AIエンジニアに向いてる人、適性

論理的に物事を考えられる人

AIエンジニアの仕事内容は、一般的なITエンジニアの仕事とはだいぶ異なる面があります。

ITエンジニアの場合、クライアントやユーザー、消費者のニーズおよび世の中のトレンドを理解して、プログラミング言語を駆使しながら社会を便利にするシステムやサービスを作っていきます。

もちろん、コンピュータの基礎知識やプログラミングスキルの習得といった専門的な勉強は必要ですが、コミュニケーションスキルや文章作成スキルなども求められる仕事であり、いざ現場を見てみれば文系出身者も多数活躍しています。

しかし、AIエンジニアの仕事では、理論的な部分がひじょうに大きくなります。

それというのも、AIエンジニアは「データサイエンス」という領域を扱う仕事であり、AI(人工知能)が機械学習を行うためのデータの分析や処理といったことを行わなくてはならないからです。

そこではデータ構造、アルゴリズム、コンピュータアーキテクチャといった論理的思考が求められる分野をたくさん扱うことになり、感覚や直感に頼って動くタイプの人には難しい仕事となります。

また、数学の知識も求められてきます。

こうしたことから、AIエンジニアの場合、そのほとんどが理系出身者となっているといわれます。

新しいことを学ぶのが好きな人

AIは先端のIT技術として注目されていますが、じつは現時点における人工知能はまだまだ過渡期といわれています。

そのため、とても速いスピードで移り変わっていき、いま使われている技術や知識も、数年後には古いものとして使われなくなる可能性があると考えられます。

IT業界全体が変化の速い世界として認識されていますが、AI領域はそれ以上に激しく変化していくことが予想されるため、AIエンジニアはその時々に応じた新しい知識・技術を習得していかなくてはなりません。

時代に置いていかれないエンジニアとして活躍するためにも、新しいことをどんどん吸収する貪欲さや、向学心にあふれる人に向いている仕事といえるでしょう。

逆に、すでに長い時間かけて確立されている理論や手法を使って、腰を据えて働きたいといったタイプの人には、あまり向いていない仕事かもしれません。