ゲームスクリプターの仕事内容、なるには、資格、給料、求人

ゲームスクリプターの仕事内容

ゲームが動くよう組み上げる重要な仕事

ゲームはシナリオや演出といった複数の要素を組み合わせてできています。

しかし、これらがバラバラの状態ではゲームとして意味を成しません。

ゲームスクリプターは、シナリオや演出といった要素をスクリプト言語で組み合わせるゲーム開発には欠かせない役割を果たしています。

各担当者が作成した資料をもとに、スクリプト言語という簡易的な言語を使ってゲームが動くように設定していきます。

その作業内容は、多岐にわたりますが

・ゲームの難易度を決める
・キャラクターの能力や特技などを決める
・シナリオにあわせてキャラクターの動きを設定する
・キャラクターの技にあわせてエフェクトを設定する

などがあります。

ゲームスクリプターになるには

未経験でもゲームが好きであればなれる

ゲームスクリプターとなるのに特別な資格や専門的な知識は必要ありません。

ゲームスクリプターが使用するスクリプト言語は、会社ごとに独自のものが決まっていることがほとんどです。

またゲームスクリプターは、ゲーム業界の登竜門ともいえる職種なので、多くの場合、未経験者でも作業できるようにマニュアルが用意されています。

もちろん、専門的な知識や経験があるに越したことはありません。

しかし、それ以上に「ゲームが好き」、「面白いゲームを作りたい」という気持ちがゲームスクリプターには大切です。

ゲームスクリプターとして必要な能力や経験を強いてあげるとすれば、パソコンを自由に使える能力とゲームのプレー経験です。

ゲームスクリプターの給料・年収

年収アップには+αの知識・経験が必要

ゲームスクリプターは人材が必要な時にアルバイトや業務委託として雇われることが多い職種です。

そのため、ゲームスクリプターは、ゲーム業界では年収が低い傾向にあります。

コンピューターゲームかスマホゲームのスクリプターかによっても異なりますが、平均的には200万円~300万円程度です。

プログラミングの知識やマネジメント経験があると年収の上乗せをしてもらえたり、採用の際、有利になることがあります。

ゲームスクリプターの雇用形態

手に職を持ち、独立したい人におすすめ

ゲームスクリプターという仕事の特徴の1つに正規雇用が少ないという点があります。

専任の常駐ゲームスクリプターがいることは少なく、ゲーム開発時など必要な時にアルバイトや派遣、業務委託として採用することが多いです。

但し、大規模なゲーム会社や常駐のゲームスクリプターが辞めた際には正社員として募集しているケースもあります。

このため、ゲーム業界での勤務経験を積みたい、将来独立したいという方にはおすすめです。

現状と将来性・今後の見通し

今後ますます必要とされる重要な職種

携帯電話やスマートフォンが普及したことで、モバイルゲーム開発の需要が高まっています。

モバイルゲームは少ない予算でも開発が可能なのでゲーム開発に参入する企業が増えています。

そのため、ゲームスクリプターの存在が重要になっています。

また、ゲームスクリプターとしてのスキル以外にもイラストレータープログラマー、シナリオライターなどのスキルを身につけておくと活躍の場が広がりステップアップにつながるでしょう。