このサイトはサービスエンジニアを目指す人のための情報サイトです。

サービスエンジニアとは?

サービスエンジニアは、機械や電機の設備、機器の保守管理およびメンテナンスをする仕事です。フォークリフトなどの大型機器から、空調機器やセンサー精密機器などの小型機器まで多様な設備や機器を扱い、会社によって「保全管理グループ」や「設備エンジニア」といった名称で呼ばれることが多いようです。就職先はメンテナンス専門に行うメーカーの子会社などが中心となり、勤務先によって求められるスキルは異なるものの、技術系の専門学校や大学の学部・学科出身者の採用が中心となっています。また、年収は400万円~700万円程度と幅があるようです。機器の高性能化やIT技術との融合が進むなか、技術職として、以前にも増して新しい技術や知識を学び続ける努力が求められる仕事といえます。

サービスエンジニアの仕事内容

サービスエンジニアとは、機械や電機の設備や機器の保守管理やメンテナンスを行う業種です。

しかし、明確にサービスエンジニアという区分はなく、会社によっては保全管理グループ、設備エンジニアなど呼び方はさまざまです。

また、扱う機種もフォークリフトなどの大型機器から、空調機器やセンサー精密機器などの小型機器まで幅広くあります。

さらに事業形態も枝分かれしています。機器のサービス会社として独立している場合は、機器メーカーの保守部門として子会社化し業務を行うなど、実にさまざまです。

仕事の内容は、客先に設置されている機器の定期的な保守と、故障などの依頼により客先に出張・訪問して修復に当たる作業が主な内容です。

また、会社によっては機器の初期の設置時の立会いや設置工事と試運転を行う仕事もあります。

サービスエンジニアになるには・必要な資格は?

サービスエンジニアになるための必要な資格は基本的にはありません。募集要項では、技術系の卒業者や機器の保守の経験者などの条件があるところもあります。

扱う機器によっては、法律で定められた資格が必要です。しかし、電気機器を扱うときの電気工事施行管理技士のように、関係する資格は就職後でも取った方が有利です。

また、扱う機器については詳しい知識と技術力が必要です。

たとえば、空調機器を扱う会社の場合には、いくつかのメーカーと年代ごとに分かれた機種など多くの機器を扱いますので、非常に幅広い技術力が求められます。

ただし、はじめから知識や技術が求められるわけではなく、メーカーでの研修などによって業務に必要なことを学んでいきます。

サービスエンジニアは、国外の設備・機器を扱うこともあるため、英語力も必要な業種です。

サービスエンジニアに向いている人

サービスエンジニアは故障が起こったときに、修復できるまでやり遂げることが求められます。

いつも簡単な故障の対応があるわけではなく、いったい何が原因かわからない故障も起こります。

そのような場合には、いろいろ調査し、トライ・アンド・エラーを重ね、故障の要因を見つけ出す根気の必要な仕事です。

したがって、サービスエンジニアには、何事も粘り強く物事の真相を追究する態度と、何にでも興味を持つといったことが求められます。

また、サービスエンジニアは客先へ出向いての仕事が多いため、客先とのコミュニケーションがスムーズに行えることと、相手に機器の状況を正確に説明する説得力も必要です。

さらに、機器の更新などの情報を得たり勧めたりする営業力もあったほうが、社内からも客先からも喜ばれます。

サービスエンジニアの就職状況・雇用形態

サービスエンジニアの求人では、正社員や派遣などがありますが、技術を蓄積することが必要な業種ですので、正社員として長く勤めてもらうことが、会社から求められます。

そのため、求人情報には正社員としての雇用を前提とした募集が多くみられます。期間限定の作業員としての募集の場合には、即戦力としての求人もありますが、対象機器の経験と高い技術力が必要です。

若い人を育てるという会社の方針があるところが多く、求める人材として、若い人に向けた求人が多い業種です。

業務を行う場所は、国内だけとは限らず、国外でも業務を行うことがあります。

就職したあとは、見習い期間を経て現場で実務をこなし、最終的に一人で客先に出向けるような育成プログラムが組まれます。

サービスエンジニアの給料・年収・待遇

サービスエンジニアの収入は、給与と年2回の賞与が標準です。給与の額は入社時の年齢と経験年数、そしてサービス対象などにより異なりますが、20万円〜40万円ほどとなるでしょう。

年収になるとおおよそ400万円から700万円と幅があり、能力の高い人では800万から900万円を得ることがあります。

残業について、扱う機器によっては一旦作業に入ると完了するまで終われない業種ということもあり、残業手当が期待できます。

さらに、客先の機器の使われ方によっては、24時間運転機器という場合があり、夜間と休日の作業も珍しくなく、残業手当に加え、夜間・休日手当が支給されます。

福利厚生はしっかりしたところがほとんどで、 交通費支給、社会保険制度が完備し、家賃補助が出る会社も珍しくありません。

サービスエンジニアの生活・勤務時間・休日

勤務時間は、通常午前8時から午後5時の8時間勤務で、普通のサラリーマンと変わりません。

しかし、遠方の客先に出向く場合は、客先の業務開始時間に合わせなければいけません。その場合は早朝から出向くことになり、帰宅も遅くなります。

中には2〜3日の泊りを伴う仕事もあります。

また、長期出張による定期保守サービスがあることもあります。客先によっては、夜間と休日しか停止できない機器があり、保守サービスの時間割が、夜間や休日の作業として組まれます。

また、回数は少ないとはいえ、対応しなければならない仕事が、夜間・休日の緊急の作業です。

機器が使えないと客先の業務に支障が出るときは、夜間・休日でも呼び出し依頼があります。ですが、夜を通し機器を復旧させたあとに客先から感謝されたときは、エンジニアとして充実感を感じることでしょう。

サービスエンジニアの現状と将来性

サービスエンジニアの仕事は、経験を積むほどベテランとなり後輩の指導とグループリーダーとしての統率力が期待されます。

大規模な化学プラントのような大規模の建設では、設置からスタートまでの機器のノウハウと技術を持った、サービスエンジニアが必要です。

経験を積み上げその道に長けてくると、大プロジェクトへの参画が求められます。

また、年齢が高くなり現場から離れたとしても、蓄積したノウハウを社内に残す仕事や若手の育成、問題解決のサポートなどで、その経験が必要とされます。

取り扱う機器は、高性能化とIT技術との融合など、日毎に進歩する技術の結晶です。

サービスエンジニアは、新しい技術と常に向き合い、ノウハウと技術力を蓄積し、客先と良好な関係を築いて信頼を得ることが求められます。