プログラマーの需要・現状と将来性

プログラマーの現状

プログラマーは「プログラムを組む人」というイメージは、今も昔も変わりません。

しかしその内容はここ10年から20年で、以下のとおり大きく変わりました。

・主流は長期間・大規模の「ウォーターフォール開発」から、短期間・小規模の「アジャイル開発」へ
・フレームワークの使用により、効率的にコードを作成することが可能に
・通信技術の発達により、働き方の選択肢が増える
・技術職といえども、コミュニケーション能力が重視される
・雇用の流動化により、「まったくの未経験から入社し、プログラマーを目指す」ことは厳しい状況になった

このようにプログラミングに対するハードルは低くなっているものの、プログラマーになるためには相応の努力が求められる時代になったといえるでしょう。

また開発サイクルも短期化しています。

なかには1週間サイクルというプロジェクトもありますから、「ずっと忙しいまま」というプログラマーが出てきても、不思議ではありません。

プログラマーの需要

プログラマーは、恒常的な人手不足の状況にある職種です。

なかでも仕事ができる経験者は、よい条件で転職できる状況といえます。

とりわけ需要が高い「旬」の言語を身につけているプログラマーは、引く手あまたという方も多いでしょう。

一方で好条件の待遇を提供する企業はともかく、プログラマーを求める企業の多くは、経験者だけでは足りない場合が多いです。

このため未経験の方であっても自分でプログラムを組み、何らかの成果物を作った方であれば、企業に入社し活躍できる可能性は少なからずあります。

特に20代から30代前半の若い世代には、大きなチャンスがあります。

社会は「攻めのIT」や「デジタルトランスフォーメーション」、「機械学習」などへの対応を求めていることもあり、プログラマーの需要は引き続き高いままといえるでしょう。

プログラマーの将来性

現場が求めるプログラミング言語は、年々大きく変わっています。

求人検索エンジン「スタンバイ」では、高年収が得られるプログラミング言語をランキングで示しています。

これによると、2017年の高年収ベスト5はScala、Python、Kotlin、Swift、Rubyの順でしたが、2018年はGo、Scala、Python、Kotlin、TypeScriptの順になっています。

わずか1年で求められる言語は大きく変わりますから、今のスキルを伸ばすことはもちろん、新しい言語の習得も欠かせません。

またクラウドサービスも急速に普及していますから、この技術に関するスキルも必要です。

加えて今後のプログラマーは、自宅などリモートワークで働く方も増えると見込まれます。

その場合でも、コミュニケーション能力が重要であることは変わりません。

プログラマーの今後の活躍の場

プログラマーはIT企業はもちろん、それ以外の企業にも活躍の場が広がりつつあります。

特にITを本業としない「ユーザー企業」においても、システム部門以外でプログラマーを積極採用する企業が続々と現れていることは特筆すべき点といえます。

ある有名ECサイトでは自社でシステムを作ることで、スピーディーな開発と外注費の削減を両立しています。

費用を抑えながら企業業績の向上に貢献できることは、企業にとって大きなメリットといえるでしょう。

このようにプログラマーは「IT企業」や「製造業」、「ユーザー企業のシステム管理部門」だけではなく、さまざまな業界で活躍できる職種となっています。

そのため、今後もおおいに活躍できる職種といえるでしょう。