求められます。なかには、大学の情報系学部やITの専門学校、プログラミングスクールで学んでからWeb系企業に就職する人もいます。専門的な勉強をしていない未経験者の採用を行う企業もあり、入社後の研修や自主的な勉強によってエンジニアとして活躍できます。
給料
Webエンジニアの年収は、400万円〜600万円ほどがボリュームゾーンといわれていますが、個々のスキルや実務経験が給与へ影響しやすいことが特徴です。経験や実力をつけると派遣やフリーランスで働き、高い収入を得ている人もいます。Web系の企業はベンチャーも多く、そのなかには年功序列は関係なしで、昇給スピードが非常に速いところもあるようです。
将来性
IT業界がますます盛り上がり続けるなか、Webアプリケーションをベースにしたサービスは増えており、Webエンジニアのニーズも大きくなっています。まだ人手不足が続いているため需要も大きな仕事ですが、Web業界の激しい変化で生き残っていくには、つねに技術を更新し続けて、自分の市場価値を高める必要があります。