Webディレクターが独立してフリーランスになるには?

体験モニター募集中! キャリアの悩みを解決する相談サービス「グッザー」とは

フリーランスのWebディレクターの働き方・仕事内容

フリーランスのWebディレクターは、Web制作会社に入ったり、同じく個人でWebデザイナーをしている人たちとチームを組んだりしながらWebの制作に関わります。

Webディレクターは基本的にWeb制作のスタッフをまとめ、制作のプロジェクト管理を行う立場ですが、フリーランスの場合、契約内容によってはWebデザイナーやライティングの仕事もする場合があります。

会社勤めのWebディレクターと比較すると、時間に自由が利くことや社内会議などが少なくなるため自由な時間が増えます。

そのため、必要なスキルアップや人脈作りと仕事を両立させたり、スケジュールを調整して長期の休みを作ったりすることも可能です。

フリーランスのWebディレクターになるまでのキャリアパス

フリーランスのWebディレクターになるには、まずは企業内でWebディレクターとしてしっかりとスキルを身につけることが大切です。

フリーランスの場合は、制作の携わるスタッフが十分とは限らないため、自分でもWebデザインやプログラミングができることが望ましく、その上でWebディレクションがしっかりできる必要があります。

そのため、WebデザイナーからWebディレクターとなり、フリーランスとして働くようになることが多いです。

フリーランスになると営業力が大事になるため、Webディレクター時代にアピールになる実績を積んで、仕事を発注してくれる先を作っておくことが大切です。

フリーランスのWebディレクターのメリット・デメリット

Webディレクターがフリーランスになった場合、時間的な余裕ができることや収入が増える可能性が高まることがメリットとして挙げられます。

その他にも、自分の得意分野の仕事を選べるようになるため、仕事の効率も高まり、専門性も追求しやすくなります。

一方で、営業や会計などの仕事も自分で行う必要があるため、慣れるまでは時間の使い方も難しく余裕がなかなか持てない場合もあります。

フリーランスだと、制作チームのメンバーを固定できず、品質や納期、コストの面にも影響が出やすいのが欠点です。

何より、営業面の不安定さが大きなデメリットで、良い仕事をして実績と信頼を積み上げていくことが必要です。

フリーランスのWebディレクターの給料・年収

フリーランスのWebディレクターは、一般的に会社に勤めていた時よりも年収で200万円程度上がるといわれています。

会社勤めのときよりも受注した金額の多くが自分の収入として入ってくることに加え、契約と実際の工数が大きく離れている場合はその分の費用を合法的に請求することが可能です。

そのため収入は大きく伸びますが、一方で自分の事業所や機材の経費は自分で支払う必要があり、経費の使い方や見積もりを間違うと損失も大きくなります。

給料・年収を高めることができるかは、しっかりと仕事を受注できるかにかかっています。

営業力があり、実績と実力を備えたWebディレクターの中には、1000万円近い年収の人もいます。

Webディレクターを目指すならプログラミングスクールも検討

IT業界やWebディレクターを目指すなら プログラミングスクールでスキルを高める ことも考えてみるとよいでしょう。

ITエンジニアの人材不足は慢性的で、今後も職に困ることは少ないといわれています。

また、ITエンジニアは他職種と比較しても給与は高い傾向にあり、テレワークの比率も高くなっています。

未経験採用をしている企業もありますが、 スクールでスキルを身につけておくと、就職・転職で有利になる 可能性もありますし、採用後もスムーズに仕事をはじめることができます。

ここではキャリア支援サポートもあるプログラミングスクールを2つ紹介します。

SAMURAI ENGENEER


公式サイトSAMURAI ENGINEER

SAMURAI ENGINEERの特徴

1.専属マンツーマンレッスンで最速最短でプログラミングを習得できる

2.スキルに合わせた完全オーダーメイドカリキュラムで学習効率アップ

3.採用時にアピールできる、完全オリジナル作品を開発できる

4.キャリアアドバイザーによる未経験からの転職支援サポートを受けられる

さらに、SAMURAI ENGINEERの人材紹介サービスを利用して転職成功した場合に、 受講料が無料になるコース も用意されています。

さまざまなコースがあるので、一度無料説明会で自身に合ったコースがあるか聞いてみるとよいでしょう。


tech boost


公式サイトtech_boost

tech boostの特徴

1.プロのカウンセラーが目標に応じた最適なプランを提案してくれる

2.現役エンジニアのメンターが学習を細かくサポート

3.運営会社がエンジニアに特化したキャリアサービスを展開しているので、エンジニア転職に強い

4.オンラインイベントなどで仲間ができる

渋谷のみとなりますが、通学プランも用意されています。

無料説明会では、プログラミングを学ぶメリットや受講イメージなどを詳しく教えてもらえます。


より柔軟にスキルをしっかりと学びたいなら「SAMURAI ENGINEER」、細かいサポートや転職実績を重視するのなら「tech boost」がおすすめ です。

講師との相性やカリキュラムなど、実際に話をしないとわからないことも多いので、少しでも興味があれば無料説明会に参加してみましょう。

公式サイトSAMURAI ENGINEER

公式サイトtech_boost