サービスエンジニアの需要・現状と将来性

サービスエンジニアの現状

現代は、さまざまな設備や機器がなければプライベートもビジネスもままなりません。

これらの設備や機器は、快適性や利便性を提供する一方で、複雑で繊細な技術の積み重ねで作られています。

そのため、わずかなエラーによって全体の機能が止まり、周囲にも大きな影響を与えることがあります。

サービスエンジニアの仕事は、的確な原因調査とメンテナンスの技術によって、こうした機器の安定稼働を助け、顧客に貢献することです。

こうした業務の重要性が増していることから、サービスエンジニアの求人も多く、未経験者を育成でも採用したい企業も増えています。

従来はサービスエンジニアに対して製品知識が求められることが多かったですが、今は機械とITの両方の知識を求めるケースが増加し、サービスエンジニアのスキルと、求められる能力とのミスマッチが問題になっています。

サービスエンジニアの需要

設備や機器の整備を担当するサービスエンジニアは昔からありますが、より多くの設備や機器の利用が一般的に行われているため、人手不足となりつつあります。

一般的なオフィスを考えても、空調設備や複合機(コピー機)、業務用のパソコンや通信設備など、さまざまな機器が必要です。

これらを単一のメーカーから導入することはまず考えられません。

機器のメーカーの数だけサービスエンジニアとの関わりができますから、いかに多くのサービスエンジニアが必要かがわかります。

そのため、人材市場では年間を通して中途採用の求人がありますし、新卒でも理系の大学や高専、専門学校で学んだ学生を積極的に採用しています。

文系出身者や未経験者、高卒者だとしても、しっかり教育して現場に送り出せる体制を作っている企業も少なくありません。

サービスエンジニアの将来性

サービスエンジニアの仕事は今後も引き続き安定した需要があります。

ただし、その業務の一部、特に単純なものは自動化や遠隔対応ができるようになっていくでしょう。

その分、現場で対応にあたるサービスエンジニアには、高い問題解決能力や技術力が求められるようになります。

また、外国製の製品の増加や、外国人の増加から、英語などの外国語が話せるサービスエンジニアはさまざまな現場で重宝されそうです。

さまざまな部品の調達がオンラインで誰にでも可能になりつつあることで、サービスエンジニアも企業に属さず、フリーランスとして保守契約を結ぶケースも増えており、今後もこういった流れが継続すると予想されます。

サービスエンジニアの今後の活躍の場

サービスエンジニアの仕事では、突然の依頼も少なくありません。

昔はそれに現場で対応するのが一般的でしたが、リモート操作や、ビデオ通話を通して点検やアドバイスが可能になってきたため、1人のエンジニアで対応できる件数が増えています。

そのため、エンジニアは現場を中心にする人と、遠隔で分析や指示を主に行う人に分かれてきそうです。

遠隔だとしても機器に関する知識が必要なところは変わりませんが、リモート環境下でのコミュニケーション能力など新しいスキルが必要となるでしょう。

また、外国語を扱えるエンジニアの需要も高く、海外での仕事や外国製品のメンテナンスなどでの活躍が期待されます。